121件中 11 - 20件表示
  • テキスポ

    テキスポから見た社説社説

    ジャンルは、「小説」、「コラム」、「日記」、「社説」などがカテゴリとして用意されている。テキスポ フレッシュアイペディアより)

  • 新s

    新sから見た社説社説

    新sのウェブサイトには、3紙の1面及び社会面のニュース記事、社説、1面コラム(春秋、天声人語、編集手帳)、書評などの見出しや本文の一部が並べて掲載されており、利用者は3紙の記事を比較して読むことができた。ただし、このウェブサイト自体には全文は掲載されておらず、見出しをクリックすることによりリンク先の各紙サイトに掲載された記事などの全文を読むことができるシステムになっていた。更新は、朝刊、夕刊の発行に合わせて7時過ぎと16時過ぎの1日2回行われ、1週間分のバックナンバーも閲覧することができた。新s フレッシュアイペディアより)

  • ジャパンタイムズ社説集

    ジャパンタイムズ社説集から見た社説社説

    『ジャパンタイムズ社説集』(じゃぱんたいむずしゃせつしゅう)は、英字新聞ジャパンタイムズの社説を抄録した逐次刊行物。しばしば入学試験の英語長文読解問題に引用されるため、受験対策として推薦されることが多い。ジャパンタイムズ社説集 フレッシュアイペディアより)

  • 久留米日日新聞

    久留米日日新聞から見た社説社説

    1面に社説久日時評を掲載久留米日日新聞 フレッシュアイペディアより)

  • 時事新報

    時事新報から見た社説社説

    論調は、明治10年代になって明らかに国権論に傾斜し始めた福沢諭吉は、創刊時より『時事小言』および『時事新報』の社説で、かくも性急に、しかも徹底的に国権論的主張を展開し、社説には、朝鮮に関する論説や中国にかかわるさまざまな形の東洋政略を論じたものがきわめて多くなった。この国権論を旧・水戸藩出身の高橋義雄・渡辺治・井坂直幹・石河幹明が紙面で引き継ぎ、水戸中学系の松木直己が協力した。時事新報 フレッシュアイペディアより)

  • Op-ed

    Op-edから見た社説社説

    Op-ed (opposite the editorial page、オプイド)とは新聞の記事のうち通常、発行元の新聞社とは関係の無い著名人が意見や見解を著したもの。社説の反対側に設けられることからこの名がついた。Opinion-editorialの略とするものは誤り。社説が主に社内の編集委員によって執筆され署名されないのに対し、op-edは社外の人物が署名付きで執筆するという点が異なる。Op-ed フレッシュアイペディアより)

  • 長崎国旗事件

    長崎国旗事件から見た社説社説

    ただし、朝日新聞の社説(1958年5月11日)によれば、「外国国章損壊罪」の判例はないが、通説として「保護すべき国旗とはその国を象徴するものとして掲揚される公式の国旗のみを指し、装飾としての万国旗や歓迎用の小旗もしくは私的団体の掲げる旗は含まれない」として、今回の事件の国旗は「会場の装飾」にすぎず、中国側の反応は過激すぎると批判した。長崎国旗事件 フレッシュアイペディアより)

  • 芸大事件

    芸大事件から見た社説社説

    『音楽芸術』1982年4月号では、團伊玖磨がこの事件を機に東京芸大を廃校にせよ、関係者は総辞職せよと主張。『朝日新聞』は1981年12月30日の社説で海野を政界から司法界にまで及ぶ金権体質や腐敗の象徴として批判するとともに、1982年2月8日、2月10日、2月12日の各夕刊に「『芸大事件』の中で考える」と題する記事を連載し、記事の中で伊達純や角倉一朗、別宮貞雄がマスコミを非難した。『毎日新聞』1982年5月14日号では、編集委員の原田三朗が「学外個人レッスン」の解禁を非難。『読売新聞』1982年2月18日夕刊では、丹羽正明が海野を「音楽に寄せていた人々の信頼を裏切った」と非難するなど、この事件はマスコミに幅広い波紋と反響を呼んだ。芸大事件 フレッシュアイペディアより)

  • Block B

    Block Bから見た社説社説

    2012年1月にYoutubeにアップロードされたタイのメディアによる動画インタビューで、メンバーがタイ大洪水について悪意を感じさせる不誠実な態度を取った。この発言がタイ出身のニックン(2PM)が2012年2月19日、Twitterで「容認できない」と語った後、チャネル3、バンコック・ポスト、ネーションなど、タイのマスコミで大きく取り上げられるなど騒動となり、2月20日、リーダーのジコは頭を丸刈りにするなど、メンバー7人が謝罪した。2月24日に朝鮮日報は社説で、Block Bや韓流スターの軽率な発言が相次いでおり、「歌だけでなく品格も身に付けよ」と苦言を呈した。さらに韓国政府も芸能プロダクションに対して人格教育を行うよう要請したことが報じられた。この騒動について、U-Kissのメンバー、ドンホは、Twitterで「7000ウォンレベルの歌手だ」とつぶやいた。K-POP界はこの事態を重く受け止め、分別に欠けたままの未熟なグループの世界進出によって、日本、中国、アジアで反韓に火がつき、K-POPブームが阻害される恐れを懸念している。Block B フレッシュアイペディアより)

  • 禁煙ファシズム

    禁煙ファシズムから見た社説社説

    宮崎哲弥は朝日新聞の禁煙推進の社説内容に対し、「社説は喫煙の自由を政府の力で縛れと煽動している」「禁煙ファシストとの指摘は誇張でもなんでもない」「健康は国民の義務がナチスの厚生事業のスローガンであった」「露骨に国家統制を要求するとは一体どこのファシストか」「朝日新聞はタバコをやめたくない人もやめざるをえないよう政府が強制措置を採るべきだとでもいうのか」などと批判。個人の嗜好の問題に公権力の介入を許すのであれば、“反対論や喫煙者への配慮があるべきである”と語った。禁煙ファシズム フレッシュアイペディアより)

121件中 11 - 20件表示

「社説」のニューストピックワード