121件中 31 - 40件表示
  • 黄禹錫

    黄禹錫から見た社説社説

    また、捏造が発覚して最終的に反省文を発表した中央日報をはじめとした韓国主要メディアのサイトには「科学・技術」関連のカテゴリーが存在せず、本件を科学的に考察する報道姿勢もほとんど無く、最初から黄禹錫という「偉大な韓国人」にまつわる愛国主義的な政治・社会記事として報じられていた。また、日本人が自然科学系のノーベル賞を受賞する度に、韓国の主要新聞やテレビなどのマスメディアは「日本人は?人も受賞したのに、なぜ我が国は一人も受賞できないのか」といった様な社説や論評を載せ、韓国国民の愛国的対日民族意識を鼓舞していた。これらの韓国のメディアの発信をうけ、インターネット上で韓国のネチズンが烏合の衆と化して黄禹錫に対する狂信的な世論をますます醸成した。つまり、韓国の大衆とメディア関係者の過剰な愛国的民族主義と対日劣等感、科学全般にわたるリテラシーの低さが、このような騒動を拡大助長したともいえる。黄禹錫 フレッシュアイペディアより)

  • リナシティかのや

    リナシティかのやから見た社説社説

    「『大隅一のにぎわい』を取り戻したい」(南日本新聞・2006年12月28日付社説リナシティかのや フレッシュアイペディアより)

  • 岐阜新聞

    岐阜新聞から見た社説社説

    社説は共同通信が配信する物を題名だけ変えてそのまま使用。日本の県域新聞の多くはこの形をとっている。岐阜新聞 フレッシュアイペディアより)

  • 大西斎

    大西斎から見た社説社説

    1917年、上海特派員、1919年、北京特派員となり、1924年に帰国後、東京朝日新聞に転じる。1925年、支那部長、1929年、ロンドン海軍軍縮会議の特派員となる。1930年に帰国後、東京朝日新聞論説委員となり、1931年、満州事変の10日前の9月8日に、社説において、「支那側の対日態度にかんがみ、外務といはず、軍部といはず、はたまた朝野といはず、国策発動の大同的協力に向つて、その機運の促進と到来とをこの際日本のため痛切に希望せざるを得ない。」と記し、軍事行動を容認する姿勢を見せた。これは、それまで「中国との協調路線」、「普通選挙実現」、「軍縮の断行」を積極的に提唱してきた朝日新聞の「変節」として、後に多く語られるところとなる。大西斎 フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ合衆国のニュース・メディア

    アメリカ合衆国のニュース・メディアから見た社説社説

    アメリカには数千の新聞社が存在する。国内全域で入手可能な全国紙はニューヨーク・タイムズ、ウォールストリート・ジャーナル、USAトゥデイなどがある。アメリカでは伝統的に全国紙よりも地方紙が好まれる。地方地は紙面全ての記事を自社のみで作成するのは不可能であり、シンジケートと呼ばれる通信社から記事を購入する。シンジケートの代表例としては、ニューヨークタイムズ・ニューズ・サーヴィス、トリビューン・メディア・サーヴィス、ノース・スター・ライターズ・グループなどがある。シンジケートは一般の記事の他にも、社説、コラム、コミック・ストリップなどを扱っており、優秀な書き手は獲得競争の対象となる。コラムの執筆者はシンジケーティッド・コラムニストと呼ばれる。コミック・ストリップ専門のシンジケートも多く存在する。アメリカ合衆国のニュース・メディア フレッシュアイペディアより)

  • 本田親男

    本田親男から見た社説社説

    1912年、県立鹿児島二中入学。本田は新聞研究部へ入部、毎朝西鹿児島駅(当時)に到着する大阪毎日新聞や時事新報を受け取りに行き、放課後、部員同士で東京や大阪のニュースを読み討論した。この新聞研究部は当時の二中第3代校長が創設したもので、第3代校長は新聞の中から毎週一度、社説を選んで複写し、全校生徒に読ませて感想文を書かせた。本田は二中でジャパン・タイムスの付録、週刊学生版を愛読し、時事英語で使われる単語を暗記した。好きな学科は英語、国語、漢文で、なかでも作文は得意であったが、代数幾何はまったくの不得手だった。本田親男 フレッシュアイペディアより)

  • 慰安婦の年表

    慰安婦の年表から見た社説社説

    8月4日 『読売新聞』が「『慰安婦』問題をもてあそぶな」と題した社説で、「わざわざ韓国の反発をそそのかしているような報道がある」、中川農相が発言を撤回したのは、「歴史を捏造していた一部マスコミが、捏造への反省も訂正もないまま、重ねて問題発言だとして騒いだからだ。」と『朝日新聞』を暗に批判する。慰安婦の年表 フレッシュアイペディアより)

  • リベラシオン

    リベラシオンから見た社説社説

    リベラシオンは革新的な編集路線を明確に自認し、通常は、人種差別反対主義、フェミニズム、労働者の権利を支持している。どの政党にも属してはいないが、その理論的根源が1968年にフランスで起きた五月革命にあるため、左翼的傾向にある。共同創設者であり元編集長でもあるセルジュ・ジュリーによれば、リベラシオンは活動家の新聞ではあるが、いかなる特定政党をも支持せず、反権力の動きをとり、一般に右翼政権とも左翼政権とも関係は良くないという。リベラシオンの社説ページ(rebonds)は、多方面からの政治的見解を展開する。リベラシオンのうたう独立性、反権力傾向の例を挙げると、1993年にリベラシオンは、社会党の元大統領フランソワ・ミッテランの違法な盗聴計画をリークしている。リベラシオン フレッシュアイペディアより)

  • 香港早晨

    香港早晨から見た社説社説

    地元新聞の社説要約香港早晨 フレッシュアイペディアより)

  • サンタクロースは実在するのか

    サンタクロースは実在するのかから見た社説社説

    サンタクロースは実在するのか(Is there a Santa Claus?)は、1897年9月21日、かつて存在したアメリカ合衆国の新聞、ニューヨーク・サンに掲載された社説。新聞社に投書をした八歳の少女からの質問に答える形で、同社の記者であるフランシス・チャーチが社説を書いた。サンタクロースは実在するのか フレッシュアイペディアより)

121件中 31 - 40件表示

「社説」のニューストピックワード