132件中 31 - 40件表示
  • 資金調達

    資金調達から見た社債社債

    資金調達方法としては、資本(自己資本)による調達と、負債(他人資本)による調達の2つに大別できる。資本による調達とは、株式の発行による調達を指す。また、負債による調達は、金融機関からの借入れ、コマーシャルペーパー(CP)や社債の発行による資金の調達を含む。資金調達 フレッシュアイペディアより)

  • 証券化

    証券化から見た社債社債

    狭義には、不動産や債権などの資産を本来の帰属主体(オリジネーター)から分離して他の主体(SPV)に帰属させ、当該資産によるリスク及びリターンを有価証券(いわゆるABS。社債、特定社債、株式、優先出資など)の形で投資家に取得させる取引をいう。資産流動化のうち有価証券の発行によるものということになるが、広義には、有価証券を用いる場面だけでなく、特定少数の投資家を相手として他の手段(ローン、匿名組合など)を用いたもの(ローンの場合はABLという)も含めて指すこともある(参照⇒資産証券化)。また、資金運用としての側面も強いREITも含めることもある。以下、広義の証券化について述べる。証券化 フレッシュアイペディアより)

  • 資本コスト

    資本コストから見た社債社債

    企業の資金調達には2つの源泉があり、ひとつは借入金・社債といった他人資本、もうひとつは出資による自己資本である。他人資本の出し手(主に市中銀行など)は調達に際して返済方法や返済期限が明らかにされ、さらに必要であれば担保を要求できるなど自己資本の出し手に比べれば有利な条件で企業に資本提供できるため、その見返りとなる利息は自己資本への配当等よりも低くなるとする。また、会社が倒産した場合には借入金の債権者や社債権者には回収された会社資産から優先して配当がなされるが、株主にはその残余があった場合にのみ残余財産請求権が認められるだけで、この点でも自己資本の出し手は高いリターンを要求することが予想されるとする。とはいえ、市場で流通している株式の場合、清算価値程度まで株価が低迷すると、必ずしも自己資本コストが借り入れのコストよりも高くなるとは言えない。資本コスト フレッシュアイペディアより)

  • 京釜鉄道

    京釜鉄道から見た社債社債

    1903年8月11日 - 社債四百万円募集。京釜鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 劣後債

    劣後債から見た社債社債

    劣後債(れつごさい、subordinated bond)とは、一般債権者よりも債務弁済の順位が劣る社債のこと。劣後債 フレッシュアイペディアより)

  • シンキ

    シンキから見た社債社債

    2002年3月に新生銀行と提携し、2004年10月には社債の転換により、新生銀行が筆頭株主(39.11%)になる。当初は、新生銀行の持分法適用関連会社(36.43%保有)であったが、2007年12月13日に株主割当による増資を実施し、その時点で連結子会社(67.77%保有)となっている。シンキ フレッシュアイペディアより)

  • 旅客鉄道株式会社及び日本貨物鉄道株式会社に関する法律

    旅客鉄道株式会社及び日本貨物鉄道株式会社に関する法律から見た社債社債

    新株発行、社債募集、長期借入金借入旅客鉄道株式会社及び日本貨物鉄道株式会社に関する法律 フレッシュアイペディアより)

  • 特例有限会社

    特例有限会社から見た社債社債

    社債、新株予約権(新株予約権付社債に付されたものを含む)を発行できるようになった。特例有限会社 フレッシュアイペディアより)

  • 通貨スワップ協定

    通貨スワップ協定から見た社債社債

    通常、金融機関では取引者間の資金口座を通じた振込み決済は一定時間ごとのバッチ処理をおこなっており、振込み手続きをおこなってもすぐには相手口座に反映されることはない。これは銀行の預金業務そのものに関する制約であり、金融機関は通常、顧客からの預り金を融資や債券売買などの資金運用にまわしており、手元に現有している現金や譲渡性預金の額は統計的に予測される日常業務に必要な額にとどまっていることが通常である。顧客が自らの資金口座から他行宛に振込依頼をおこなう場合、金融機関はみずからが保有する現金や譲渡性預金のなかから他行宛に送金を行っており、この金額が総額として不足しそうな場合には短期金融市場で社債(国債など)を売却することで資金調達を行っている。通貨スワップ協定 フレッシュアイペディアより)

  • 宿澤広朗

    宿澤広朗から見た社債社債

    日本の社債発行体として初となる本格的なデットIRに関った。旧住友銀行が都市銀行として初めて普通社債を発行するに当たり、発行を担当する市場営業第二部長として社債投資家説明会を東京、名古屋、大阪、福岡で開催した。今では当たり前となっているデットIRの先駆けとなるものだった。旧住友銀行の社債発行で、「Debut Deal of the Year 1999」(日経公社債情報)、「Issuer of the Year 2000」(トムソン)を受賞している。宿澤広朗 フレッシュアイペディアより)

132件中 31 - 40件表示

「社債」のニューストピックワード