121件中 51 - 60件表示
  • 東京新聞

    東京新聞から見た社説社説

    また、中日新聞社発行各紙や北海道新聞、西日本新聞などブロック紙3社連合に加盟している新聞に掲載される小説や4コマ漫画(朝刊は、2007年3月8日まで佃公彦作の「ほのぼの君」、同年7月1日か2011年12月31日まではさくらももこ作の「ちびまる子ちゃん」、2012年2月1日からは森栗丸作の「おーい 栗之助」を連載)は、中日新聞東京本社から配信される。また、中日新聞からの企画では、岡井隆の「けさのことば」(朝刊3面に掲載)や生活家庭面の一部記事が東京新聞にも掲載されている。国際欄および夕刊に掲載されている「世界の街角から」は中日新聞と東京新聞と同一になっている。社説は原則的に中日新聞と同一だが、中日新聞が愛知県政、名古屋市政など中京圏特有の課題を掲載する場合は、東京新聞独自の社説に差し替えられる場合もある。なお社説は中日新聞同様、本文の内容を要約したリード文が付随する(1970年3月より)。東京新聞 フレッシュアイペディアより)

  • 伊勢新聞

    伊勢新聞から見た社説社説

    社説はないが、週に一度掲載される「論壇」や元民社党委員長の塚本三郎のコラムなど、政治的なテーマを中心に保守的な論調をとっている。当時の内閣総理大臣小泉純一郎の「靖国神社」参拝を積極的に支持したが、これは日本で内閣総理大臣の「靖国神社」参拝を支持した新聞は三紙しかないうちのひとつである。他の二紙は産経新聞、岩手県の東海新報である(この3紙は記事中の年号表記が元号表記中心というのも共通している)。教育基本法改定にも積極的な姿勢であった。伊勢新聞 フレッシュアイペディアより)

  • 菊タブー

    菊タブーから見た社説社説

    俳優の天本英世は、天皇制と昭和天皇の戦争責任を不問にする風潮、政府、文部省を批判して、『テレビの収録で言及するとその部分は全てカットされる。こういう事をしている限り日本人はいつまでたっても自立出来ない』と述べた。またフランクフルター・アルゲマイネ・ツァイトゥングは即位の礼や大嘗祭が終った直後、1990年(平成2年)12月3日付け社説で「日本は本当に民主主義的になったのだろうか? 日本では民主主義という概念が西欧とは違った理解のされ方をしているということだ。自分の都合のいいように理解する実利主義的な考え方が政治や日常生活を特徴づけている」と論じている。菊タブー フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・シーゲンソーラー ウィキペディア経歴論争

    ジョン・シーゲンソーラー ウィキペディア経歴論争から見た社説社説

    シーゲンソーラーは1960年代に司法長官ロバート・ケネディの補佐官を務め、1982年から1991年にかけては「USAトゥディ」論説主幹を務めたジャーナリストである。アメリカ新聞編集者協会会長も歴任した。ジョン・シーゲンソーラー ウィキペディア経歴論争 フレッシュアイペディアより)

  • クロスオーナーシップ (メディア)

    クロスオーナーシップ (メディア)から見た社説社説

    なお、各地方局でも地方紙の資本が入っているケースがあり、特に目覚ましいのは山形県にある山形新聞社(山形新聞)である。同新聞は1960年にテレビ放送を開始した山形放送(YBC、1953年のラジオ放送開始当時は「ラジオ山形」)の設立に深く関わり、現在でも山形新聞は山形県に次ぐ山形放送第2位の大株主(9.77%を保有)で、同放送のテレビ放送では同新聞の社説を紹介するYBC社説放送が放映されている。2007年には山形メディアタワーが完成し、山形新聞社と山形放送が同居してさらなる連携の強化が図られた。クロスオーナーシップ (メディア) フレッシュアイペディアより)

  • 岩手日報

    岩手日報から見た社説社説

    トップニュースを紹介する一面、国内外・県内主要記事、社説欄『論説』を掲載する「総合」、「国際」「経済」「株式」「オピニオン」「スポーツ」「暮らし」「文化」「社会」「番組」の各面がある。岩手日報 フレッシュアイペディアより)

