132件中 11 - 20件表示
  • 物納

    物納から見た社債社債

    相続税法(昭和25年3月31日法律第73号)41条において、例外的に認められている国税の納税方法の一つであり、金銭に代えて国債、地方債、不動産、船舶、社債、株式、証券投資信託又は貸付信託の受益証券及び動産を持って納付に充てることをいう。物納 フレッシュアイペディアより)

  • 株価純資産倍率

    株価純資産倍率から見た社債社債

    財務面で社債や長期借入金などの他人資本を中心に経営を行っている企業では、自己資本比率が極端に小さくPBRが高くなっている場合がある。自己資本が少なく財務面での担保価値(PBR)として問題があっても、事業収益性が高く株価収益率(PER)が低い水準にある企業に対する投資は有効であるかもしれない。株価純資産倍率 フレッシュアイペディアより)

  • 主幹事

    主幹事から見た社債社債

    株式会社が株式や社債、転換社債などの有価証券の募集や売り出しをする際、会社に代わって証券会社がその業務を引き受けるが、その中心になる証券会社を「幹事証券」と呼ぶ。幹事証券が1社でなく複数ある時は、その代表を選び、この代表のことを「主幹事」という。主幹事 フレッシュアイペディアより)

  • 中期国債ファンド

    中期国債ファンドから見た社債社債

    公社債投信であるため株式は絶対に組み入れず、残存期間5年以内の中期国債を主に買い付け、1ヶ月複利で運用している。ただ、購入者(ここでは「預託者」と呼ばれている)の短期解約、或いは大量解約に備え、割合は少ないが、格付け会社・機関による格付け評価が比較的高い一般企業や、電力会社・ガス会社などのインフラ系企業の短期社債、コマーシャルペーパー(通称CP。運用期間10日?1ヶ月程度のもの)も一部に組み入れて弾力的に運用している。中期国債ファンド フレッシュアイペディアより)

  • 無借金経営

    無借金経営から見た社債社債

    無借金経営(む-しゃっきん-けいえい)とは、一般的に銀行など金融機関からの借入れや、各種社債・CP(コマーシャル・ペーパー)などによる資金調達に一切頼らず、自己資金(資本金)と内部留保(剰余金)で経営を行う手法を言う。無借金経営 フレッシュアイペディアより)

  • 西松遙

    西松遙から見た社債社債

    就任当初の2006年から収益の低迷による赤字決算予想や、社債の満期償還をめぐる資金の調達懸念といった問題により、経営再建と信用回復が急務であった。同年の株主総会翌日に前触れを出さずに突如公募増資を発表したり、2007年にはJALUXやJALカードなどの子会社株式の大半を第三者に売却を打ち出すなど、形振り構わずの資本増強策を行いV字回復を果たした。しかし、2008年以降、原油高や世界金融不況の発生などに起因する赤字決算を余儀なくされる。西松遙 フレッシュアイペディアより)

  • 特定都市鉄道整備促進特別措置法

    特定都市鉄道整備促進特別措置法から見た社債社債

    社債の発行、借入金などを増大する(政府系金融機関による低利融資も基本的にはこのカテゴリとして扱える)。特定都市鉄道整備促進特別措置法 フレッシュアイペディアより)

  • マネー・マネージメント・ファンド

    マネー・マネージメント・ファンドから見た社債社債

    2001年にマイカル(9月)・エンロン(12月)が破綻。両社の社債がデフォルトを引き起こしたため、それを組み入れていた債券運用型投資信託は評価額が大きく低下し、三洋投信・日興アセットマネジメント・明治ドレスナー・アセットマネジメント(明治生命保険とアリアンツ傘下のドレスナー銀行の合弁会社、現明治安田アセットマネジメントなど、MMFの基準価格割れを起こす運用会社が続出する事態となった。マネー・マネージメント・ファンド フレッシュアイペディアより)

  • 鐘淵紡績練馬工場

    鐘淵紡績練馬工場から見た社債社債

    上毛モスリン練馬工場については、社債権者、東洋モスリン、一般無担保債権者および租税(公共団体)の4者が争い、東洋モスリンは留置権を、社債権者は担保権を主張し、無担保債権者はこれらの無効を主張していた。結果、工場は東洋モスリンが買収し、買収金を租税、社債権者および武蔵紡織(上毛モスリン無担保債権者で作った会社)間に分配することで和解した。鐘淵紡績練馬工場 フレッシュアイペディアより)

  • 高根第一ダム

    高根第一ダムから見た社債社債

    高根第一発電所は揚水発電であることから、高根第一と第二の二ダムを建設しなければならない。ダム建設に伴い高根村で69戸の住民が移転を余儀なくされたが、その大半は第二ダム建設に伴うもので、高根村中心部である日影地区と大古井地区が水没するため地元の反対運動は当初激しいものがあった。このうち高根第一ダムにおいては特に農業補償が紛糾したが、当時の高根村では飛騨牛飼育とワラビの根を加工して粉末にするワラビ粉の生産が盛んであり、生業として多額の収益を上げていた。しかし高根第一ダム建設により牧場やワラビが生育する村民共同所有の原野が水没、移転によりこれらの収入源が途絶えることから移転住民はこれら農業の損失補償を強く求めた。既に朝日ダム建設においてワラビ粉生産損失の補償が行われていたこともあって、最終的には松野幸泰岐阜県知事の仲介にて生活再建補償として牧場については1世帯当たり50万円、ワラビ粉生産補償については生産額の多寡に応じ上中下の三段階に分け、それぞれ20万、15万、10万円の補償を1世帯当たりに実施した。なお、補償金については現金支給ではなく、中部電力社債による支給が大多数の世帯で実施された。ダム補償金は概ね高額であり、一度に多額の補償金を手にすることで移転住民の金銭感覚が狂い、結果的に身を持ち崩すといった問題が起きており、田子倉ダム(只見川)での一部住民の末路が城山三郎の『黄金峡』にも描かれている。中部電力はこのような事態を防ぐために社債購入による堅実な運用で、住民の生活基盤を維持しようと一般補償費の13パーセントを社債に転換し購入を勧めたところ、移転する69戸のほぼ全てに当たる64戸の住民が応じた。こうした社債などの証券による補償は東北電力が、山形県の八久和ダム(八久和川)で移転する住民に株券を補償金の一部として提供した例がある。高根第一ダム フレッシュアイペディアより)

132件中 11 - 20件表示

「社債」のニューストピックワード