180件中 71 - 80件表示
  • 中山讓治

    中山讓治から見た社債社債

    かつて社債の発行額が資本金の額に応じて法令で規制されており、企業が自由に社債を発行できなかった頃、サントリーの社員として大蔵省に法規制を見直すよう掛け合った。大蔵省からは「法律が変わるなんてあり得ない」とあしらわれたが、経団連がこの主張を取り上げ、業界として対応した結果、最終的にこの規制を設けていた法律は廃止された。中山讓治 フレッシュアイペディアより)

  • 目論見書

    目論見書から見た社債社債

    目論見書発行の対象となる有価証券の代表的なものとしては株式、社債、投資信託などがあげられる。国債・地方債などに関しては目論見書は発行されない(第3条)。投資信託などについては、基本的な情報を記載する交付目論見書と、詳細な情報を記載する請求目論見書の2種類が発行され、後者は投資家の請求があったときに交付すればよい。目論見書 フレッシュアイペディアより)

  • 無借金経営

    無借金経営から見た社債社債

    無借金経営(むしゃっきんけいえい)とは、一般的に銀行など金融機関からの借入れや、各種社債・CP(コマーシャル・ペーパー)などによる資金調達に一切頼らず、自己資金(資本金)と内部留保(剰余金)で経営を行う手法をいう。無借金経営 フレッシュアイペディアより)

  • 証券

    証券から見た社債券社債

    有価証券には、株券、社債券、手形、小切手などが含まれる。有価証券はその所持人が正式な権利の保有者と推定されるし、それが表す財産権の行使にはこの有価証券の保有が不可欠なものである。証拠証券と有価証券のこの違いは、有価証券では証券の譲渡が前提になっていることが背景になっている。したがって財産権の行使に保有が不可欠な証券であっても、譲渡を前提にしていない証券を有価証券とみるべきかは議論の余地がでてくる。このような議論の余地があるものには、乗車券、入場券、預金通帳などがあるが、これらは個人の日常生活に主に関わるものが多い。証券 フレッシュアイペディアより)

  • 長期借入金

    長期借入金から見た社債社債

    企業・組織などが外部から調達した資金のうち、株式や社債の発行によらない、金融機関から調達したもの又はある特定人から借りたもの等を貸借対照表上、借入金として表示する。このうち、返済期日が貸借対照表日の翌日から起算して1年以内に到来しないものが長期借入金に該当し、固定負債として計上される。長期借入金 フレッシュアイペディアより)

  • 預貯金取扱金融機関

    預貯金取扱金融機関から見た社債社債

    預貯金取扱金融機関は、資金の貸付けや手形の割引を行う原資を、預金、定期積金等または貯金といった形で調達するほか、社債や金融債を用いることもある。預貯金取扱金融機関 フレッシュアイペディアより)

  • 約定

    約定から見た社債社債

    T+3:約定日の3営業日後が決済日。日本の株式や社債の取引等。約定 フレッシュアイペディアより)

  • JAL再生タスクフォース

    JAL再生タスクフォースから見た社債社債

    これに社債約1000億円やデリバティブなどが加わって、債権放棄要請額は総額で5216億円となり、100%減資による純資産の圧縮と含めて2011年3月期には債務超過が解消される見込みとなった。また別途、企業再生支援機構から 3500億円 の公的資金を注入し、新たな経営資本とする更正計画がまとまった。JAL再生タスクフォース フレッシュアイペディアより)

  • 南洋拓殖

    南洋拓殖から見た社債社債

    南洋拓殖株式会社は通称南拓と呼ばれ、1935年(昭和10年)に拓務省によって立案された『南洋群島開発十ヵ年計画』に基づき翌年発令された南洋拓殖株式会社令に従って設立された国策会社であり、株式会社の形態をとった。南洋群島開発十ヵ年計画ではそれまで南洋興発株式会社(南興)によって主導され製糖業に偏っていた産業構造を見直し、外南洋への経済発展、移民拓殖事業の推進、熱帯産業の実験地としての南洋群島の活用を掲げており、南拓はそれらの事業の担い手として期待され設立された。1936年(昭和11年)7月29日に東京市芝区三田功運町の拓務大臣官邸において南洋拓殖株式会社設立委員会が開催され、同年11月27日に設立されている。資本金は2000万円(1939年現在)が用意され、最大の株主は南洋庁であった。商法においては「社債ノ総額ハ払込ミタル株金額ニ超ユルコトヲ得ス」という規定(1899年商法第200条、1938年商法第297条)があるが、南拓の社債発行の上限は同じ国策会社である台湾拓殖・樺太開発と同じ払込資本金の3倍であり、商法の規定を無視する特権を有していたがこれは北支那開発、中支那振興の5倍(後に10倍)東洋拓殖、満州拓殖の10倍(東洋拓殖は後に15倍)と比較すると少ない。先行した南洋興発はその業務の一部において国策を遂行したが民間企業であり、南拓は半官半民ではあるものの国営企業であることが大きく異なっている。経営は拓務大臣(大東亜省設置以降は大東亜大臣)の管轄下に置かれ、社長は拓務大臣が任命したが、経営には海軍軍人、国会議員、東洋拓殖や南洋興発の関係者も加わっていた。南洋拓殖 フレッシュアイペディアより)

  • 独占

    独占から見た社債社債

    初期投資の規模が大きく自然独占が最も効率的な産業においては、独占や寡占が認められる場合もある。電気・ガスや一部鉄道会社(特にJR北海道)などインフラ業界において多い。アメリカでは世界恐慌をきっかけとした規制当局の調査により投信ピラミッドを構成していたことが分かった。日本史では、関東大震災などを契機に流れ込んだ外債、特に社債の歴史に照らすと、日本のインフラ業界は政治的に自然独占が演出されたことが分かる。独禁法の改正で不況カルテルなどが容認されたときも逆コースの途中であった。国際的には海運アライアンスが自然独占を主張する典型であるが、補助金が焼け太りになっている感は否めない。独占 フレッシュアイペディアより)

180件中 71 - 80件表示

「社債」のニューストピックワード