前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
158件中 1 - 10件表示
  • 朝日新聞

    朝日新聞から見た社説社説

    8月23日 社説「自らを罪するの弁」で戦意高揚など自社の戦争責任を告白。朝日新聞 フレッシュアイペディアより)

  • 読売新聞

    読売新聞から見た社説社説

    6月1日 社説の掲載を開始。読売新聞 フレッシュアイペディアより)

  • Op-ed

    Op-edから見た社説社説

    Op-ed (opposite the editorial page、オプ・エド)とは新聞の記事のうち通常、発行元の新聞社とは関係の無い著名人が意見や見解を著したもの。社説の反対側に設けられることからこの名がついた。Opinion-editorialの略とするものは誤り。社説が主に社内の編集委員によって執筆され署名されないのに対し、op-edは社外の人物が署名付きで執筆するという点が異なる。Op-ed フレッシュアイペディアより)

  • 脱亜論

    脱亜論から見た社説社説

    『脱亜論』(だつあろん)は、新聞『時事新報』紙上に1885年(明治18年)3月16日に掲載された無署名の社説である。1933年(昭和8年)に石河幹明編『続福澤全集』第2巻(岩波書店)に収録されたため、以来福澤諭吉が執筆したと考えられるようになった。脱亜論 フレッシュアイペディアより)

  • メディア・リテラシー

    メディア・リテラシーから見た社説社説

     安保法案を支持する新聞(仮に新聞Aとする)では社説で北朝鮮の核の問題や中国の軍事的脅威を背景に安保法案は必要とする論調を繰り返したが、反対する新聞(仮に新聞Bとする)では、平和維持の為、または日本が戦争に巻き込まれるという危惧よりで安保法案は反対と主張していた。社説だけではなく一般紙面の構成も大きく異なっており、新聞Aでは法案成立を喜ぶ国会議員や安保反対デモを監視する警察の写真を大きく取り上げたのに対して、新聞Bでは安保反対のデモに参加する人々の写真を大きく取り上げたり。法案に反対する識者の意見を多く載せたりしていた。メディア・リテラシー フレッシュアイペディアより)

  • 東京都青少年の健全な育成に関する条例

    東京都青少年の健全な育成に関する条例から見た社説社説

    産経新聞は3月23日、教室での少女強姦や恋愛と称して近親相姦を描写するなどの著しく反社会的な性表現を18歳未満の目に届かなくする規制を「表現の自由」を持ち出して批判するのは論点のすり替えではないのかとし、反対論に誤解や曲解が目立つ、とする社説を掲載した。東京都青少年の健全な育成に関する条例 フレッシュアイペディアより)

  • 第2次安倍内閣

    第2次安倍内閣から見た社説社説

    他の国では、ニューヨーク・タイムズが24日付け紙面で『日本の要らぬ国家主義』と題した社説を掲げて“安倍氏は歴史的な傷を悪化させるのではなく、長く停滞している経済の改善と、アジアと世界での指導的民主国家としての役割強化に重点を置いて、日本の将来を構想することに集中すべきだ”と主張ワシントン・ポストは27日付社説で『安倍晋三は歴史を正視できない』と題して批判。フィナンシャルタイムズは「天皇崇拝の国粋主義的カルトと分かち難く結び付いた靖国神社は間違った場所だ」と述べ、宗教色のない国立慰霊施設の建立などを促した。またバラク・オバマ政権が外交ルートで非公式に、東アジア情勢の不安定化に対する懸念を表明したと日米外交筋が明らかにした。さらに25日には、オバマ政権が「日米関係はもはや全世界で最も重要な同盟関係ではない」と韓国外交筋に語っていたことが分かっている。2013年6月2日には、国連事務総長の潘基文が「過去の歴史への正しい理解」を求めるとし靖国神社参拝への懸念を表明した。第2次安倍内閣 フレッシュアイペディアより)

  • 公示地価

    公示地価から見た社説社説

    全国紙の多くは、公示地価発表の翌日頃の日付の新聞社説で公示地価について論じることが多く見られる(基準地標準価格発表に際してはそのようなことは見られない)。公示地価 フレッシュアイペディアより)

  • 産経新聞

    産経新聞から見た社説社説

    一方、自民党の対抗勢力である民進党(2016年3月まで「民主党」)・日本共産党・朝日新聞・毎日新聞に対しては常に批判的・対立的であり、2015年の政治資金収支報告がなされた際にも連日民主党議員の支出を批判する記事を掲載し、またゆるキャラグランプリ2015で民主党のゆるキャラ民主くんが142位で惨敗したと嘲笑する記事を写真付きで掲載。社説「主張」・「正論」欄では親米保守・反共主義に肯定的な主張を多く掲載してきた。これは1958年(昭和33年)に『産経時事』から『産経新聞』へ改めた際の経緯が関係する(を参照)。2013年には『はだしのゲン』を「ジャンプで打ち切りになり共産党系・日教組系と連載誌を転々とし始めた頃から、日本軍のありもしない蛮行や昭和天皇への呪詛がてんこ盛りになった」と主張した。産経新聞 フレッシュアイペディアより)

  • 渡邉恒雄

    渡邉恒雄から見た社説社説

    1977年、編集局総務(局長待遇)に就任、同年2月18日付の『読売新聞』社説は百里基地訴訟一審判決の違憲立法審査権の存在意義を説いていたが、1981年7月8日付紙面では一転し、二審判決の統治行為論を支持して、裁判所の政治介入を制限する主張に変わった。読売新聞が渡邉の主張を取り入れて、中道から保守に傾斜していく過程の1エピソードである。同年、取締役論説委員長に就任した。1984年からは元旦の社説を執筆するようになった。1991年に読売新聞社社長、横綱審議委員、1999年には日本新聞協会会長に就任した。渡邉恒雄 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
158件中 1 - 10件表示

「社説」のニューストピックワード