311件中 81 - 90件表示
  • 社会民主党 (日本 1996-)

    社会民主党 (日本 1996-)から見た整理解雇

    2005年、政党交付金の激減による財政難 から党職員の整理解雇を職員団体に通告した。労働者の党を標榜する党の理念を自ら破る行為に対し、「党の労働政策と矛盾している」と反発の声が挙がっていたが、当時幹事長の又市征治は「人件費を切り詰めざるを得ない」として、同年2月17日、33名の本部職員のうち、55歳以上の高齢者、兼職、職務怠慢のいずれかを理由に9名に指名解雇をした。被解雇者中3名は労働組合を結成し、解雇無効の訴訟を起こしたが、2007年4月11日の一審判決、同年9月13日の二審判決、2008年2月1日の最高裁判決は、ともに党が勝訴した。もう一人の訴訟者に対する2007年8月30日の一審判決も党が勝訴したが、2008年1月に東京高裁で金銭和解が成立した。社会民主党 (日本 1996-) フレッシュアイペディアより)

  • 社会民主党 (日本 1996-)

    社会民主党 (日本 1996-)から見た内閣官房副長官

    安倍晋三内閣官房副長官(当時)は、そのような党の姿勢について、「いかにも(自分が)昔から取り組んでいたかのように、小泉純一郎首相の決断を批判するのは、ちゃんちゃらおかしい。まずは反省するべきだ」「警察も外務省も対応が冷たく、新聞もどこも報道しなかった。それどころか社民、民主の議員は『いいかげんなことを言うな』とわめいていた」等と厳しく批判した。社会民主党 (日本 1996-) フレッシュアイペディアより)

  • 社会民主党 (日本 1996-)

    社会民主党 (日本 1996-)から見た東日本大震災

    しかし2011年の東日本大震災以後、ビルの耐震性が問題視されて一般貸し出しが出来ない状態に陥り、たちまち法人存続が困難な状況となった。管理財団は、2012年3月31日に解散に追い込まれた。以降ビルのメンテナンスは党職員が行うことになったが、この頃になると、すでに2フロアに党本部などが入るだけで、党の国会議員数も10人の小所帯にすぎず、「倒壊すれば、被害は党本部にとどまらない」と党幹部も認める現状と合わせ「幽霊屋敷」と揶揄されるような状態であった。修繕費用については「国会議員が多かった時代から、建設資金を毎年地道に積み立てていれば……」(党幹部)と修繕積立を一切行ってこなかったことも明かされ、資金難から修繕は不可能な状態であったため、管理財団解散前の2月の定期党大会では、重野幹事長が党本部移転も選択肢として検討(建て替えは資金不足で難しいため)していることを明らかにしていたが、ビルは国有地に立っており、移転時には解体して更地にする必要があり、多額の費用(現在の建物にはアスベストが含まれ、取り壊すだけでも約3億円かかるという。)がかかることが判明。党本部問題は、振り出しに戻り、「打つ手がない」(党関係者)状態に陥った。社会民主党 (日本 1996-) フレッシュアイペディアより)

  • 社会民主党 (日本 1996-)

    社会民主党 (日本 1996-)から見た地球温暖化

    豊かな自然環境を次世代に - 循環型社会への転換、地球温暖化防止、脱原発、自然エネルギーなど。社会民主党 (日本 1996-) フレッシュアイペディアより)

  • 社会民主党 (日本 1996-)

    社会民主党 (日本 1996-)から見た生活保護

    生活保護の母子加算の復活、児童扶養手当の父子家庭への支給を実現をめざす。社会民主党 (日本 1996-) フレッシュアイペディアより)

  • 社会民主党 (日本 1996-)

    社会民主党 (日本 1996-)から見た消費税

    公平で持続的な税財政 - 消費税引き上げ反対、所得税引き上げなど。社会民主党 (日本 1996-) フレッシュアイペディアより)

  • 社会民主党 (日本 1996-)

    社会民主党 (日本 1996-)から見た尖閣諸島中国漁船衝突事件

    中国漁船が尖閣漁船衝突事件を起こした際に社民党は、「尖閣諸島は、歴史的にみて明らかに日本の領土であり、沖縄県石垣市に属する島である。領海内で他国の漁船が操業することは、特段の取り決めがない限り断じて認められないことであり、海上保安庁が取り締まることは当然である。」との談話を発した。この事件について中国が日本側に謝罪と賠償を求めたが、これは全く論拠がなく認められない主張であるとして社民党は、中国に謝罪と賠償の要求を直ちに取り下げるように求めた。社会民主党 (日本 1996-) フレッシュアイペディアより)

  • 社会民主党 (日本 1996-)

    社会民主党 (日本 1996-)から見た船舶

    2007年4月20日、国の海洋政策を一元化するための海洋基本法と、ガス田掘削施設などの周辺への船舶進入を規制する海洋構築物安全水域設定法に対し、党派としては唯一反対。福島は「この法律は領土問題や資源問題について近隣諸国との関係に影響を与えるものである。拙速に行うと、交渉に悪い影響を与えることになる。」とコメントした。社会民主党 (日本 1996-) フレッシュアイペディアより)

  • 社会民主党 (日本 1996-)

    社会民主党 (日本 1996-)から見た自公連立政権

    しかし普天間問題で、鳩山は結局自公連立政権時代の案に近い内容で政府案をまとめ、福島にも同意の署名を求めた。福島はこれを拒否し、内閣府消費者・少子化担当特命大臣を罷免された。直後に福島党首が開いた会見で「社民党は沖縄を裏切ることはできない」「数々の犠牲を払ってきた沖縄にこれ以上の負担を押し付けることに加担するわけにはいかない」と述べ署名に応じなかった経緯を説明した。また「言葉に責任を持つ政治をやって行きたい」と述べ上記の「重大な決意」を実行した社民党と、「国外、最低でも県外」の公約を守らなかった民主党を比較し民主党を批判した。これを受け党内では、「党首たる福島が罷免された以上連立を維持する意味がない」として、連立解消を求める意見が大勢となり、2010年5月30日に開いた全国幹事長会議で、最終的に連立を解消することを決定した。社会民主党 (日本 1996-) フレッシュアイペディアより)

  • 社会民主党 (日本 1996-)

    社会民主党 (日本 1996-)から見たアメリカ海兵隊

    12月24日、社民党は基地のグアム移転を目指して党内に米軍普天間飛行場の移設問題に関するプロジェクトチームを発足させた。プロジェクトチームは2010年1月中に米グアム島を視察し、米側の普天間移設問題に対する認識を確認するため、ワシントン訪問も検討した。同年1月10日、福島は、来日中の米議会下院外交委員会「アジア・太平洋・地球環境小委員会」の委員長エニ・ファレオマバエガ、マイク・ホンダ、ジョゼフ・カオら下院議員と米軍海兵隊を主力とする普天間飛行場移設問題について意見交換した。ファレオマバエガは、会談後の記者会見で「誰もが納得できるような解決につなげるための情報収集を目的に来日した。同移設問題の方針決定は日本の国内問題だが、今後も行方を見守り、解決につなげていきたい」と述べた。社会民主党 (日本 1996-) フレッシュアイペディアより)

311件中 81 - 90件表示

「社民党」のニューストピックワード