132件中 51 - 60件表示
  • 社債管理者

    社債管理者から見た社債社債

    社債管理者(しゃさいかんりしゃ)とは、社債権者のために、弁済の受領・債権の保全、その他の社債の管理を行う者のことである(会社法第702条)。社債管理者 フレッシュアイペディアより)

  • 証券保管振替制度

    証券保管振替制度から見た社債社債

    株券等の保管及び振替に関する法律(かぶけんとうのほかんおよびふりかえにかんするほうりつ、昭和59年法律第30号)とは、株券等(株券、投資信託証券、社債券など)の有価証券の証券保管振替制度に関して定めた日本の法律である。現在は、社債等の振替に関する法律の成立、全面施行により廃止されている。証券保管振替制度 フレッシュアイペディアより)

  • 企業担保法

    企業担保法から見た社債社債

    企業担保権とは、株式会社の発行する社債を担保するために設定される、その会社の総財産を一体として目的とする担保権をいう(1条1項)。企業担保法 フレッシュアイペディアより)

  • 担保物権

    担保物権から見た社債社債

    一定の株式会社の発行する社債に関する一般担保(株式会社国際協力銀行法、株式会社日本政策金融公庫法、日本アルコール産業株式会社法、日本郵政株式会社法、郵便事業株式会社法、郵便局株式会社法、高速道路株式会社法、日本環境安全事業株式会社法、成田国際空港株式会社法、東京地下鉄株式会社法、中部国際空港の設置及び管理に関する法律、東京湾横断道路の建設に関する特別措置法、旅客鉄道株式会社及び日本貨物鉄道株式会社に関する法律、関西国際空港株式会社法、日本たばこ産業株式会社法、日本電信電話株式会社等に関する法律、特定外貿埠頭の管理運営に関する法律、電子情報処理組織による輸出入等関連業務の処理等に関する法律、電気事業法)担保物権 フレッシュアイペディアより)

  • 政府支援機関

    政府支援機関から見た社債社債

    政府支援機関は、株式会社として株式を発行し、また不動産担保証券(Mortgage-backed securities(MBS))や社債などの債券を発行する。政府支援機関が発行した債券はGSE債と呼ばれ、市場では事実上、政府保証の裏付けを持つと考えられる。このため、国債に準じる安全確実な資産と扱われる。政府支援機関 フレッシュアイペディアより)

  • 証券

    証券から見た社債券社債

    有価証券には、株券、社債券、手形、小切手などが含まれる。有価証券はその所持人が正式な権利の保有者と推定されるし、それが表す財産権の行使にはこの有価証券の保有が不可欠なものである。証拠証券と有価証券のこの違いは、有価証券では証券の譲渡が前提になっていることが背景になっている。したがって財産権の行使に保有が不可欠な証券であっても、譲渡を前提にしていない証券を有価証券とみるべきかは議論の余地がでてくる。このような議論の余地があるものには、乗車券、入場券、預金通帳などがあるが、これらは個人の日常生活に主に関わるものが多い。証券 フレッシュアイペディアより)

  • 商法

    商法から見た社債制度社債

    社債制度の改善(社債発行限度規制の撤廃。社債管理会社の設置義務化)商法 フレッシュアイペディアより)

  • ボツワナ証券取引所

    ボツワナ証券取引所から見た社債社債

    ボツワナ証券取引所には、35個の上場銘柄と3種類の株価指数がある。3種類の株価指数とは、国内企業株価指数(BSE DCI)、外国企業株価指数(BSE FCI、ボツワナ証券取引所と他の証券取引所と重複上場している企業も含む)、上場企業株価指数(All Company Index、前者2つの加重平均で算出)の3つを指す。上場銘柄だけでなく、一般企業の株式、ボツワナ開発会社(Botswana Development Company、BDC)の社債、インベステック変動債なども取引されている個人投資家が占める割合は、時価総額の10%未満だと推定される。ボツワナ国外に本拠を置く企業が時価総額の90%以上を占める。。ボツワナ証券取引所 フレッシュアイペディアより)

  • テルアビブ証券取引所

    テルアビブ証券取引所から見た社債社債

    TASEは622社が上場し、その内およそ60社は外国の証券取引所にも上場している。TASEはまた180の上場投資信託(ETF)、60の国債、500の社債、1000を超えるを扱う。テルアビブ証券取引所 フレッシュアイペディアより)

  • マイケル・ミルケン

    マイケル・ミルケンから見た社債社債

    投資銀行は、市場からコストの低い資金を集めたい会社が発行した社債や株式を引き受けて、市場で販売することで手数料を得る、日本の証券会社と似た存在である。発行する以上、売り手は高く市場で評価して貰いたいが、買い手が債務不履行(デフォルト)により損失を被る可能性が高い場合、格付け会社は、当該債権を最低ランクまたはランク外の評価とする。この結果、一流投資銀行が幹事となる一流会社の評価(AAA等)と比べて、バ社の扱う債権は、相対的に市場価格が安くなりデフォルトとなるリスクも高くなる。価格が低い以上、投資銀行の手数料も当然低い。会社も売れないのでは仕方がないため、利回りを高めに設定して償還しようとする。マイケル・ミルケン フレッシュアイペディアより)

132件中 51 - 60件表示

「社債」のニューストピックワード