  • 仲井眞弘多

    仲井眞弘多から見た社説社説

    仲井眞は県内保守派に基盤を置くが、沖縄特有の問題(基地問題や歴史問題など)については前任者の稲嶺惠一同様、政府とは一線を画して地元の立場を強く主張し、譲れないものは譲れないという姿勢を見せている。『産經新聞』や『日本経済新聞』が選挙後の社説で、仲井眞の当選を喜ぶとともに仲井眞に在日米軍基地問題で政府に従うよう釘を刺したが、仲井眞は辺野古基地問題に関して、「(掃海母艦を出すのは)銃剣を突きつけているような連想をさせ、強烈な誤解を生む。防衛省のやり方はデリカシーに欠ける」と発言し、政府の強硬策を牽制した。仲井眞弘多 フレッシュアイペディアより)

  • 東京都青少年の健全な育成に関する条例

    東京都青少年の健全な育成に関する条例から見た社説社説

    青少年・治安対策本部青少年課は、3月18日のMSN産経ニュースの記事で、改正案7条における「非実在青少年」の判断について18歳未満に“見える”「表現」が全て規制の対象たり得るようにも解釈できるとする意見が寄せられたことに対し、「ランドセルや制服、教室などが明らかに描写されている場合は、18歳未満と判断される。少女のように見えても、そうした点が表現されていなければ、18歳未満とはされない」、都内施設で開催されるコミックマーケットなど同人誌即売会に条例が影響を及ぼすのではないかとの意見については「都が立ち入るなど、規制が強化されることはない」、この条例で単純所持規制の対象となる児童ポルノについては「児童ポルノ法の定義通り」とした。また産経新聞は3月23日、改正案が妥当であって反対論に誤解や曲解が目立つ、とする社説を掲載した。東京都青少年の健全な育成に関する条例 フレッシュアイペディアより)

  • 武藤敏郎

    武藤敏郎から見た社説社説

    3月12日付の『讀賣新聞』、『朝日新聞』、『日本経済新聞』、『中日新聞』(含む『東京新聞』)、『毎日新聞』、『産経新聞』といった主要各紙は、民主党に対し自制を促す社説を一斉に掲載した。しかし、同日行われた参議院における採決では、民主、共産、社民、国民新などの反対多数により武藤と伊藤は不同意となった。民主党の方針に対し、第一生命経済研究所のアナリストからは「武藤氏と副総裁候補の白川方明(まさあき)氏は、共に現在の福井俊彦日銀総裁の路線を継承すると述べたのに、両氏で同意・不同意を分ける理屈はどこにあるのか」との指摘がなされている。なお、参議院での採決時は民主党など野党系会派から造反議員が相次ぎ、川上義博、広田一、森田高は採決を棄権、大江康弘、木俣佳丈、松下新平は採決を欠席している。3月13日、衆議院は本会議にて史上二度目となる同意人事の賛否を問う討論を開催した後、武藤の総裁就任に同意した。武藤敏郎 フレッシュアイペディアより)

  • 条約改正

    条約改正から見た社説社説

    公布直後の8月28日付『時事新報』では、福澤諭吉が「純然たる対等条約、独立国の面目、利益に一毫も損する所なきもなれば今回の改正こそは国民年来の希望を達したるものとして、国家のために祝せざるを得ず」との社説を掲げ、日英新条約に讃辞を送り、井上・大隈改正案より格段にすぐれていると評価しながらも、かれらの努力があったればこその新条約であるとして交渉担当者の今までの労苦をねぎらっている。8月29日の『東京朝日新聞』社説でも伊藤内閣が絶賛され、9月1日付『東京経済雑誌』も条約改正を手放しで喜んだ。10月18日、大本営の置かれた広島で開催された第7臨時議会では、各派各党とも政府に協力し挙国一致の体制となり、新条約に関する追及や批判はほとんどなかった。条約改正 フレッシュアイペディアより)

121件中 51 - 60件表示

「社説」のニューストピックワード