前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
311件中 1 - 10件表示
  • 社会民主党 (日本 1996-)

    社会民主党 (日本 1996-)から見た福島瑞穂

    1996年1月に日本社会党が改称して発足し、継続して自社さ連立政権に参加したが、1998年5月に連立離脱。2009年に民社国連立政権に参加したが、2010年に離脱。歴代党首は、村山富市、土井たか子、福島瑞穂、吉田忠智。機関紙は『社会新報』(週刊)、『社会民主』(月刊)。国際組織の社会主義インターナショナルに加盟しており、前党首の福島が副議長を務めている。社会民主党 (日本 1996-) フレッシュアイペディアより)

  • 社会民主党 (日本 1996-)

    社会民主党 (日本 1996-)から見た土井たか子

    1996年1月に日本社会党が改称して発足し、継続して自社さ連立政権に参加したが、1998年5月に連立離脱。2009年に民社国連立政権に参加したが、2010年に離脱。歴代党首は、村山富市、土井たか子、福島瑞穂、吉田忠智。機関紙は『社会新報』(週刊)、『社会民主』(月刊)。国際組織の社会主義インターナショナルに加盟しており、前党首の福島が副議長を務めている。社会民主党 (日本 1996-) フレッシュアイペディアより)

  • 社会民主党 (日本 1996-)

    社会民主党 (日本 1996-)から見た保坂展人

    同年12月22日、本部にて第11回党大会を開催し、立候補者1名のみの無投票で福島の党首当選(3期目)を正式に決定した。福島は「次回の衆議院選挙で2桁(10人以上)の当選を目指す」と宣言した。この党大会では1998年(自民党当時総裁の橋本龍太郎)以来久々に、他党幹部として民主党代表代行の菅直人や国民新党副代表の自見庄三郎らが来賓出席した。また、党役員人事では副党首に幹事長の又市征治、幹事長に国会対策委員長の重野安正、副幹事長に東京都連副会長だった保坂展人が就くことになった。また、参院選比例区候補だった上原公子は、社民党を労組依存体質から脱却し、市民運動やNPOの連合体を目指す党改革案を提出し話題となった。社会民主党 (日本 1996-) フレッシュアイペディアより)

  • 社会民主党 (日本 1996-)

    社会民主党 (日本 1996-)から見た辻元清美

    総選挙に向けた立て直しの一環として、1996年9月28日、社会党時代に委員長を務めた土井たか子が党首に復帰する。社会党時代の支持基盤であった労働組合の大半が民主党支持に転じたため、土井党首は辻元清美ら市民運動出身者を積極的に立候補者に起用したが、第41回衆議院議員総選挙(10月20日投開票)では15議席しか獲得できなかった。この選挙で初当選した議員は「土井チルドレン」と呼ばれた。総選挙後は、閣外協力として引き続き連立政権(第2次橋本内閣)に参加したが、1998年5月に連立政権から離脱した。社会民主党 (日本 1996-) フレッシュアイペディアより)

  • 社会民主党 (日本 1996-)

    社会民主党 (日本 1996-)から見た重野安正

    同年12月22日、本部にて第11回党大会を開催し、立候補者1名のみの無投票で福島の党首当選(3期目)を正式に決定した。福島は「次回の衆議院選挙で2桁(10人以上)の当選を目指す」と宣言した。この党大会では1998年(自民党当時総裁の橋本龍太郎)以来久々に、他党幹部として民主党代表代行の菅直人や国民新党副代表の自見庄三郎らが来賓出席した。また、党役員人事では副党首に幹事長の又市征治、幹事長に国会対策委員長の重野安正、副幹事長に東京都連副会長だった保坂展人が就くことになった。また、参院選比例区候補だった上原公子は、社民党を労組依存体質から脱却し、市民運動やNPOの連合体を目指す党改革案を提出し話題となった。社会民主党 (日本 1996-) フレッシュアイペディアより)

  • 社会民主党 (日本 1996-)

    社会民主党 (日本 1996-)から見た村山富市

    1996年1月に日本社会党が改称して発足し、継続して自社さ連立政権に参加したが、1998年5月に連立離脱。2009年に民社国連立政権に参加したが、2010年に離脱。歴代党首は、村山富市、土井たか子、福島瑞穂、吉田忠智。機関紙は『社会新報』(週刊)、『社会民主』(月刊)。国際組織の社会主義インターナショナルに加盟しており、前党首の福島が副議長を務めている。社会民主党 (日本 1996-) フレッシュアイペディアより)

  • 社会民主党 (日本 1996-)

    社会民主党 (日本 1996-)から見た小泉純一郎

    2002年9月17日の小泉純一郎と金正日との日朝首脳会談以降、「これまで朝鮮労働党は、社民党が参加してきた森団長、村山団長の2度にわたる訪朝団との会談で『拉致は存在しない』『行方不明者として調査する』と対応してきた。社民党も同会議の席上、拉致・行方不明者の生存確認の追及を厳しく求めてきた。」との立場を取りつつも、上記論文について、2002年10月3日の常任幹事会後の記者会見で、保坂展人総合企画室長(当時)は、「党の見解と同一かを確認したことはないが、なるべく早い時期に見解を出したい」と述べ、当面は掲載を続ける考えを示した。社会民主党 (日本 1996-) フレッシュアイペディアより)

  • 社会民主党 (日本 1996-)

    社会民主党 (日本 1996-)から見た金正日

    朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)とは日本社会党時代から長きに渡り引き続き良好な関係を保っていたが、2002年の日朝首脳会談で金正日が拉致を認めた後、社民党の朝鮮労働党宛質問状に返答がなかったためと称して、「労働党との関係凍結についてはもう少し慎重に検討すべき」(宇賀神文雄幹事長(栃木))などの反対意見を封殺して、「多角的な議論の上で」(福島幹事長)同年12月関係を凍結すると発表する一方、在日本朝鮮人総聯合会に対して、従来通り友好関係を維持(福島幹事長)するとしている。また、一部の地方組織では、北朝鮮と引き続き関係を保っているところもある。社会民主党 (日本 1996-) フレッシュアイペディアより)

  • 社会民主党 (日本 1996-)

    社会民主党 (日本 1996-)から見た阿部知子

    2012年2月、社民党の党首選が行われ、福島のみが立候補を届け出て、無投票で5選された。立候補には所属する都道府県連合の推薦に加え、党国会議員(10人)の3分の1以上(4人)か、党員200人以上の推薦が必要で、福島は重野安正・中島隆利・吉泉秀男・吉田忠智ら4人の国会議員から推薦を取り付けた。福島と対立する阿部知子・照屋寛徳・服部良一らは立候補要件を満たせず、対立候補を立てられなかった。また党員推薦で立候補を目指した稲森稔尚・三重県伊賀市議も、同県連合の推薦確保に難航し断念。福島は記者団に「社民党を元気にしたい。衆参の選挙で勝つことが一番大事な仕事だ。生活再建と脱原発を頑張りたい」と語った。社会民主党 (日本 1996-) フレッシュアイペディアより)

  • 社会民主党 (日本 1996-)

    社会民主党 (日本 1996-)から見た田嶋陽子

    2002年9月17日の日朝首脳会談において、北朝鮮側が日本人の拉致を公式に認めたが、このことにより社会党時代より朝鮮労働党と友党関係を結んで積極的に交流していた社民党は、それまでの拉致問題への対応を巡って世論から非難に晒されることになり、党内でも田嶋陽子が公然と党を批判した。社会民主党 (日本 1996-) フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
311件中 1 - 10件表示

「社民党」のニューストピックワード