688件中 51 - 60件表示
  • 辻元清美秘書給与流用事件

    辻元清美秘書給与流用事件から見た社会民主党 (日本 1996-)社会民主党 (日本 1996-)

    辻元清美 秘書給与流用事件(つじもときよみひしょきゅうよりゅうようじけん)は、2002年(平成14年)に発覚した、社会民主党(社民党)国会議員やその秘書らによる議員秘書給与詐欺事件である。辻元清美ら4名が逮捕され、後に全員が有罪判決を受けた。辻元清美秘書給与流用事件 フレッシュアイペディアより)

  • 2009年の政治

    2009年の政治から見た社会民主党 (日本 1996-)社会民主党 (日本 1996-)

    山形県知事選挙で、民主・社民・共産と、一部自民議員が支援した、新人の吉村美栄子が初当選。2009年の政治 フレッシュアイペディアより)

  • 日本共産党

    日本共産党から見た社会民主党 (日本 1996-)社会民主党 (日本 1996-)

    1989年の東欧革命後の、1990年7月の第19回党大会では、社会主義はまだ生成期のために大国主義や覇権主義や官僚主義などの問題があるとした(社会主義「生成期」論)。1991年8月のクーデター後に発表されたソ連共産党の解散には、「もろ手を上げて歓迎する」という宮本顕治の発言が発表され(8月31日付毎日新聞によるインタビューでの発言)、その翌日に常任幹部会は「大国主義・覇権主義の歴史的巨悪の党の終焉を歓迎する - ソ連共産党の解体にさいして」との声明を発表した。その一方、ソ連・東欧諸国の脱社会主義への動きを「歴史の逆行」とも評しており、その整合性に疑問の声も上がった。また1980年代には中国共産党に反論する形で、「社会主義完全変質論」を否定して「社会主義の復元力」を主張していたこととも矛盾していた。ほぼ時を同じくして、政府与党や社会党(現在の社会民主党)を含む他の野党、マスコミなどにより「体制選択論」「冷戦終結論」「保革対立消滅論」が大々的に宣伝され、党員の所属する労組・団体の弱体化が進み、党・労組・団体の解散と政治・社会運動からの撤退などの要求を突きつけられるなど、その後の選挙では苦戦を強いられた。また、核兵器問題など外交問題をはじめとする諸問題で、ソ連やルーマニアの指導者と共同声明を出したこともあった。特に、「宮本顕治同志とニコラエ・チャウシェスク同志の共同宣言」は、党内外からきびしい批判にさらされることとなった。1994年の第20回党大会では、ソ連は問題もあるが社会主義社会であるとしていた従来の「生成期」論を修正して、「スターリン以後のソ連社会は経済的土台も社会主義とは無縁」で、「社会帝国主義的」とした。日本共産党 フレッシュアイペディアより)

  • 村山富市

    村山富市から見た社会民主党 (日本 1996-)社会民主党 (日本 1996-)

    村山 富市(むらやま とみいち、1924年(大正13年)3月3日 - )は、日本の政治家。階級は陸軍軍曹。勲等は桐花大綬章。社会民主党名誉党首、学校法人明治大学顧問。村山富市 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤紘一

    加藤紘一から見た社会民主党 (日本 1996-)社会民主党 (日本 1996-)

    2007年2月、自民党の山崎拓、民主党の仙谷由人、枝野幸男、公明党の東順治、社民党の辻元清美らと超党派勉強会「ビビンバの会」を立ち上げる。加藤紘一 フレッシュアイペディアより)

  • 小平市

    小平市から見た社会民主党 (日本 1996-)社会民主党 (日本 1996-)

    民主党・共産党・社民党・生活者ネットワークが支持し、現職の前田雅尚(当時71歳)自民党公明党推薦を破り2005年に初当選。小平市 フレッシュアイペディアより)

  • 社会主義インターナショナル

    社会主義インターナショナルから見た社会民主党 (日本 1996-)社会民主党 (日本 1996-)

    主な加盟政党には、イギリスの労働党、ドイツの社会民主党、日本の社会民主党、フランスの社会党などがある。2012年現在、議長には元ギリシャ首相で全ギリシャ社会主義運動前党首のゲオルギオス・アンドレアス・パパンドレウが、副議長のひとりに日本の福島瑞穂がそれぞれ就いている。社会主義インターナショナル フレッシュアイペディアより)

  • 新社会党

    新社会党から見た社会民主党 (日本 1996-)社会民主党 (日本 1996-)

    新社会党(しんしゃかいとう、)は、1996年1月、社会党から独立して結成された、社会主義を掲げる日本の政治団体である。略称は新社党、社会党。新社会党 フレッシュアイペディアより)

  • 原陽子

    原陽子から見た社会民主党 (日本 1996-)社会民主党 (日本 1996-)

    2000年6月:桜美林大学大学院国際学研究科に科目等履修生として在学中、衆議院選挙に社会民主党公認候補として神奈川14区より比例代表と共に重複立候補し、小選挙区では落選したが(当選者は藤井裕久)、比例代表区南関東ブロックで初当選。25歳4ヶ月での当選は、「憲政史上最年少の国会議員」として話題になった。衆議院議員在職中は商工委員会・青少年特別委員会に所属していた。当時はその容姿から「国会のヒロスエ」或いは「よっきゅん」とも呼ばれていた。2009年に鳩山内閣において設置された行政刷新会議の事業仕分けメンバーに選定された政野淳子は、当時の原の政策担当秘書である。原陽子 フレッシュアイペディアより)

  • 2013年の政治

    2013年の政治から見た社会民主党 (日本 1996-)社会民主党 (日本 1996-)

    24日 - 社民党が常任幹事会で、党役員人事を行い、空席となっていた幹事長に又市征治副党首を、政審会長に吉田忠智参院議員を任命。また、選対委員長に福島瑞穂党首が兼務。2013年の政治 フレッシュアイペディアより)

688件中 51 - 60件表示

「社民党」のニューストピックワード