121件中 41 - 50件表示
  • 朝鮮日報

    朝鮮日報から見た社説社説

    なお、漢字復活を主張している新聞でもある。以前は社説でのみ韓国の慣習に反して漢字を直接使いハングルでルビを振っていたが、これは2008年1月に他の記事と同様にハングルの後ろに括弧の中に漢字を入れる表記法に変更された。また、「月刊朝鮮」は1998年に漢字復活キャンペーンを展開し、「少年朝鮮」でも漢字教室を掲載している。朝鮮日報 フレッシュアイペディアより)

  • 米印原子力協力

    米印原子力協力から見た社説社説

    日本国内には、被爆地である広島市と長崎市をはじめとして、原子力資料情報室を筆頭とする反核運動からの反対論は根強い。元外交官の武藤友治は、 核不拡散体制強化を訴える一方で、NPT未加盟のインドへの原子力協力には応じるという、二重規範的な態度だけは、間違っても日本政府にしてほしくないと主張する。インド研究者では、岐阜女子大学南アジア研究センターの福永正明が反対を主張する。メディアでは、朝日新聞が2008年7月24日の社説において、反対の立場を表明した。米印原子力協力 フレッシュアイペディアより)

  • 偏向報道

    偏向報道から見た社説社説

    産経新聞は、えひめ丸事故において、アメリカ政府およびアメリカ海軍を弁護擁護する主張を繰り返した。他にも日教組大会拒否問題をその社説『主張』で取り上げたのは他紙の5日後であり、記者が組合員にバッシングされた事まで記述していた。ただし、同事件の当事者であり当時の内閣総理大臣であった森喜朗はメディアによる偏向報道を重ねて批判しており、代表的な事例として、事件が起きた時点でゴルフ場にとどまったことをマスコミが批判した際、事件当時は冬であったにも関わらずテレビ各局が半年前の夏に撮影された箱根でのゴルフの姿を繰り返し放送したことなどを挙げている。偏向報道 フレッシュアイペディアより)

  • 中川秀直

    中川秀直から見た社説社説

    新聞記者出身らしく、自らのホームページ1のコラム連載を一日も欠かしたことがない。各紙社説や論説記事のほぼ全文を転載して叩き台とし、自らの所見を「中川の眼」と題し展開するスタイルが多い。その後、掲載媒体をウェブサイトからブログに移し、タイトルを「中川の眼」から「トゥデイズアイ」に変更した。中川秀直 フレッシュアイペディアより)

  • 徳島新聞

    徳島新聞から見た社説社説

    ただし、紙面はジェンダーフリーを全面的に支持したり(2003年6月30日社説)など、リベラル(左派的)なスタンスを持っているとされている。その一方、高速道路建設・道路特定財源見直しには一貫して反対していた。「青少年の保護」を理由とする表現規制に肯定的である(2006年1月18日社説)。徳島新聞 フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ炭疽菌事件

    アメリカ炭疽菌事件から見た社説社説

    攻撃の直後、ホワイトハウスは繰り返し「アルカーイダによる同時多発テロの第2波攻撃である」との証明をするためにFBI長官であるロバートミュラーに対し圧力をかけており、アメリカ合衆国大統領立会いの朝の緊急情報会議でミューラーはこの使用された炭疽菌がウサーマ・ビン=ラーディン側近らにより製造された物であるとの証拠が出せなかったために殴られている。退職した元FBI上級捜査官の一人は「彼らは実際に中東の誰かのせいにしたかった」と証言している。FBIは捜査初期段階でこの炭疽菌は高度な知識と設備が必要な環境下でしか培養できない物であり、テロリストが篭っているであろう洞窟などの環境下では到底生産できる物では無いと理解していた。同時期に大統領であるジョージ・W・ブッシュと副大統領のディック・チェイニーはアルカーイダとの関係性に関しての推測を行っていた事が公式声明から判明している。また、イギリスのガーディアン紙は10月前半にアメリカ人の科学者が炭疽菌の原因としてイラクを巻き込んでいると報じ、この翌日にはウォールストリートジャーナル紙が社説で「この炭疽菌はイラクで生産された菌をアルカーイダが郵送したものである」と報じた。この数日後にはデイヴィッド・レターマン・ショーに出演したジョン・マケインがこの炭疽菌がイラクから齎された物である可能性を示唆し、更にその翌週にはABCニュースが炭疽菌に幾つかのイラク土壌の鉱物を含んでいたと報じている。アメリカ炭疽菌事件 フレッシュアイペディアより)

  • CCC制度

    CCC制度から見た社説社説

    2009年5月13日 - 読売新聞は社説で「製品情報の流失を阻止せよ」と題し中国の譲歩は日本、米国、欧州の政府や企業が知的財産権の侵害であるとの反発を受けたものであると述べている。また高度な技術情報の流出の懸念から日本企業などが輸出を抑制し、結果として中国にとってもプラスにならないとしているCCC制度 フレッシュアイペディアより)

  • 杉浦重剛

    杉浦重剛から見た社説社説

    のちに、読売・朝日新聞の社説を担当となり、三宅雪嶺、志賀重昂らと政教社発行の「日本人」(のちに「日本及日本人」)や新聞「日本」の刊行に力を尽くす。それらによって国粋主義を主張し、当時の社会に影響を波及させる。明治22年(1889年)には日本倶楽部をつくり、大隈重信の不平等条約改正案に反対する。小石川区議員を経て、翌年明治23年(1890年)第1回衆議院議員総選挙に大成会から出馬し当選。しかし翌年に辞職した。杉浦重剛 フレッシュアイペディアより)

  • 第45回衆議院議員総選挙

    第45回衆議院議員総選挙から見た社説社説

    一部新聞社説は工程表がないことを批判している。第45回衆議院議員総選挙 フレッシュアイペディアより)

  • 板倉卓造

    板倉卓造から見た社説社説

    庄原英学校を経て1903年、慶應義塾大学政治学科卒業。1905年恩師の福沢諭吉が創立した「時事新報」に入り社説を担当。自由主義の論陣を張り、福沢亡きあとの「時事新報」の論壇を支えた。1907年英米仏に留学。帰国後、1910年慶應義塾大学法学部教授となる。温厳あわせもつ独特の風格と深遠な学識をもって学生を魅了、1944年退職まで国際法を講じた。かたわら「時事新報」の社説担当記者を務め1923年主筆となる。関東大震災当時、大杉栄が憲兵隊に虐殺されたとき、板倉はいちはやく事件を暴露するとともに軍部の責任を厳しく追及、憲兵隊の脅迫を受けたが怯まなかった。1944年、慶應義塾大学教授を退職し名誉教授。板倉卓造 フレッシュアイペディアより)

121件中 41 - 50件表示

「社説」のニューストピックワード