927件中 91 - 100件表示
  • 2010年日本における口蹄疫の流行

    2010年日本における口蹄疫の流行から見た社会民主党 (日本 1996-)社会民主党 (日本 1996-)

    自民党、被害拡大中に外遊を続けた赤松農相に対する不信任決議案を、来週にも衆議院に提出する方針を固める。石破茂政調会長や浜田靖一国対副委員長も相次いで批判。衆院決算行政監視委員会でも阿部俊子衆院議員が、自民党議員らの進言を振り切って外遊に出かけた赤松農相を批判。赤松農相は「対処に問題は無かった」として、「外遊を物見遊山で責任放棄したように言われるのは非常に心外だ」と答弁した。連立与党の社民党からも、重野安正幹事長が口蹄疫拡大の責任を『第一に赤松、第二に福島』と表現し、所管大臣と臨時代理の初動に不十分さがあったのなら責任は取らねばならないとの見解を示した。2010年日本における口蹄疫の流行 フレッシュアイペディアより)

  • 伊藤茂

    伊藤茂から見た社会民主党 (日本 1996-)社会民主党 (日本 1996-)

    伊藤 茂(いとう しげる、1928年3月2日 - 2016年9月11日)は、日本の政治家。衆議院議員(8期)、運輸大臣(第67代)、日本社会党政策審議会長(第12代)、社会民主党副党首・幹事長・政策審議会長を歴任。舟形町名誉町民。伊藤茂 フレッシュアイペディアより)

  • 第18回参議院議員通常選挙

    第18回参議院議員通常選挙から見た社会民主党 (日本 1996-)社会民主党 (日本 1996-)

    第2次橋本改造内閣は選挙直前の5月に、離党議員の復党などで衆議院での自民党の単独過半数を回復したことから、社民党、新党さきがけとの連立を解消していた。前年からの景気減速は顕著なものになっており、失業率の悪化や金融機関の破綻などの事例などから、従来の財政再建路線から景気対策を重視するようになりつつあった。第18回参議院議員通常選挙 フレッシュアイペディアより)

  • 北澤俊美

    北澤俊美から見た社会民主党 (日本 1996-)社会民主党 (日本 1996-)

    2000年5月30日、首相森喜朗が「日本国は天皇中心にしている神の国であることを国民に承知していただく」と発言したことについて「明確な憲法違反、憲法否定であり、内閣総理大臣としての資格と資質を全く欠いたものである」とし、日本共産党、社会民主党と一緒に問責決議案を提出し、賛成討論を行った。また、「昨年の国旗・国歌法制定や昭和の日をめぐる動きをみると、自民党の思想的背景がかいま見える。21世紀の日本にとって危険な兆候であり、議会としてしっかりした対応をとるべきだと考えた」と意義を強調した。北澤俊美 フレッシュアイペディアより)

  • 比例代表制

    比例代表制から見た社会民主党 (日本 1996-)社会民主党 (日本 1996-)

    2005年9月の衆議院選挙において、自民党は東京ブロックで8人分確保したが、重複立候補の小選挙区当選者を除く比例名簿登載者が7人しか残っていなかった。このため、公職選挙法の規定により全員が当選した場合、次に上位を占める政党や政治団体に議席を与えることになり、社民党の候補者(保坂展人)にその1議席を「譲渡」した形になった。比例代表制 フレッシュアイペディアより)

  • 吉田忠智

    吉田忠智から見た社会民主党 (日本 1996-)社会民主党 (日本 1996-)

    吉田 忠智(よしだ ただとも、1956年3月7日 - )は、日本の政治家。前参議院議員(1期)、社会民主党党首(第4代)。吉田忠智 フレッシュアイペディアより)

  • 第23回参議院議員通常選挙

    第23回参議院議員通常選挙から見た社会民主党 (日本 1996-)社会民主党 (日本 1996-)

    社民党は改選前から1減となる1議席(比例区1議席)を獲得した。比例区での得票は125万票(2.36%)。「直近の国政での比例得票率2%以上」は維持したため、2019年の第25回参議院議員通常選挙までの政党要件は維持できたが、第22回参議院議員通常選挙の得票は約224万票(3.84%)であり、大幅に票数を減らした。選挙結果をうけて党首の福島瑞穂は辞任した。第23回参議院議員通常選挙 フレッシュアイペディアより)

  • 山本太郎

    山本太郎から見た社会民主党 (日本 1996-)社会民主党 (日本 1996-)

    2012年12月1日、第46回衆議院議員総選挙への出馬と政治団体「新党 今はひとり」の立ち上げを表明し、同年12月5日に総務省へ届け出た。最終的には、東京8区から無所属(日本未来の党・社会民主党支持)で出馬。主に反原発、反TPP等を訴え、71,028票を獲得するも次点で落選した。山本は自民党が圧勝したことに憤慨し、報道陣の前で「このままでは極右化が進んでしまう。日本から脱出した方がいい」「はい、終わり。日本は終わりです。みなさん脱出したほうがいいんじゃないすか」と述べた。山本太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 社会民主主義

    社会民主主義から見た社会民主党 (日本 1996-)社会民主党 (日本 1996-)

    アジアでは大韓民国の民主労働党、シンガポールの人民行動党などの社会民主主義を掲げる政党は存在するが、これらの政党は様々な点で欧州型の社民政党と大きく異なる。韓国の民主労働党(社会主義インターナショナルには非加盟)は共産主義の流れを汲む北朝鮮との関係が深い点に特徴がある。こうした民主労働党の対北朝鮮政策に反発した党内のグループは2008年に進歩新党を結成している。またシンガポールの人民行動党はあまりの権威主義体制、言論や表現の自由に対する抑圧によって社会主義インターナショナルを追放され、実質的に保守政党と化した。また南アジアにはインド国民会議、スリランカ自由党など社会民主主義(現地では主に民主社会主義という)を掲げる有力政党が存在するが、社会主義インターナショナルには加盟していない。いっぽうパキスタン人民党、ネパール会議派など社会主義インターナショナルに加盟している政党もある。日本の社会民主党については「日本の主な社会民主主義政党」の項目にて後述する。社会民主主義 フレッシュアイペディアより)

  • 自社さ連立政権

    自社さ連立政権から見た社会民主党 (日本 1996-)社会民主党 (日本 1996-)

    自社さ連立政権(じしゃされんりつせいけん)は、1994年(平成6年)6月30日から1998年(平成10年)6月までの自由民主党・日本社会党(1996年1月19日以降は社会民主党)・新党さきがけによる連立政権。自社さ連立政権 フレッシュアイペディアより)

927件中 91 - 100件表示