180件中 31 - 40件表示
  • 東洋モスリン

    東洋モスリンから見た社債社債

    1924年(大正13年)10月29日 - 総額500万円の担保付き社債を募集。このとき、資本金1800万円、総資産約2973万円、5工場と水力発電事業を保有、取締役会長神戸挙一、取締役筆頭は若尾璋八であった。東洋モスリン フレッシュアイペディアより)

  • 社債管理者

    社債管理者から見た社債社債

    社債管理者(しゃさいかんりしゃ)とは、社債権者のために、弁済の受領・債権の保全、その他の社債の管理を行う者のことである(会社法第702条)。社債管理者 フレッシュアイペディアより)

  • コベナンツ

    コベナンツから見た社債社債

    コベナンツ(Covenants)は社債や金銭消費貸借契約等の資金調達の際に、資金供給側の不利益が起きた場合に契約解除や条件の変更ができるように契約条項中に盛り込まれる、制限条項あるいは誓約条項である。コベナンツ フレッシュアイペディアより)

  • 株価純資産倍率

    株価純資産倍率から見た社債社債

    財務面で社債や長期借入金などの他人資本を中心に経営を行っている企業では、自己資本比率が極端に小さくPBRが高くなっている場合がある。自己資本が少なく財務面での担保価値(PBR)として問題があっても、事業収益性が高く株価収益率(PER)が低い水準にある企業に対する投資は有効であるかもしれない。株価純資産倍率 フレッシュアイペディアより)

  • 手形割引

    手形割引から見た社債社債

    コマーシャルペーパー(Commercial Paper、通称:CP)は、ある程度の信用力を有する大企業がオープン市場から短期資金を調達するために発行する無担保の割引約束手形のことである。本来、社債の一種(短期社債)として位置づけられるものであるが、霞ヶ関における政治的な理由により、約束手形として構成されることとなった。法的な定義は、「法人が事業に必要な資金を調達するために発行する約束手形のうち」(金融商品取引法第2条第1項第15号)、「当該法人の委任によりその支払いを行う…(中略)…金融機関が交付した『CP』の文字が印刷された用紙を使用して発行するもの」(金融商品取引法第二条に規定する定義に関する内閣府令第2条)である。手形割引 フレッシュアイペディアより)

  • 資本コスト

    資本コストから見た社債社債

    企業の資金調達には2つの源泉があり、ひとつは借入金・社債といった他人資本、もうひとつは出資による自己資本である。他人資本の出し手(主に市中銀行など)は調達に際して返済方法や返済期限が明らかにされ、さらに必要であれば担保を要求できるなど自己資本の出し手に比べれば有利な条件で企業に資本提供できるため、その見返りとなる利息は自己資本への配当等よりも低くなるとする。また、会社が倒産した場合には借入金の債権者や社債権者には回収された会社資産から優先して配当がなされるが、株主にはその残余があった場合にのみ残余財産請求権が認められるだけで、この点でも自己資本の出し手は高いリターンを要求することが予想されるとする。とはいえ、市場で流通している株式の場合、清算価値程度まで株価が低迷すると、必ずしも自己資本コストが借り入れのコストよりも高くなるとは言えない。資本コスト フレッシュアイペディアより)

  • 公有財産

    公有財産から見た社債社債

    株式、社債(特別の法律により設立された法人の発行する債券に表示されるべき権利を含み、短期社債等を除く。)、地方債及び国債その他これらに準ずる権利公有財産 フレッシュアイペディアより)

  • 信用経済

    信用経済から見た社債社債

    信用経済(しんようけいざい)とは、経済学用語の一つ。これは貨幣経済が一段と進んだ段階の経済の仕組みであり、信用が経済活動の中で大きな役割を果たしているようなもののことを言う。信用経済となっている社会においては、大きな取引というのは現金よりもむしろ手形や小切手などによって行われている。信用経済となっているのは、社会において小切手・手形・株式・社債などが広く流通しているからである。自然経済から貨幣経済へと、貨幣経済から信用経済へといった形で経済の仕組みは変化している。信用経済 フレッシュアイペディアより)

  • 中期国債ファンド

    中期国債ファンドから見た社債社債

    公社債投信であるため株式は絶対に組み入れず、残存期間5年以内の中期国債を主に買い付け、1ヶ月複利で運用している。ただ、購入者(ここでは「預託者」と呼ばれている)の短期解約、或いは大量解約に備え、割合は少ないが、格付け会社・機関による格付け評価が比較的高い一般企業や、電力会社・ガス会社などのインフラ系企業の短期社債、コマーシャルペーパー(通称CP。運用期間10日?1ヶ月程度のもの)も一部に組み入れて弾力的に運用している。中期国債ファンド フレッシュアイペディアより)

  • リング・テムコ・ボート

    リング・テムコ・ボートから見た社債社債

    この頃は株価形成の理論が未成熟で、買収した企業の配当が買収に用いた長期借り入れや社債の利息を上回るか、企業の価格配当比率がリング・テムコ・ボート社の株のそれより低い限り、コングロマリットは全体として更に利益をもたらすことができるという見方が支配的だった。こうした背景もあってリング・テムコ・ボート社は低コストで巨額の資金を借り入れることができ、同社は1960年代のコングロマリットのうちの1つとしての地歩を確立し始めた。リング・テムコ・ボート フレッシュアイペディアより)

180件中 31 - 40件表示

「社債」のニューストピックワード