158件中 21 - 30件表示
  • 泰國世界日報

    泰國世界日報から見た社説社説

    紙面のうち、A4 - A9・12面、B9・B10面、C1・C2・C6・C7面は台湾・新北市の聯合報本社で作成した記事を使用する。社論(社説)も日によっては聯合報と同一のものを掲載することがある。泰國世界日報 フレッシュアイペディアより)

  • 神戸新聞の7日間

    神戸新聞の7日間から見た社説社説

    論説委員長。震災3日後の20日、社説「被災者になって分かったこと」を執筆。神戸新聞の7日間 フレッシュアイペディアより)

  • 新s

    新sから見た社説社説

    新sのウェブサイトには、3紙の1面及び社会面のニュース記事、社説、1面コラム(春秋、天声人語、編集手帳)、書評などの見出しや本文の一部が並べて掲載され、利用者は3紙の記事を比較して読むことができた。ただし、このウェブサイト自体には全文は掲載されず、見出しをクリックすることによりリンク先の各紙サイトに掲載された記事などの全文を読むことができるシステムになっていた。更新は、朝刊、夕刊の発行に合わせて7時過ぎと16時過ぎの1日2回行われ、1週間分のバックナンバーも閲覧することができた。また、各紙の記事などのほかに、「新聞案内人」と名付けた各界の著名人によるマスメディア評などのコラムも掲載されていた。新s フレッシュアイペディアより)

  • 香港早晨

    香港早晨から見た社説社説

    地元新聞の社説要約香港早晨 フレッシュアイペディアより)

  • テキスポ

    テキスポから見た社説社説

    ジャンルは、「小説」、「コラム」、「日記」、「社説」などがカテゴリとして用意されている。テキスポ フレッシュアイペディアより)

  • 縮約

    縮約から見た社説社説

    大野晋の著書『日本語練習帳』では、「要約」との違いを強調して「地図で縮尺というように、文章全体を縮尺して、まとめること」とされている。大野の実践では、題材は新聞の社説で、社説の文章を400字(1行20字詰め20行の原稿用紙)ちょうどにまとめるものである。なお、これと類似の方法は公文式における国語の読解力養成にもみられるが、その名称は「要約法」であり、独自の文章教材を用いる点が異なる。縮約 フレッシュアイペディアより)

  • 1911年の政治

    1911年の政治から見た社説社説

    読売新聞が社説で国定教科書における南北朝並立の記述を批判、いずれの皇統が正当かをめぐり帝国議会での論争に発展。(南北朝正閏問題)1911年の政治 フレッシュアイペディアより)

  • 板倉卓造

    板倉卓造から見た社説社説

    庄原英学校を経て1903年、慶應義塾大学政治学科卒業。1905年恩師の福沢諭吉が創立した「時事新報」に入り社説を担当。自由主義の論陣を張り、福沢亡きあとの「時事新報」の論壇を支えた。1907年英米仏に留学。帰国後、1910年慶應義塾大学法学部教授となる。温厳あわせもつ独特の風格と深遠な学識をもって学生を魅了、1944年退職まで国際法を講じた。かたわら「時事新報」の社説担当記者を務め1923年主筆となる。関東大震災当時、大杉栄が憲兵隊に虐殺されたとき、板倉はいちはやく事件を暴露するとともに軍部の責任を厳しく追及、憲兵隊の脅迫を受けたが怯まなかった。1944年、慶應義塾大学教授を退職し名誉教授。板倉卓造 フレッシュアイペディアより)

  • 長崎国旗事件

    長崎国旗事件から見た社説社説

    ただし、朝日新聞の社説(1958年5月11日)によれば、「外国国章損壊罪」の判例はないが、通説として「保護すべき国旗とはその国を象徴するものとして掲揚される公式の国旗のみを指し、装飾としての万国旗や歓迎用の小旗もしくは私的団体の掲げる旗は含まれない」として、今回の事件の国旗は「会場の装飾」にすぎず、中国側の反応は過激すぎると批判した。長崎国旗事件 フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ合衆国のニュース・メディア

    アメリカ合衆国のニュース・メディアから見た社説社説

    アメリカには数千の新聞社が存在する。国内全域で入手可能な新聞には、地方紙の最大手・ニューヨーク・タイムズと、2大全国紙とされているウォールストリート・ジャーナル、USAトゥデイなどがある。アメリカでは伝統的に全国紙よりも地方紙が好まれる。地方紙は紙面全ての記事を自社のみで作成するのは不可能であり、シンジケートと呼ばれる通信社から記事を購入する。シンジケートの代表例としては、ニューヨークタイムズ・ニューズ・サーヴィス、トリビューン・メディア・サーヴィス、ノース・スター・ライターズ・グループなどがある。シンジケートは一般の記事の他にも、社説、コラム、コミック・ストリップなどを扱っており、優秀な書き手は獲得競争の対象となる。コラムの執筆者はシンジケーティッド・コラムニストと呼ばれる。コミック・ストリップ専門のシンジケートも多く存在する。アメリカ合衆国のニュース・メディア フレッシュアイペディアより)

158件中 21 - 30件表示

「社説」のニューストピックワード