121件中 61 - 70件表示
  • 米州機構

    米州機構から見た社説社説

    3月 - 事務総長選挙が行われる。“中南米の左派連合に迎合している”とインスルサを批判したワシントン・ポストの社説をめぐって議論が起きている。ブラジルのセルソ・ルイス・ヌーネス・アモリン外務大臣は「中南米の民主主義を否定するもの」とこの社説を批判した。オバマ政権は誰を推薦するか明らかにしていない。米州機構 フレッシュアイペディアより)

  • 七生養護学校事件

    七生養護学校事件から見た社説社説

    産経新聞は2002年頃から紙面や自社系論壇誌『正論』において「過激な性教育・ジェンダーフリー教育」を糾弾する論調を強めており、2003年2月23日付主張「性教育 児童に過激な内容は慎め」において「都内の公立小中学校や養護学校で計11件の不適切な性教育が行われていた」と指摘し、具体名は挙げていないものの七生養護学校の授業内容を暗に指摘すると共に「事態を重く見た都教育庁は近く調査に乗り出す方針」としており、都議3名の視察に際してもマスメディアとして唯一、記者を帯同させた。七生養護学校事件 フレッシュアイペディアより)

  • 国旗国歌条例

    国旗国歌条例から見た社説社説

    毎日新聞は社説「条例までは不必要だ」で、「思想・良心にかかわる問題をはらむ以上、行政処分の域を踏み越えて、あえて条例を定めて抑え込むのは行き過ぎ」とした。産経新聞は主張「教委も毅然たる指導せよ」で、「国旗、国歌の大切さを教える限られた機会に教師が背を向けるようでは、国旗、国歌を自然に尊重する態度をはぐくむことはできまい」と述べた。国旗国歌条例 フレッシュアイペディアより)

  • ネパール共産党統一毛沢東主義派

    ネパール共産党統一毛沢東主義派から見た社説社説

    2008年12月、毛派系の労働組合が毛派に批判的な報道をしていた新聞社・ヒマール・メディアを襲撃、約50人がオフィスに侵入、スタッフ12人が負傷した。侵入者らは毛派政権に批判的な記事の掲載の中止を求めた。12月23日、ヒマール・メディア系の新聞は社説を空欄のまま発行し、抗議の意を表した。プラチャンダ首相は12月22日、「毛派のふりをして党に汚名を着せる活動をしている不道徳な分子」の行為だと弁明している。ネパール共産党統一毛沢東主義派 フレッシュアイペディアより)

  • コロンビア自衛軍連合

    コロンビア自衛軍連合から見た社説社説

    潜在的な免責についての議論では多くのコロンビアのメディアに加えシカゴ・トリビューンとニューヨーク・タイムズの社説にも批判的な見解が示されたように、国際的・コロンビアのメディア共に明確な態度を示した。いくつかの社説の主な論調は、国際社会が免責を最小限にする必要な法的な枠組みができるまで、武装解除の過程への資金提供を支援すべきでないというものだった。この立場はカルタヘナでの支援者の会議で国際社会の代表によって確認された。12コロンビア自衛軍連合 フレッシュアイペディアより)

  • ジ・オニオン

    ジ・オニオンから見た社説社説

    『ジ・オニオン』の記事は、伝統的な新聞のパロディの形を取っており、社説、、株式市況を掲載し、伝統的な新聞のレイアウトにAP通信風の論説欄を持つ。掲載されるユーモア記事のほとんどは、ニュース種になるような日々の事件に基づいているか、よく使われる言い回しのもじり (たとえば見出しを “Drugs Win Drug War”〔麻薬との戦い 麻薬が制する〕にするなど) である。ジ・オニオン フレッシュアイペディアより)

  • 中日新聞

    中日新聞から見た社説社説

    安倍晋三が掲げた経済政策であるアベノミクスについては、2013年1月29日の中日新聞夕刊の夕歩道(夕刊コラム)において「調子に乗りすぎるなよアベノミクス」と述べている。東京新聞は、2013年2月10日の社説において「金融緩和と拡張的財政政策の組み合わせは景気を刺激する。これは経済学の教科書に必ず書いてある基本の話で、実は議論の余地はない」「本紙はこの十年ほど、一貫して金融緩和の重要性を指摘している」と述べている。中日新聞 フレッシュアイペディアより)

  • 蜷川虎三

    蜷川虎三から見た社説社説

    しかし、7期目を目指した1974年(昭和49年)の知事選では自民・公明・民社に加えて社会党右派までが推した対立候補(前社会党参議院議員だった大橋和孝。大橋は蜷川の推薦を決めた党本部の方針に背いたとして後に除名処分となる)。に大苦戦。わずか4千票の僅差でようやく当選したものの、この苦戦や自らの年齢(当時78歳)に限界を感じた蜷川は、1978年(昭和53年)に知事を引退。蜷川にとって最後の京都府本会議で、府議会議員であった野中広務は『横綱に子供が飛びかかる光景』、『議場が蜷川教授の教室』と例えた演説を行った。また、毎日新聞の社説も蜷川の引退に当たって「三十年近くにもわたって『住民の暮らしを守る』地方自治の精神を貫き通してきた」とのコメントを寄せている。その後の1978年京都知事選で、後継の杉村敏正候補が自民推薦の林田悠紀夫に敗れ、28年間にわたる革新府政は終了した。蜷川虎三 フレッシュアイペディアより)

  • 風刺漫画

    風刺漫画から見た社説社説

    風刺漫画(ふうしまんが)とは、現実の社会や政治を風刺することを目的とする漫画の一ジャンルである。新聞では社説やコラムなどとともに掲載される事が多く、1コマ・4コマといったように比較的短い作品が中心となる。風刺漫画 フレッシュアイペディアより)

  • 脱亜論

    脱亜論から見た社説社説

    『脱亜論』(だつあろん)は、新聞『時事新報』紙上に1885年(明治18年)3月16日に掲載された無署名の社説である。福澤諭吉が執筆したとされているが、原文は無署名の社説である。1933年(昭和8年)に石河幹明編『続福澤全集』第2巻(岩波書店)に収録されたため、福澤が執筆した社説と考えられるようになった。脱亜論 フレッシュアイペディアより)

121件中 61 - 70件表示

「社説」のニューストピックワード