121件中 91 - 100件表示
  • 秋田魁新報

    秋田魁新報から見た社説社説

    論調は基本的に中道。ただし、秋田県は伝統的に保守勢力が強固な地盤を築いている地域であり、論調には保守勢力や行政に迎合する傾向も見られる。その一方、社説においては朝日新聞などと同様に総理大臣(当時)小泉純一郎の靖国神社参拝を批判し、花岡事件などの朝鮮人・中国人「強制連行」などを報道している。秋田県を代表する報道・言論機関として地元の民間放送局である秋田放送・秋田テレビ・エフエム秋田に出資しているほか、県内における文化・スポーツ等の大規模イベントに開催者として名を連ねるケースも多い。秋田魁新報 フレッシュアイペディアより)

  • JR羽越本線脱線事故

    JR羽越本線脱線事故から見た社説社説

    それに対し、毎日新聞は2005年12月27日の社説で、「この路線を何度も運転している運転士ならば、風の音を聞き、風の息遣いを感じられたはずだ」と、事故の原因は突風ではなく運転士の経験不足による人災であるとして、無謀運行を敢行したとするJR東日本の運行管理体制を厳しく批判した。高速走行中の運転士に判断は困難であり、地上判断で全部は防げない点で社説は言い過ぎがあった。この社説の掲載後、毎日新聞には「風の息遣いを感じろなんて非科学的すぎる」と批判が殺到し、2006年2月7日に毎日新聞社側が検証記事において、科学的見地を無視した感情に偏った行き過ぎた批判であったことを認めた。その際、紙面には外部の人間により構成される「開かれた新聞」委員会における委員たちの社説に対する発言を謝罪記事の代わりとして掲載している。JR羽越本線脱線事故 フレッシュアイペディアより)

  • 宮崎市

    宮崎市から見た社説社説

    「地域コミュニティ税 - 市民の理解へもっと時間かけて」宮崎日日新聞、2008年2月29日付社説宮崎市 フレッシュアイペディアより)

  • 静岡新聞

    静岡新聞から見た社説社説

    論調は保守的であり、その特色は独自記事や社説や論壇(来栖弘臣・屋山太郎等)によく表れている(社説の掲載は2000年9月から)。静岡新聞 フレッシュアイペディアより)

  • 日本における外国人参政権

    日本における外国人参政権から見た社説社説

    産経新聞は外国人参政権付与に対し「国の主権が損なわれかねない重大な問題」として反対の立場を取っており、社説「主張」でも、「自民党は外国人参政権への反対姿勢を明確にするべき」と強く要望している。2010年2月20日の社説「主張」では、永住外国人への地方参政権(選挙権)付与をめぐり、1995年の最高裁判決で「憲法上、禁止されていない」との判断を示した最高裁の元判事・園部逸夫が「(在日韓国・朝鮮人を)なだめる意味があった。政治的配慮があった」と同紙に明言したことで、「外国人参政権の立法化の大きな根拠が崩れた」として、「鳩山由紀夫政権は法案提出を断念すべきだ」と主張した。日本における外国人参政権 フレッシュアイペディアより)

  • 北國新聞

    北國新聞から見た社説社説

    朝夕刊ともに発行しており、全国ニュースは共同通信社から記事の供給を受けている。1960年代頃は県庁内など行政団体での不祥事を大きくスクープしていた。近年の論調は、他の地方紙よりも保守的傾向が強い。社説やコラム『時鐘』ばかりか、読者の投稿コーナー『地鳴り』でもリベラルな投稿が掲載されていることが少ない。北國新聞 フレッシュアイペディアより)

  • 保導連盟事件

    保導連盟事件から見た社説社説

    なお、韓国紙・朝鮮日報は、2007年3月15日付の社説で「過去史委員会による壮大な予算の無駄遣い」と題し、保導連盟事件の調査にあたる「真実・和解のための過去史整理委員会」(委員長・宋基寅(ソン・ギイン))を指し、「趣味程度に過去の歴史を書き直したいのなら、何も国民の税金にたからずに「過去史書き換え同好会」の会員たちで募金活動でも行って、必要経費をまかなうべきだろう」と述べ、真相究明への否定的な社説を発表している。保導連盟事件 フレッシュアイペディアより)

  • プロパガンダ

    プロパガンダから見た社説社説

    言論統制により新聞や書籍でもプロパガンダ的手法がとられる場合がある。第二次世界大戦中の日本の朝日新聞やイギリスのタイムズ紙などが行った例では、記事の構成や社説などを操作し、対象への印象を悪化させたり、好ましい印象を与えたりする。プロパガンダ フレッシュアイペディアより)

  • コメンテーター

    コメンテーターから見た社説社説

    日本の場合、報道番組が「ワイドショー化」する以前は、1つのニュースごとに「○○新聞編集委員」の肩書きを持つ新聞記者、テレビ局の解説委員(NHK・民放にはニュースを解説する為の部署として解説委員室が存在する)、その分野の専門記者などの報道機関内部の人間及び、外部の専門家や専門性の高い評論家等が入れ替わって、ニュース解説・社説放送を行っていた。コメンテーター フレッシュアイペディアより)

  • 慰安婦関係調査結果発表に関する河野内閣官房長官談話

    慰安婦関係調査結果発表に関する河野内閣官房長官談話から見た社説社説

    一方、『産経新聞』は社説「主張」にて、「日本の名誉を傷つけ、日米関係にまで影を落としている」「明確な裏付けもなく慰安所の設置に『軍の関与』があったと認めたために、慰安婦が日本軍の『性の奴隷』であったとの誤った認識を広げた」と河野談話を非難し、安倍首相が参議院でおこなった答弁については「事実に誠実に向き合った結果」と評価した。また、安倍発言に関するアメリカ側の報道については、「中国寄りの『ニューヨーク・タイムズ』などが首相の発言を歪曲して報じている」と批判した。慰安婦関係調査結果発表に関する河野内閣官房長官談話 フレッシュアイペディアより)

121件中 91 - 100件表示

「社説」のニューストピックワード