158件中 41 - 50件表示
  • 須藤克三

    須藤克三から見た社説社説

    1947年には混乱の責任を取って引責辞任するが、引き続き非常勤嘱託で論説委員を担い社説、文化欄を担当した。またそのころから農山村へ深く関わりながら、教育文化運動の実践に傾注しはじめた。須藤克三 フレッシュアイペディアより)

  • 清武町

    清武町から見た社説社説

    「清武町住民投票」『宮崎日日新聞』 2009年2月25日付社説清武町 フレッシュアイペディアより)

  • 隔離演説

    隔離演説から見た社説社説

    演説に対する世間の反応は様々であった。著名漫画家で4コマ漫画「」の作者のは、ローズヴェルトを痛烈に批判してきた人物であるが、彼はニューヨーク・サンの広告枠を2ページ分購入して演説を攻撃した。さらに、演説はウィリアム・ランドルフ・ハーストが所有する数々の新聞社やシカゴ・トリビューンのロバート・R・マコーミックから酷評されたが、のちに一部社説が示したところによれば、米国のメディアは概して演説を認めていた。隔離演説 フレッシュアイペディアより)

  • 机「9」文字事件

    机「9」文字事件から見た社説社説

    毎日新聞は1988年12月31日付の社説で、事件を「究極の劇場犯罪」と位置付けた上で、事件は「袋小路に追いつめられた若者たちが、自らの存在を顕示しようとするパフォーマンス」であったとした。また中村希明は『怪談の心理学』において事件は「管理化のすすむ中学校への異議申し立てのパフォーマンスであったのではないか。」と評した。机「9」文字事件 フレッシュアイペディアより)

  • 本田親男

    本田親男から見た社説社説

    1912年、県立鹿児島二中入学。本田は新聞研究部へ入部、毎朝西鹿児島駅(当時)に到着する大阪毎日新聞や時事新報を受け取りに行き、放課後、部員同士で東京や大阪のニュースを読み討論した。この新聞研究部は当時の二中第3代校長が創設したもので、第3代校長は新聞の中から毎週一度、社説を選んで複写し、全校生徒に読ませて感想文を書かせた。本田は二中でジャパン・タイムスの付録、週刊学生版を愛読し、時事英語で使われる単語を暗記した。好きな学科は英語、国語、漢文で、なかでも作文は得意であったが、代数幾何はまったくの不得手だった。本田親男 フレッシュアイペディアより)

  • 映画の盗撮の防止に関する法律

    映画の盗撮の防止に関する法律から見た社説社説

    主要な全国紙では、産経新聞が「映画盗撮防止法 賊版封じに厳罰は当然」と題する社説を2007年4月2日付で掲載し、本法律の制定を全面的に支持する論評を行っている。同社説では、一部からは重過ぎるとの指摘がある刑事罰(10年以下の懲役または1000万円以下の罰金、併科あり)について、「違法なコピーや海賊版づくりは創作活動の健全な発展に冷水を浴びせる重罪行為といえる。その社会的影響の大きさを考えれば、むしろ妥当な量刑であろう」として、支持する意見を表明している。読売新聞も4月8日の社説で、「盗撮のほとんどが犯罪を目的としている。到底、許されることではない」、「自民党がまとめた法案では、最高で懲役10年か罰金1000万円を科す、という厳しい罰則も盛り込んでいる。早急に成立を目指すべきだ」として、刑事罰の内容を支持した。映画の盗撮の防止に関する法律 フレッシュアイペディアより)

  • プラウダ批判

    プラウダ批判から見た社説社説

    プラウダ批判(プラウダひはん)は、1936年1月28日のソ連共産党中央委員会機関紙『プラウダ』に掲載された、ショスタコーヴィチのオペラ『ムツェンスク郡のマクベス夫人』を批判する社説のことである。1930年代のスターリン主義における、文化弾圧の代表的事件として知られている。また、社説掲載以後のショスタコーヴィチに対する冷遇を指すこともある。プラウダ批判 フレッシュアイペディアより)

  • ケヴィン・メア

    ケヴィン・メアから見た社説社説

    在沖総領事在任中の言動に対して「軍政中の琉球列島高等弁務官と何ら変わらない」との声が上がったと琉球新報で報じられた。また2008年7月には「こんな総領事は要らない、平成のキャラウェイ気取りはやめよ」と琉球新報から社説で非難された。ケヴィン・メア フレッシュアイペディアより)

  • リナシティかのや

    リナシティかのやから見た社説社説

    「『大隅一のにぎわい』を取り戻したい」(南日本新聞・2006年12月28日付社説リナシティかのや フレッシュアイペディアより)

  • コロンビア自衛軍連合

    コロンビア自衛軍連合から見た社説社説

    潜在的な免責についての議論では多くのコロンビアのメディアに加えシカゴ・トリビューンとニューヨーク・タイムズの社説にも批判的な見解が示されたように、国際的・コロンビアのメディア共に明確な態度を示した。いくつかの社説の主な論調は、国際社会が免責を最小限にする必要な法的な枠組みができるまで、武装解除の過程への資金提供を支援すべきでないというものだった。この立場はカルタヘナでの支援者の会議で国際社会の代表によって確認された。12コロンビア自衛軍連合 フレッシュアイペディアより)

158件中 41 - 50件表示

「社説」のニューストピックワード