前へ 1 2 3 4 5 6
51件中 1 - 10件表示
  • サラメシ

    サラメシから見た社員食堂社員食堂

    タイトルの「サラメシ」は「サラリーマンの昼飯」の略であり、サラリーマン・OLを含めたさまざまな職種の昼食、さらには企業の社員食堂、今は亡き著名人の愛した昼食などを取り上げる。番組コンセプトは『ランチをのぞけば、人生が見えてくる』で、テーマこそ一義的には昼食(ランチ)ではあるが、ランチの裏に秘められたこだわりやエピソードを探る番組である。中井貴一が独特のユーモアセンスを織り交ぜたナレーションを行っている。昼飯(ランチ)に焦点を当てた番組の立ち上げについて、番組制作を手がけるNHKエデュケーショナルの大橋浩介部長プロデューサーによれば、前任者の説明として「働いている人は、だいたい1日1食は外で食べることになる。それはある種人生の大きな一部分なのに、そこをちゃんと見せる番組がなかった。働くことと食事を結びつけることによって、新しい切り口になるのでは」とのべ、同時に昼食をきっかけにすれば、普段足を踏み入れられないような場所も訪問できる点が画期的であると述べている。サラメシ フレッシュアイペディアより)

  • 社食

    社食から見た社員食堂社員食堂

    社食 フレッシュアイペディアより)

  • バル・ムレチュニィ

    バル・ムレチュニィから見た社員食堂社員食堂

    バル・ムレチュニィはポーランド語で「ミルク・バー」の意味(オーストラリアのミルク・バーとはまったく別のもの)。ポーランド式のカフェテリアである。1960年代に当時の共産主義政権が生み出した形態。もともとは社員食堂を持たない中小企業の従業員に安価な食事を提供する目的があった。1980年代までは主に乳製品や野菜中心の食事を提供していたので、ミルク・バーと呼ばれる。特に、戒厳令が布告されていた1980年代初頭は肉は配給制だったので、乳製品主体の食事が主流であった。バル・ムレチュニィ フレッシュアイペディアより)

  • ゆうわくオフィス恋愛課

    ゆうわくオフィス恋愛課から見た社員食堂社員食堂

    ゲーム開始時22歳。主人公と同期で所属も主人公と同じプロジェクト推進部。入社試験の際に試験用紙が無くなったり、研修期間中に社員食堂のすき焼き定食が品切れになったことなどを主人公のせいと決め付けたことから、主人公を勝手にライバル視する。他方、仕事のミスをフォローしたことを感謝しておごったりすることもある。サボテンに名前をつけるだけでなく自分の子どものように話しかける趣味があり、主人公から「少しアブナイ趣味」と評される。彼に遭遇するとストレスが上昇してしまうのだが、イベント(バレンタインデーや社員旅行などはもちろん、会社の創立記念日にも)が近づくと必ず現れ、その度主人公のツッコミが入る。ゆうわくオフィス恋愛課 フレッシュアイペディアより)

  • ロボクープ

    ロボクープから見た社員食堂社員食堂

    ロボクープ製品を使用している主な業種業界は:飲食店、ホテル、菓子専門店、学校給食、社員食堂、病院・福祉施設、ケータリング、食品加工工場などである。ロボクープ フレッシュアイペディアより)

  • コントラクトフードサービス

    コントラクトフードサービスから見た社員食堂社員食堂

    コントラクトフードサービスとは、食事を提供する企業が他の法人にある食堂運営を委託契約(コントラクト)されて行なう給食事業のこと。受託先により、社員食堂や学生食堂などのサービスを受託することになる。病院の入院患者に対して行う院内給食事業の受託の場合、特にメディカルフードサービスと称する場合がある。コントラクトフードサービス フレッシュアイペディアより)

  • 恒心

    恒心から見た社員食堂社員食堂

    内臓脂肪型肥満(内臓肥満・腹部肥満)に高血糖・高血圧・脂質異常症のうち2つ以上を合併した状態を指すメタボリックシンドロームという概念が広まり医師による健康診断が行われるようになった(メタボ問題)。ヘルシーメニューのタニタ社員食堂が注目された。恒心 フレッシュアイペディアより)

  • 青葉郵便局

    青葉郵便局から見た社員食堂社員食堂

    社員食堂が社内に設置されている。青葉郵便局 フレッシュアイペディアより)

  • 体脂肪計タニタの社員食堂

    体脂肪計タニタの社員食堂から見た社員食堂社員食堂

    レシピ本としては異例の売上累計485万部を突破し、社会現象となった『体脂肪計タニタの社員食堂〜500kcalのまんぷく定食〜』を映画化したものである。健康機器メーカーのタニタが社員の健康維持を目的にした社員食堂のメニューにまつわる実話(タニタも参照)をベースにしつつ、「もし、タニタの社員が全員太っていたら…」という着想を元に構成されたフィクションとなっている(このため、原作としては田中大祐著のノベライズ版とレシピ本が併記されている)。タニタは本社を撮影場所として提供し、映画の告知イベント等で協力していた。体脂肪計タニタの社員食堂 フレッシュアイペディアより)

  • フジマ

    フジマから見た社員食堂社員食堂

    1951年に創業者の藤麻清一が山口県柳井市柳井に有限会社藤麻水産を興し、鮮魚の卸売販売業「柳井港魚市場」を開いたのが始まり。1964年の日立製作所柳井工場の社員食堂を皮切りに給食事業を中心として外食産業に参入し、その後事業の多角化と分社化を進め、現在は「フジマグループ」として山口県東部及び広島県に和食を中心とした外食チェーンを展開する。元々水産会社に由来することもあり、鮨などのネタは、柳井港から直送している。フジマ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6
51件中 1 - 10件表示