前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
121件中 1 - 10件表示
  • 朝日新聞

    朝日新聞から見た社説社説

    8月23日 社説「自らを罪するの弁」で戦意高揚など自社の戦争責任を告白。朝日新聞 フレッシュアイペディアより)

  • 公示地価

    公示地価から見た社説社説

    全国紙の多くは、公示地価発表の翌日頃の日付の新聞社説で公示地価について論じることが多く見られる(基準地標準価格発表に際してはそのようなことは見られない)。公示地価 フレッシュアイペディアより)

  • 共同通信社

    共同通信社から見た社説社説

    共同通信社自らが取材したニュース、共同通信論説委員室で執筆した社説及び、一部の加盟社が取材したニュースなどを加盟社である全国の新聞社、契約社である放送局に配信する。新聞連載4コマ漫画などの配信もする。共同通信社 フレッシュアイペディアより)

  • 産経新聞

    産経新聞から見た社説社説

    日本の全国紙の中では論調が保守(≒右翼)的な印象が持たれているという調査がある。アメリカ合衆国との集団的自衛権の必要性や日本共産党への批判的な論説を社説「主張」で掲げ、著名人の意見を紹介する「正論」欄では親米保守・反共主義・復古的改憲論に肯定的な主張を多く掲載してきた。これは1958年(昭和33年)に『産経時事』から『産経新聞』へ改めた際の経緯が関係する(を参照)。また電子版では「皇室」のコーナーをわざわざ設けて動静を報じるなど、天皇・皇族を絶対的に尊崇する。産経新聞 フレッシュアイペディアより)

  • 南洋道問題

    南洋道問題から見た社説社説

    これに対し、琉球新報では「台湾直轄論」という社説にて計画案を批判するなど、反対論を展開した。最終的に各方面からの反発にあったことにより、翌1909年に計画は立ち消えとなった。南洋道問題 フレッシュアイペディアより)

  • 縮約

    縮約から見た社説社説

    大野晋の著書『日本語練習帳』では、「要約」との違いを強調して「地図で縮尺というように、文章全体を縮尺して、まとめること」とされている。大野の実践では、題材は新聞の社説で、社説の文章を400字(1行20字詰め20行の原稿用紙)ちょうどにまとめるものである。なお、これと類似の方法は公文式における国語の読解力養成にもみられるが、その名称は「要約法」であり、独自の文章教材を用いる点が異なる。縮約 フレッシュアイペディアより)

  • プラウダ批判

    プラウダ批判から見た社説社説

    プラウダ批判(ぷらうだひはん)は、1936年1月28日のソ連共産党中央委員会機関紙プラウダに掲載された、ショスタコーヴィチの歌劇『ムツェンスク郡のマクベス夫人』を批判する社説のことである。1930年代のスターリン主義における、文化弾圧の代表的事件として知られている。また、社説掲載以後のショスタコーヴィチに対する冷遇を指すこともある。プラウダ批判 フレッシュアイペディアより)

  • 菊竹六鼓

    菊竹六鼓から見た社説社説

    1932年(昭和7年)5月15日、犬養毅首相が陸海軍将校に殺害されると(五・一五事件)、六鼓は社説「首相兇手に斃る」(5月16日夕刊)、「敢えて国民の覚悟を促す」(5月17日)を記し、軍部とファシズムを痛烈に批判した。この論説に対して、久留米に師団司令部を置く第十二師団の将校たちは反軍的だとして憤激し、福岡日日新聞の師団司令部への取材が拒絶され、久留米支局長の北島磯次が師団司令部にたびたび呼び出された。また、在郷軍人による不買運動が呼びかけられ、本社上空に軍用機を旋回飛行させるなど、新聞社にはさまざまな恫喝が加えられた。しかし、六鼓は紙面において「騒擾事件と輿論」(5月19日)、「当面の重大問題」(5月20日)、「憲政の価値」(5月21日)などの論陣を張り続けた。五・一五事件一周年を迎えた際には社説「憲政かファッショか」(1933年5月16日)を記し、ファシズム批判・議会政治擁護の主張を行っている。このように憲政を擁護し自由民権を訴え、軍人の政治参加を攻撃する論説を発表し続けた六鼓は、五・一五事件の1年後に久留米・第24旅団長になった東条英機(太平洋戦争開戦時の首相、この時点では陸軍少将)とも対立している。菊竹六鼓 フレッシュアイペディアより)

  • 滋賀電車内駅構内連続強姦事件

    滋賀電車内駅構内連続強姦事件から見た社説社説

    2007年4月21日の毎日新聞では、「サンダーバード」車内の事件について『(異変に気付いていた付近の乗客は)「何をジロジロ見ているんだ」などと怒鳴られ、車掌に通報もできなかったという』と報じ、その後、「見て見ぬふりを決め込むな」(毎日新聞社説)、「信じられない卑劣さ。日本人のモラルは地に堕ちたのではないか」(J-CASTニュース)というような報道が起こった。滋賀電車内駅構内連続強姦事件 フレッシュアイペディアより)

  • ブラッド・ホース

    ブラッド・ホースから見た社説社説

    主に競馬の競走に関する予想や分析、業界情報、討論、社説などが掲載されており、また馬産・農場管理に関する話題なども取り扱っている。競馬界の国際的なニュースを取り扱う雑誌でもあり、世界の競馬情勢などを知る上での重要な情報源として、アメリカ内外の競馬業界で広く知られている。ブラッド・ホース フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
121件中 1 - 10件表示

「社説」のニューストピックワード