158件中 91 - 100件表示
  • 中央日報

    中央日報から見た社説社説

    2013年1月29日、韓国の窃盗団が日本で仏像を盗んで国内に持ち込んで拘束されたが、その後、日本人だから14世紀中に窃盗した物なのだろうという趣旨のキャンペーンの中心的存在となった。ちなみに2月7日になって文明大名誉教授が論文を発表したというのが唯一の論拠である。日本国政府は「国際法の文化財返還要請に基づいて、速やかに返還を求めていきたい」と述べている。なお、2月28日以降は仏像の記事に対してすっかり意欲を失っている。9月27日になって劉震竜文化庁長官の仏像返還発言があったため社説で取り上げることになったが「日本側はすぐに返還するよう騒いでいる。」「1370年ごろこの地域に出没した倭寇が強奪して行ったものと推定される」「くやしいが、浮石寺の仏像は不法搬出と見なされ日本に返すのが正しい。」といった内容であった。中央日報 フレッシュアイペディアより)

  • ザ・コーヴ

    ザ・コーヴから見た社説社説

    『朝日新聞』『読売新聞』『毎日新聞』『日本経済新聞』『東京新聞』『中日新聞』『西日本新聞』『神戸新聞』『信濃毎日新聞』『山陽新聞』『南日本新聞』などは社説にて、映画内容の偏向性などの問題点は認めつつも上映への妨害行為は許されないとの見解を示した。また、一連の抗議行動によって映画館が映画の上映を取りやめている事態について、言論・表現の自由の侵害に対する懸念を表明した。ザ・コーヴ フレッシュアイペディアより)

  • 論説委員

    論説委員から見た社説社説

    論説委員(ろんせついいん)とは新聞社、通信社における社説を執筆する専門記者の役職論説委員 フレッシュアイペディアより)

  • リベラシオン

    リベラシオンから見た社説社説

    リベラシオンは革新的な編集路線を明確に自認し、通常は、人種差別反対主義、フェミニズム、労働者の権利を支持している。どの政党にも属してはいないが、その理論的根源が1968年にフランスで起きた五月革命にあるため、左翼的傾向にある。共同創設者であり元編集長でもあるセルジュ・ジュリーによれば、リベラシオンは活動家の新聞ではあるが、いかなる特定政党をも支持せず、反権力の動きをとり、一般に右翼政権とも左翼政権とも関係は良くないという。リベラシオンの社説ページ(rebonds)は、多方面からの政治的見解を展開する。リベラシオンのうたう独立性、反権力傾向の例を挙げると、1993年にリベラシオンは、社会党の元大統領フランソワ・ミッテランの違法な盗聴計画をリークしている。リベラシオン フレッシュアイペディアより)

  • 稲垣えみ子

    稲垣えみ子から見た社説社説

    愛知県出身。家電メーカーに務める父の仕事の都合で小学校、中学校では転校を繰り返す。1987年一橋大学社会学部を卒業し、朝日新聞社入社。高松支局、京都支局を経て、1991年から移った朝日新聞大阪本社社会部時代に、大阪府警察本部との懇親会でかつらをかぶったのを機にアフロヘアーにする。大阪本社社会部デスク、週刊朝日編集部を経て、2013年から朝日新聞論説委員として社説を担当。福島第一原子力発電所事故を受けて始めた月1000円以下に電気代を抑えるほどの徹底した節電生活を書いたコラムが話題となり、感銘を受けた古館伊知郎キャスターからオファーを受け報道ステーションに3度出演。編集委員を経て、2016年1月に50歳を機に、死に向かい「手放すことを身に着けねばと」との思いから朝日新聞社を退社し、高級マンションから築45年のワンルームマンションに転居。稲垣えみ子 フレッシュアイペディアより)

