132件中 91 - 100件表示
  • トヨタファイナンス

    トヨタファイナンスから見た社債社債

    トヨタグループにおける金融サービスの中核であり、トヨタグループの優良な資金調達力(高格付けの社債発行などで市場から比較的低利で資金の調達ができる)を活かしてクレジットカード・ショッピングクレジット・自動車ローン・リース・住宅ローン・法人向けファイナンスリースなどを提供している。トヨタファイナンス フレッシュアイペディアより)

  • 住宅金融専門会社

    住宅金融専門会社から見た社債社債

    アメリカには、住宅金融専門の公的な融資保険がある他、モーゲージバンクという形態の金融機関があり、モーゲージバンクは回収業務等を行う。バンクというが預金は受けず、日本の住宅金融専門会社に相当する。一方、引き受けた住宅ローンを米連邦政府抵当金庫(ジニーメイ)、米連邦住宅抵当公庫(ファニーメイ)や米連邦住宅金融抵当公庫(フレディマック)といった政府系金融機関に一部を引き受けさせ、これらの政府系金融機関もしくは自分自身で社債や不動産担保証券を発行して資金調達をはかったり、証券化によりオフバランス化して、流動化を図っている。住宅金融専門会社 フレッシュアイペディアより)

  • 東洋拓殖

    東洋拓殖から見た社債社債

    また、移民事業では日韓併合後の明治43年(1910年)には14万人を数え、その後日本からの移民が大正6年(1917年)には33万人に達した。次いで寺内正毅の鮮満一体化(いわゆる北進論)の掛け声と共に朝鮮人の満洲入植を図ったが住民の抵抗を受け行き詰まり、経営破綻を経て、フランス・米国向けの社債発行もともなってブラジル・南洋群島への日本人移民に投資した。大正6年(1917年)に東拓法が改正され、本店が東京に移されると共に満洲、モンゴル、華北、南洋諸島にまでその営業範囲を広げた。東洋拓殖 フレッシュアイペディアより)

  • カルロス・ゴーン

    カルロス・ゴーンから見た社債社債

    その結果、1998年には約2兆円あった有利子負債を、2003年6月には全額返済し(社債を発行して、銀行からの借入金を全部返済している。)、12%前後まで落ちた国内シェアを20%近くまで回復させた。カルロス・ゴーン フレッシュアイペディアより)

  • 金融商品

    金融商品から見た社債社債

    他方で、金融負債とは、支払手形、買掛金、借入金および社債等の金銭債務ならびに先物取引、先渡取引、オプション取引、スワップ取引およびこれらに類似する取引により生じる正味の債務等をいう。また、他の企業に金融資産を引き渡す契約上の義務または潜在的に不利な条件で他の企業と金融資産もしくは金融負債(他の企業に金融資産を引き渡す契約上の義務)を交換する契約上の義務であるともされる。金融商品 フレッシュアイペディアより)

  • 信用格付け

    信用格付けから見た社債社債

    長期債務格付けがBBBないしはBaa以上の社債は「投資適格債券」「高格付債」などと、BBないしはBa以下の社債は「ハイイールド債」「投資不適格債券」「低格付債」「ジャンク債」などということがある。(→社債)信用格付け フレッシュアイペディアより)

  • 少人数私募債

    少人数私募債から見た社債社債

    少人数私募債(しょうにんずうしぼさい)とは、会社が少人数私募により発行する社債をいう。少人数私募債 フレッシュアイペディアより)

  • リング・テムコ・ボート

    リング・テムコ・ボートから見た社債社債

    この頃は株価形成の理論が未成熟で、買収した企業の配当が買収に用いた長期借り入れや社債の利息を上回るか、企業の価格配当比率がリング・テムコ・ボート社の株のそれより低い限り、コングロマリットは全体として更に利益をもたらすことができるという見方が支配的だった。こうした背景もあってリング・テムコ・ボート社は低コストで巨額の資金を借り入れることができ、同社は1960年代のコングロマリットのうちの1つとしての地歩を確立し始めた。リング・テムコ・ボート フレッシュアイペディアより)

  • 南洋拓殖

    南洋拓殖から見た社債社債

    南洋拓殖株式会社は通称南拓と呼ばれ、1935年(昭和10年)に拓務省によって立案された『南洋群島開発十ヵ年計画』に基づき翌年発令された南洋拓殖株式会社令に従って設立された国策会社であり、株式会社の形態をとった。南洋群島開発十ヵ年計画ではそれまで南洋興発株式会社(南興)によって主導され製糖業に偏っていた産業構造を見直し、外南洋への経済発展、移民拓殖事業の推進、熱帯産業の実験地としての南洋群島の活用を掲げており、南拓はそれらの事業の担い手として期待され設立された。1936年(昭和11年)7月29日に東京市芝区三田功運町の拓務大臣官邸において南洋拓殖株式会社設立委員会が開催され、同年11月27日に設立されている。資本金は2000万円(1939年現在)が用意され、最大の株主は南洋庁であった。商法においては「社債ノ総額ハ払込ミタル株金額ニ超ユルコトヲ得ス」という規定(1899年商法第200条、1938年商法第297条)があるが、南拓の社債発行の上限は同じ国策会社である台湾拓殖・樺太開発と同じ払込資本金の3倍であり、商法の規定を無視する特権を有していたがこれは北支那開発、中支那振興の5倍(後に10倍)東洋拓殖、満州拓殖の10倍(東洋拓殖は後に15倍)と比較すると少ない。先行した南洋興発はその業務の一部において国策を遂行したが民間企業であり、南拓は半官半民ではあるものの国営企業であることが大きく異なっている。経営は拓務大臣(大東亜省設置以降は大東亜大臣)の管轄下に置かれ、社長は拓務大臣が任命したが、経営には海軍軍人、国会議員、東洋拓殖や南洋興発の関係者も加わっていた。南洋拓殖 フレッシュアイペディアより)

  • 中部国際空港 (企業)

    中部国際空港 (企業)から見た社債社債

    中部国際空港等の設置および管理を行う者として指定をうけた者は、日本政府から債務保証や資金の無利子貸付をうける。一方、営業年度毎の事業計画や社債の募集、資金の借入については国土交通大臣の認可を要する。また、空港などの設置および管理は、国土交通大臣が定める基本計画に適合するものでなければならない。中部国際空港 (企業) フレッシュアイペディアより)

132件中 91 - 100件表示

「社債」のニューストピックワード