688件中 61 - 70件表示
  • 浅野史郎

    浅野史郎から見た社会民主党 (日本 1996-)社会民主党 (日本 1996-)

    2期目と3期目の知事選では、“脱政党”とはしていたものの、実際には「勝手連」と称した民主党と社民党による支援を受けていた。また、自民党も県議会ではもっぱら浅野に協調し、共産党のみがオール与党批判をすることとなっていた。県知事就任後、専門分野の福祉政策の振興で宮城県の構造改革を目指したが理想論が先行、目だった効果は上げられなかった。浅野史郎 フレッシュアイペディアより)

  • 日本教職員組合

    日本教職員組合から見た社会民主党 (日本 1996-)社会民主党 (日本 1996-)

    かつては社会党・総評ブロックの有力単産であり、組織的に日本社会党を支持していた。現在では民主党を基軸に社会民主党も支持している(現在、日教組の組織内国会議員8人が民主党所属)が、岩手県、大分県など社会民主党を軸に支持するところや、広島県のように新社会党を支援するところもある(大分県の例については大分県教職員組合を参照)。地方によっては、自民党議員を支援していることもあり、革新・左派の側からはもちろん、逆に保守系・右派の一部からも、自民党が日教組に取り込まれることを警戒する批判が見られる。日本教職員組合 フレッシュアイペディアより)

  • 訃報 2008年

    訃報 2008年から見た社会民主党 (日本 1996-)社会民主党 (日本 1996-)

    9月12日 - 加藤万吉、元社会民主党衆議院議員(* 1926年)訃報 2008年 フレッシュアイペディアより)

  • 野中広務

    野中広務から見た社会民主党 (日本 1996-)社会民主党 (日本 1996-)

    1996年の橋本内閣では、小沢一郎率いる新進党と連携を図ろうとする梶山静六官房長官ら「保保大連合」派と対立する「自社さ」派の中心メンバーとして、加藤紘一幹事長を支えた。1996年新人対決の山口県知事選挙で自民党総務会長塩川正十郎や清和研若手の自治官僚経験者二井関成を熱心に応援したが野中は党本部の幹事長代理として二井の推薦を認めなかった(山口県連推薦。対立候補の自身と同年代で同じ町長経験者で同じ自治相・国家公安委員長経験者の新進党推薦候補で後に自民党復党する吹田あきらに対する配慮)、第41回衆議院議員総選挙では初の小選挙区比例代表並立制で自身は京都4区で共産党新人や新進党現職豊田潤多郎に圧勝(自身が重複立候補した比例近畿ブロックで後藤田正晴擁立を検討していた)。選挙後は幹事長代理として加藤幹事長と組んで、早くに新進党から復党した杉山憲夫らと共に、新進党からの議員を引き抜いた。その結果、1997年には自民単独過半数を回復させ、新進党解散の一因を作った。野中らは、新進党を引き抜きの「釣り堀」と呼んだ。野中は自社さ連立堅持を主張していたが、自民単独過半数回復は、社民党、新党さきがけの発言力を低下させ、連立崩壊を早めることになった。野中広務 フレッシュアイペディアより)

  • 松沢成文

    松沢成文から見た社会民主党 (日本 1996-)社会民主党 (日本 1996-)

    2007年にも松沢は東京都知事選での石原慎太郎支持を表明し、石原慎太郎も松沢への応援に駆けつけたため、民主党や社民党神奈川県連が支持していた松沢と、自民党が支持する石原とのねじれが起こった。これに対し、反石原慎太郎を鮮明にし、浅野史郎を都知事選で推薦していた社民党は反発し、福島瑞穂党首が「(与党が支援する)石原氏を応援する松沢氏は支持できない」として党の支持を撤回している。松沢成文 フレッシュアイペディアより)

  • 久保亘

    久保亘から見た社会民主党 (日本 1996-)社会民主党 (日本 1996-)

    参議院議員(4期)、鹿児島県議会議員(3期)、副総理(第1次橋本内閣)、大蔵大臣(第92代)、日本社会党書記長、社会民主党副党首、民主改革連合最高顧問、民主党参議院議員会長を歴任。久保亘 フレッシュアイペディアより)

  • 日本社会党

    日本社会党から見た社会民主党 (日本 1996-)社会民主党 (日本 1996-)

    1945年に旧無産政党系の政治勢力を結集して結成され、1996年に社会民主党に改名した。日本社会党 フレッシュアイペディアより)

  • 日本文化チャンネル桜

    日本文化チャンネル桜から見た社会民主党 (日本 1996-)社会民主党 (日本 1996-)

    公明党とその支持母体である創価学会について、公明党の中国問題や尖閣諸島問題への対応姿勢・外国人地方参政権賛成や人権擁護法案賛成の姿勢などを取り上げ批判的な報道が繰り返し行われている。統一教会およびこれから政治的影響力を受けていた民主党・社民党(旧社会党)・自民党内の党内勢力、加えて同教会やパチンコ業界が北朝鮮を経済的に支援している事について批判的な報道が度々行われている。幸福の科学を支持母体とする幸福実現党の党員が出演しての討論と、同党の政治活動についての批判的な論評も行われている。北海道におけるアレフの急速な勢力拡大について、割れ窓理論・檀家制度・統一教会・立正佼成会・北海道における社民党の強さなどに触れつつ批判的な立場から論評が行われている。日本文化チャンネル桜 フレッシュアイペディアより)

  • 菅直人

    菅直人から見た社会民主党 (日本 1996-)社会民主党 (日本 1996-)

    2007年4月の東京都知事選挙への出馬待望論が民主党内で沸き起こった。背景には民主党が都議会で与党だったにも拘らず独自候補の擁立を図る小沢執行部の方針と人選がなかなか決まらぬお家事情があり、党中央の要職にある菅本人が出馬の可能性を否定し続ける中、石原慎太郎東京都知事に対抗できる目玉候補として朝日新聞などにも立候補を促された。しかし「国政に携わり政権交代を実現する」ため「太陽が西から出ても、出ることはない」と固辞を貫いた。その一方で浅野史郎前宮城県知事など党内外の知名度の高い人物に出馬を打診したとされるがことごとく失敗した。この問題では、菅直人と親交関係にある五十嵐敬喜法政大学教授らが立ち上げた市民団体「浅野史郎さんのハートに火をつける会」(現都民のハートに火をつける会)などの説得に応える形で浅野が立候補を決意したことで、民主党は独自候補の擁立を見送って社民党などとともに支援に回ることとなったが、浅野があまり都政に精通していなかったことやなかなか決断せず立候補の表明が遅れたこと、さらに日本共産党が擁立した吉田万三前足立区長との一本化に失敗したことなどが響き、浅野は石原知事に惨敗した。菅直人 フレッシュアイペディアより)

  • 自衛隊

    自衛隊から見た社会民主党 (日本 1996-)社会民主党 (日本 1996-)

    社会民主党は、自衛隊の存在自体は違憲ではないが、海外派遣などは「違憲である」と主張している。自衛隊は縮小を図り、国境警備、災害救助、国際協力などの任務別組織に改編・解消して日本は非武装であるべきとしている。自衛隊 フレッシュアイペディアより)

688件中 61 - 70件表示