  • 保導連盟事件

    保導連盟事件から見た社説社説

    韓国紙・朝鮮日報は、2007年3月15日付の社説で「過去史委員会による壮大な予算の無駄遣い」と題し、保導連盟事件の調査にあたる「真実・和解のための過去史整理委員会」(委員長・宋基寅(ソン・ギイン))を指し、「趣味程度に過去の歴史を書き直したいのなら、何も国民の税金にたからずに「過去史書き換え同好会」の会員たちで募金活動でも行って、必要経費をまかなうべきだろう」と述べ、真相究明への否定的な社説を発表している。保導連盟事件 フレッシュアイペディアより)

  • 大韓民国臨時政府

    大韓民国臨時政府から見た社説社説

    『読売新聞』2017年12月18日社説は、文在寅が2017年12月に中国を訪問した際に大韓民国臨時政府庁舎跡を訪問したことを「内陸部の重慶では、日本の朝鮮半島統治期に独立運動の拠点となった『大韓民国臨時政府』の庁舎跡を訪問した。植民地支配からの解放を勝ち取ったという独善的な歴史観を広めたいのだろうか」と述べた。文在寅はこの訪問の中で重慶の大韓民国臨時政府について「韓国の根であり、建国の始まりだ」と述べた。なお、前大統領の朴槿恵は上海の方の大韓民国臨時政府庁舎跡を訪問していた。大韓民国臨時政府 フレッシュアイペディアより)

  • 東京新聞

    東京新聞から見た社説社説

    また、中日新聞社発行各紙や北海道新聞、西日本新聞などブロック紙3社連合に加盟している新聞に掲載される小説や4コマ漫画(朝刊は、2007年3月8日まで佃公彦作の「ほのぼの君」、同年7月1日か2011年12月31日まではさくらももこ作の「ちびまる子ちゃん」、2012年2月1日から2017年3月31日までは森栗丸作の「おーい 栗之助」、2017年4月1日からは青沼貴子の「ねえ、ぴよちゃん」を連載)は、中日新聞東京本社から配信される。また、中日新聞からの企画では、生活家庭面の一部記事が東京新聞にも掲載されている。国際欄および夕刊に掲載されている「世界の街角から」は中日新聞と東京新聞と同一になっている。社説は原則的に中日新聞と同一だが、中日新聞が愛知県政、名古屋市政など中京圏特有の課題を掲載する場合は、東京新聞独自の社説に差し替えられる場合もある。なお社説は中日新聞同様、本文の内容を要約したリード文が付随する(1970年3月より)。東京新聞 フレッシュアイペディアより)

  • 七生養護学校事件

    七生養護学校事件から見た社説社説

    産経新聞は2002年頃から紙面や自社系論壇誌『正論』において「過激な性教育・ジェンダーフリー教育」を糾弾する論調を強めており、2003年2月23日付主張「性教育 児童に過激な内容は慎め」において「都内の公立小中学校や養護学校で計11件の不適切な性教育が行われていた」と指摘し、具体名は挙げていないものの七生養護学校の授業内容を暗に指摘すると共に「事態を重く見た都教育庁は近く調査に乗り出す方針」としており、都議3名の視察に際してもマスメディアとして唯一、記者を帯同させた。七生養護学校事件 フレッシュアイペディアより)

  • 芸大事件

    芸大事件から見た社説社説

    『音楽芸術』1982年4月号では、團伊玖磨がこの事件を機に東京芸大を廃校にせよ、関係者は総辞職せよと主張。『朝日新聞』は1981年12月30日の社説で海野を政界から司法界にまで及ぶ金権体質や腐敗の象徴として批判するとともに、1982年2月8日、2月10日、2月12日の各夕刊に「『芸大事件』の中で考える」と題する記事を連載し、記事の中で伊達純や角倉一朗、別宮貞雄がマスコミを非難した。『毎日新聞』1982年5月14日号では、編集委員の原田三朗が「学外個人レッスン」の解禁を非難。『読売新聞』1982年2月18日夕刊では、丹羽正明が海野を「音楽に寄せていた人々の信頼を裏切った」と非難するなど、この事件はマスコミに幅広い波紋と反響を呼んだ。芸大事件 フレッシュアイペディアより)

158件中 91 - 100件表示

「社説」のニューストピックワード