132件中 21 - 30件表示
  • 公有財産

    公有財産から見た社債社債

    株式、社債(特別の法律により設立された法人の発行する債券に表示されるべき権利を含み、短期社債等を除く。)、地方債及び国債その他これらに準ずる権利公有財産 フレッシュアイペディアより)

  • 財務分析

    財務分析から見た社債社債

    信用分析 - 企業の債務支払い能力を調べるための分析である。分析の主体は、売掛金の与信管理を行う取引先や、企業へ資金を融資する金融機関や、社債を購入する投資家などである。財務分析 フレッシュアイペディアより)

  • カバードボンド

    カバードボンドから見た社債社債

    カバードボンド(covered bond)は、社債のうち住宅ローン債権などの資産の裏づけのあるもの。欧米で発行されているが、2008年1月現在、日本では発行されていない。カバードボンド フレッシュアイペディアより)

  • ゲームファンド ときめきメモリアル

    ゲームファンド ときめきメモリアルから見た社債社債

    2000年11月から12月にかけて募集され、1口10,000円、10口から購入可能だった。集められた資金は、SPCである「ときめきカンパニーリミテッド」が発行する社債に投資され、当該SPCは調達した資金を元に、コナミを営業者とする匿名組合の出資を行う。この資金は『ときめきメモリアル3 &』(以下、『3』)と、『ときめきメモリアル Girl's Side』(以下、『GS』)の開発資金に当てられた。ゲームファンド ときめきメモリアル フレッシュアイペディアより)

  • 鴻常夫

    鴻常夫から見た社債社債

    研究領域は商法全般だが、特に、社債法の研究で業績をあげ、海事法学も詳しい。鴻常夫 フレッシュアイペディアより)

  • 収益

    収益から見た社債社債

    例えば、会社が商品を販売すると、現金や売掛金が得られるので、資産が増加する。このような資産の増加の要因を収益という。ただし、金融機関からの借り入れや社債発行による資金調達などの資本取引は、収益には含まれない。収益 フレッシュアイペディアより)

  • 黒部ダム (栃木県)

    黒部ダム (栃木県)から見た社債社債

    社債発行により何とか資金を調達してきた鬼怒川水力電気は、建設工事を1911年(明治44年)2月に着手し、1912年(大正元年)12月に竣工(しゅんこう)、1913年(大正2年)1月に運転を開始させた。318メートルという高落差を利用して、最大3万1,200キロワットの電力を発生する下滝発電所は、当時日本最大級の規模を誇るものであった。供給先については東京市電気局(契約当時は東京鉄道。現在の東京都交通局)との間で電力供給の契約をあらかじめ済ませておいたことで、下滝発電所で発生した電気はすぐに人々の生活に供することができた。黒部ダム (栃木県) フレッシュアイペディアより)

  • 投資法人

    投資法人から見た社債社債

    投資法人は、法人とされ、また、その事業としてする行為及びその事業のためにする行為は、商行為とされる。その名称は商号とされ、「投資法人」をその中に含むことを要する。会社法のうち株式会社に関する規定が準用されており、株式会社を元にした会社型投資信託のためのSPVであるということができる。株式(株券)に相当するものは「投資口」(「投資証券」)、株主(株主総会)に相当するものは「投資主」(投資主総会)、社債(社債券)に相当するものは「投資法人債」(「投資法人債券)、取締役に相当するものは「執行役員」、監査役に相当するものは「監督役員」、会計監査人に相当するものは「会計監査人」と呼ばれる。投資法人 フレッシュアイペディアより)

  • 投資法人

    投資法人から見た社債券社債

    投資法人は、法人とされ、また、その事業としてする行為及びその事業のためにする行為は、商行為とされる。その名称は商号とされ、「投資法人」をその中に含むことを要する。会社法のうち株式会社に関する規定が準用されており、株式会社を元にした会社型投資信託のためのSPVであるということができる。株式(株券)に相当するものは「投資口」(「投資証券」)、株主(株主総会)に相当するものは「投資主」(投資主総会)、社債(社債券)に相当するものは「投資法人債」(「投資法人債券)、取締役に相当するものは「執行役員」、監査役に相当するものは「監督役員」、会計監査人に相当するものは「会計監査人」と呼ばれる。投資法人 フレッシュアイペディアより)

  • 新株引受権

    新株引受権から見た社債社債

    2001年(平成13年)11月の商法改正では、新株予約権の制度が導入されたことに伴い、新株引受権の概念も一変する。従前の、取締役及び使用人に対してのみ認められた新株引受権の制度は廃止され、誰に対してでも発行することができ、また自由に譲渡することができる新株予約権として規定されることとなった(280条ノ19)。また、新株引受権付社債についても、転換社債と併せて規定が整理され、非分離型の新株引受権付社債については、新株予約権付社債(341条ノ2以下)として規定された。他方、分離型の新株引受権付社債は、「社債と新株予約権を同時に募集するもの」であると理解されることとなり、双方の規定が同時に適用されるものとし、特別の規定は置かれなかった。新株引受権 フレッシュアイペディアより)

132件中 21 - 30件表示

「社債」のニューストピックワード