927件中 61 - 70件表示
  • ミニ政党

    ミニ政党から見た社会民主党 (日本 1996-)社会民主党 (日本 1996-)

    2004年の参議院選挙比例区に、5大政党(自民・民主・公明・共産・社民)以外の政党(正確には政治団体)で候補を擁立したのはわずか3つだけ(みどりの会議、女性党、維新政党・新風。他に選挙区のみで世界経済共同体党、いずれも当選なし)となった。ミニ政党 フレッシュアイペディアより)

  • 及川一夫

    及川一夫から見た社会民主党 (日本 1996-)社会民主党 (日本 1996-)

    及川 一夫(おいかわ かずお、1929年5月9日 - 2009年4月11日)は日本の政治家。参議院議員。参院逓信委員長や社民党政審会長などを歴任した。及川一夫 フレッシュアイペディアより)

  • 東京都議会議員選挙

    東京都議会議員選挙から見た社会民主党 (日本 1996-)社会民主党 (日本 1996-)

    1950年代までは自由民主党と日本社会党の二大政党が議席のほとんどを占めていたが、1963年(昭和38年)の都議選で公明党の前身である公明政治連盟が進出、1965年(昭和40年)の出直し都議選で日本共産党が躍進し、以後の都議選でも議席を伸ばすなど多党化の傾向が進んだ。2001年(平成13年)以降の都議選では、社会民主党が社会党時代から維持してきた議席をすべて失い、共産党が退潮する一方で、民主党が勢力を伸ばし、2009年(平成21年)の都議選では都議会第一党となっている。しかし、2013年(平成25年)都議選では自民党が第一党の座を回復し、躍進した共産党とは対照的に民主党は第四党に転落した。2017年(平成29年)都議選では小池百合子都知事が率いる都民ファーストの会が躍進し自民党から都議会第一党の座を奪取、また選挙協力を行った公明党・生活者ネットら小池知事を支持する勢力が過半数を超える圧勝。一方、自民党は23議席に終わり、民主党が圧勝した2009年都議選の38議席を大幅に下回る過去最低の大惨敗。共産党は安倍政権と小池都政のどちらにも反対する勢力の票を吸収しさらに勢力を拡大した一方で、民進党(民主党が維新の党などと合併し改名)・日本維新の会は「都民ファーストVS自民」の構図の中で埋没する形となり、維新は改選前と変わらず1議席にとどまり、民進に至っては改選前に7議席あった議席数は2議席減の5議席に終わり、旧・民主党結党以来最低だった前回(2013年)の15議席を大きく下回る結果となった。東京都議会議員選挙 フレッシュアイペディアより)

  • 日本未来の党

    日本未来の党から見た社会民主党 (日本 1996-)社会民主党 (日本 1996-)

    阿部知子 - 社会民主党の政策審議会長だったが離党していた。11月27日に参加を表明した。日本未来の党 フレッシュアイペディアより)

  • 新党改革

    新党改革から見た社会民主党 (日本 1996-)社会民主党 (日本 1996-)

    7月10日投開票の結果、東京選挙区の高樹沙耶が落選。比例区では、表現の自由を掲げた山田太郎(新党改革推薦無所属)が民進党、おおさか維新の会、日本共産党、社民党、生活の党と山本太郎となかまたちの当選一位の獲得票を上回る約29万票を獲得し善戦するも、党全体としての議席獲得には及ばず、代表かつ唯一の現職所属議員である荒井も落選したことで全議席を失った。また比例区での得票率も2.0%を下回ったことで新党改革は荒井の任期満了を待たず同日付けで政党要件を喪失した。この結果を受け、7月11日、荒井は自身の政界引退と解党を表明した。新党改革 フレッシュアイペディアより)

  • 2010年長崎県知事選挙

    2010年長崎県知事選挙から見た社会民主党 (日本 1996-)社会民主党 (日本 1996-)

    各党の対応は、共産党が深町を推薦。自民党県連と公明党県本部が中村を全面支援。政権与党となった民主党と連立を組む国民新党、社民党が橋本を推薦した。この他、連合長崎は橋本の推薦を決定している。2010年長崎県知事選挙 フレッシュアイペディアより)

  • 2011年愛知県知事選挙

    2011年愛知県知事選挙から見た社会民主党 (日本 1996-)社会民主党 (日本 1996-)

    この他、社民党と国民新党が御園を推薦。公明党愛知県本部と河村が率いる地域政党・減税日本が大村を推薦している。2011年愛知県知事選挙 フレッシュアイペディアより)

  • 2011年青森県知事選挙

    2011年青森県知事選挙から見た社会民主党 (日本 1996-)社会民主党 (日本 1996-)

    独自候補擁立を目指していた社民党は候補者の具体名がなかなか挙がらず、最終的に独自候補擁立を断念。前回に続いて自主投票とした。この他、県医師連が三村の推薦を決定し、連合青森と県農政連(JA)は自主投票の方針を決めた。2011年青森県知事選挙 フレッシュアイペディアより)

  • 2011年佐賀県知事選挙

    2011年佐賀県知事選挙から見た社会民主党 (日本 1996-)社会民主党 (日本 1996-)

    各政党の対応は、共産党が前回同様に平林を擁立。古川は、民主党・自民党・公明党・社民党の4党に推薦願を出し、自民党と公明党は前回同様に古川の推薦を決定。前回は自主投票としていた政権与党の民主党佐賀県連も、古川の県政運営に一定の評価をし、県連として推薦。同党は他党との相乗りを原則禁止しているが、来県した岡田克也幹事長が「地域の事情もあるので県連の判断が優先される」として相乗り容認の姿勢を見せていた。社民党は古川県政に対し「党の政策・理念と決定的な違いがある」として、03・07年に続き自主投票とした。また、連合佐賀は古川の推薦を決めている。2011年佐賀県知事選挙 フレッシュアイペディアより)

  • 2011年大分県知事選挙

    2011年大分県知事選挙から見た社会民主党 (日本 1996-)社会民主党 (日本 1996-)

    各党の対応は、共産党が党公認候補として三重野を擁立。公明党県本部と社民党県連が広瀬を推薦、自民党県連も広瀬を全面的に支援した。広瀬は、前回に続いて特定の政党の推薦などを受けない県民党の立場をとっている。民主党は特定の候補を推薦しない方針を決め、自主投票となった。2011年大分県知事選挙 フレッシュアイペディアより)

927件中 61 - 70件表示