43件中 21 - 30件表示
  • 社債

    社債から見た資産の流動化に関する法律

    会社法上の社債と類似するものとして、特定目的会社が発行するものを、特定社債といい、資産の流動化に関する法律の適用を受ける。投資法人が発行するものは投資法人債といい、投信法の適用を受ける。その他にも、業種によっては、社債発行に当たり、各業法規制の影響を受けることがある。社債 フレッシュアイペディアより)

  • 社債

    社債から見た負債

    社債は、基本的には資本である株式と異なり、発行企業から見ると負債(借入れ、借金)となる。社債 フレッシュアイペディアより)

  • 社債

    社債から見た増資

    公募債については、主に投資適格(ムーディーズではBaa3以上、スタンダード&プアーズなどその他格付機関ではBBB-以上)の格付けを得た大手企業が行う設備投資や企業買収などのM&Aなど、多額の資金が必要となる場合発行されることが多い。転換社債の場合は、株式に転換されると負債から資本に組み入れられることから、増資と同じ機能も持つことになる。大手企業の場合は銀行などからの単なる融資と異なり、投資家(社債の購入側)から見ると、債券を市場で売ることもできる(流動性を持つ)ことから、いつでも現金化ができるメリットもある。社債 フレッシュアイペディアより)

  • 社債

    社債から見た担保付社債信託法

    担保付社債:担保付社債信託法の適用を受ける。社債 フレッシュアイペディアより)

  • 社債

    社債から見た利札

    社債券には、利札を付することができる。社債 フレッシュアイペディアより)

  • 社債

    社債から見たコベナンツ

    ジャンク債は米国金融市場で1980年代にLBOなど企業買収で大量に発行され、一時的に市場は収縮したものの90年代以降投資家の認知を得るに至っている。ジャンク債には、もともと格付が高かった社債が格下げされてジャンクになるケースと最初から低格付で発行されるものがある。後者の場合は、国債金利に対する上乗せ金利であるクレジット・スプレッドが高いことはもちろんのこと、それ以外にも投資家に対する契約内容であるコベナンツの内容を工夫することにより安全性を高める努力が行われる場合がある。しかしジャンク債のデフォルト率は当然ながら高く、投資家は高いリスクを相殺すべく高いクレジット・スプレッドを要求することになる。社債 フレッシュアイペディアより)

  • 社債

    社債から見た会社

    社債(しゃさい、)は、会社が資金調達を目的として、投資家からの金銭の払込みと引き替えに発行(起債)する債券である。狭義には、会社法の規定するものをいう。社債 フレッシュアイペディアより)

  • 社債

    社債から見た資本

    社債は、基本的には資本である株式と異なり、発行企業から見ると負債(借入れ、借金)となる。社債 フレッシュアイペディアより)

  • 社債

    社債から見た投信法

    会社法上の社債と類似するものとして、特定目的会社が発行するものを、特定社債といい、資産の流動化に関する法律の適用を受ける。投資法人が発行するものは投資法人債といい、投信法の適用を受ける。その他にも、業種によっては、社債発行に当たり、各業法規制の影響を受けることがある。社債 フレッシュアイペディアより)

  • 社債

    社債から見た取締役会設置会社

    社債の発行には取締役会の決議が必要である(362条4項5号)。取締役会設置会社でない会社では、取締役の過半数による決定が必要である(348条2項)。社債 フレッシュアイペディアより)

43件中 21 - 30件表示

「社債」のニューストピックワード