158件中 11 - 20件表示
  • 共同通信社

    共同通信社から見た社説社説

    共同通信社自らが取材したニュース、共同通信論説委員室で執筆した社説および一部の加盟社が取材したニュースなどを加盟社である全国の新聞社、契約社である放送局、さらに子会社であるエヌ・エヌ・エーに配信する。新聞連載4コマ漫画などの配信もする。1989年に創設された非営利の報道機関「センター・フォー・パブリック・インテグリティー (Center for Public Integrity) 」の国際報道部門 (米ワシントンに事務所がある) では60カ国以上の記者やジャーナリストが連携し、国際的な犯罪を取材し、報道。日本の報道機関の代表として共同通信も参加している。共同通信社 フレッシュアイペディアより)

  • メディア規制三法

    メディア規制三法から見た社説社説

    近年では、毎日新聞が2006年1月18日付社説で東京・埼玉連続幼女誘拐殺人事件の被告人宮?勤に対する死刑判決が最高裁判所で確定したことに触れ、昨今の児童に対する凶悪犯罪が有害情報の蔓延によって引き起こされていることは明らかであるとして事実上、青少年有害社会環境対策基本法の制定を要求する意見表明を行うなどマスメディア側による「メディア規制三法」と総称しての反対は見られなくなっている。メディア規制三法 フレッシュアイペディアより)

  • ブラッド・ホース

    ブラッド・ホースから見た社説社説

    主に競馬の競走に関する予想や分析、業界情報、討論、社説などが掲載されており、また馬産・農場管理に関する話題なども取り扱っている。競馬界の国際的なニュースを取り扱う雑誌でもあり、世界の競馬情勢などを知る上での重要な情報源として、アメリカ内外の競馬業界で広く知られている。ブラッド・ホース フレッシュアイペディアより)

  • CCC制度

    CCC制度から見た社説社説

    2009年5月13日 - 読売新聞は社説で「製品情報の流失を阻止せよ」と題し中国の譲歩は日本、米国、欧州の政府や企業が知的財産権の侵害であるとの反発を受けたものであると述べている。また高度な技術情報の流出の懸念から日本企業などが輸出を抑制し、結果として中国にとってもプラスにならないとしているCCC制度 フレッシュアイペディアより)

  • 1917年ピューリッツァー賞

    1917年ピューリッツァー賞から見た社説社説

    ニューヨーク・トリビューン紙、受賞対象となった社説は、「イギリスの客船ルシタニアの沈没一周年に関する社説」であり、ドイツの攻撃によってもアメリカが動揺せず、冷静に対処したことを評価する内容だった。1917年ピューリッツァー賞 フレッシュアイペディアより)

  • 菊竹六鼓

    菊竹六鼓から見た社説社説

    1932年(昭和7年)5月15日、犬養毅首相が陸海軍将校に殺害される(五・一五事件)と、六鼓は社説「首相兇手に斃る」(5月16日夕刊)および「敢えて国民の覚悟を促す」(5月17日)を記し、軍部とファシズムを痛烈に批判した。これら論説に対し久留米に師団司令部を置く第十二師団の将校たちは反軍的だとして憤激。福岡日日新聞の師団司令部への取材は拒絶され、久留米支局長の北島磯次が師団司令部にたびたび呼び出される事態となった。また、在郷軍人による不買運動も呼びかけられ、本社上空には軍用機が旋回飛行さられるなど、新聞社にさまざまな恫喝が加えられた。しかし六鼓は、紙面において「騒擾事件と輿論」(5月19日)、「当面の重大問題」(5月20日)、そして「憲政の価値」(5月21日)などの論陣を張った。五・一五事件一周年を迎えた際には、社説「憲政かファッショか」(1933年5月16日)を記し、ファシズム批判・議会政治擁護の主張を行った。このように六鼓は、憲政を擁護し自由民権を訴え、軍人の政治参加を攻撃する論説を発表し続けた。さらに六鼓は、五・一五事件の1年後に久留米・第24旅団長になった東条英機(太平洋戦争開戦時の首相、この時点では陸軍少将)とも対立している。菊竹六鼓 フレッシュアイペディアより)

  • 国旗国歌条例

    国旗国歌条例から見た社説社説

    毎日新聞は社説「条例までは不必要だ」で、「思想・良心にかかわる問題をはらむ以上、行政処分の域を踏み越えて、あえて条例を定めて抑え込むのは行き過ぎ」とした。産経新聞は主張「教委も毅然たる指導せよ」で、「国旗、国歌の大切さを教える限られた機会に教師が背を向けるようでは、国旗、国歌を自然に尊重する態度をはぐくむことはできまい」と述べた。国旗国歌条例 フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・シーゲンソーラー ウィキペディア経歴論争

    ジョン・シーゲンソーラー ウィキペディア経歴論争から見た社説社説

    シーゲンソーラーは1960年代に司法長官ロバート・ケネディの補佐官を務め、1982年から1991年にかけては「USAトゥディ」論説主幹を務めたジャーナリストである。アメリカ新聞編集者協会会長も歴任した。ジョン・シーゲンソーラー ウィキペディア経歴論争 フレッシュアイペディアより)

  • フェイ・ヴィンセント

    フェイ・ヴィンセントから見た社説社説

    ピート・ローズの野球界からの永久追放処分にも関わっていた。調査を主導し、交渉を担当していたのは当時副コミッショナーのヴィンセントであった。2002年12月にローズの追放処分の解除が検討された時には「馬鹿げている」と怒りを露わにした。2015年1月に掲載された「」の社説の中ではローズはクーパーズタウン(アメリカ野球殿堂)から永久に排除されるべきだと述べている。フェイ・ヴィンセント フレッシュアイペディアより)

  • 九評共産党

    九評共産党から見た社説社説

    九評共産党(きゅうひょうきょうさんとう、日本語では共産党についての九つの論評、中国語(普通話)ではJiǔpíng Gòngchǎn dǎng)は、大紀元が2004年11月18日に発表した、中国共産党を批判した社説。1963年に人民日報上でソビエト連邦共産党を批判した文章である「九評蘇共」の体裁を模している。九評共産党 フレッシュアイペディアより)

158件中 11 - 20件表示

「社説」のニューストピックワード