158件中 71 - 80件表示
  • YAMABUKI JOURNAL

    YAMABUKI JOURNALから見た社説社説

    文化祭や修学旅行などの校内行事や生徒会の動向などについての記事を主に扱っており、時には生徒会内部情報筋によるリーク記事を扱う場合もある。また、社説では学校の運営方針や生徒会について批判的な論述を行っていたり、社会に対する論評を行っている。2016年の廃刊以前には英語科教諭による和訳付き英字紙面のコーナーもあった。YAMABUKI JOURNAL フレッシュアイペディアより)

  • 国語国字問題

    国語国字問題から見た社説社説

    11月12日、読売報知(今の読売新聞)は「漢字を廃止せよ」と題した社説を掲載した。同じ年の3月、連合国軍総司令部 (GHQ/SCAP) が招いた第一次アメリカ教育使節団が3月31日に第一次アメリカ教育使節団報告書を提出、学校教育における漢字の弊害とローマ字の便を指摘した。同様の動きは識字率の向上に取り組んでいた朝鮮や中国においても見られ、北朝鮮では漢字が全廃され、韓国でも漢字教育が基本的に行なわれなくなり、また中国では繁体字の漢字を全廃して、全ての文字表記をピン音とする動きもあったが、最終的には簡体字が導入された。国語国字問題 フレッシュアイペディアより)

  • 2012年の中国における反日活動

    2012年の中国における反日活動から見た社説社説

    読売新聞は9月17日と9月19日付の社説で、一連の破壊行為を「狼藉」と位置づけ「日本の対中感情は悪化するばかり」とし、中国政府による容疑者の厳正な処分、海上保安庁による万全の尖閣警備、日本政府から中国政府への日系企業と邦人の安全確保の強い申し入れ、日米両国の協力による中国への働きかけ、在日米軍の機能強化、尖閣諸島の日本領有に関する国際的アピール等の必要性を訴えた。2012年の中国における反日活動 フレッシュアイペディアより)

  • ミシェル・オバマ

    ミシェル・オバマから見た社説社説

    『ニューヨーク・タイムズ』の社説にてコラムニストのモーリーン・ダウド は以下のように書き記している。ミシェル・オバマ フレッシュアイペディアより)

  • 河野洋平

    河野洋平から見た社説社説

    2016年12月の安倍首相の真珠湾への慰霊訪問に対しての朝日新聞社からのインタビューで「中国人・韓国人に日本への怒りが相当あるのは当然だ」と述べた。さらに朝日新聞記者が「首相に対し、中国・韓国への配慮も暗に求めた」と補足したことに産経新聞は社説で両者を『理解不能』、『激しく戦ったアメリカとの歴史的な和解のための訪問で、中韓にどう配慮しろというのか。そもそも日本は韓国と戦争していない。』と強く批判した。河野を芥川龍之介の侏儒の言葉での政治家への皮肉を引用して『中途半端で要領を得ない知識・見識を振りかざす政治家より、国民の肌感覚の方がはるかにまともである。』と批判した。河野洋平 フレッシュアイペディアより)

  • 仲井眞弘多

    仲井眞弘多から見た社説社説

    仲井眞は県内保守派に基盤を置くが、沖縄特有の問題(在日米軍基地問題や歴史問題など)については前任者の稲嶺惠一同様、政府とは一線を画して地元の立場を強く主張し、譲れないものは譲れないという姿勢を見せている。『産經新聞』や『日本経済新聞』が選挙後の社説で、仲井眞の当選を喜ぶとともに仲井眞に在日米軍基地問題で政府に従うよう釘を刺したが、仲井眞は辺野古基地問題に関して、「(掃海母艦を出すのは)銃剣を突きつけているような連想をさせ、強烈な誤解を生む。防衛省のやり方はデリカシーに欠ける」と発言し、政府の強硬策を牽制した。仲井眞弘多 フレッシュアイペディアより)

  • 米印原子力協力

    米印原子力協力から見た社説社説

    日本国内には、被爆地である広島市と長崎市をはじめとして、原子力資料情報室を筆頭とする反核運動からの反対論は根強い。元外交官の武藤友治は、 核不拡散体制強化を訴える一方で、NPT未加盟のインドへの原子力協力には応じるという、二重規範的な態度だけは、間違っても日本政府にしてほしくないと主張する。インド研究者では、岐阜女子大学南アジア研究センターの福永正明が反対を主張する。メディアでは、朝日新聞が2008年7月24日の社説において、反対の立場を表明した。米印原子力協力 フレッシュアイペディアより)

  • 第192回国会の所信表明演説におけるスタンディングオベーション問題

    第192回国会の所信表明演説におけるスタンディングオベーション問題から見た社説社説

    2016年9月29日、河北新報は、コラム「河北春秋」の中で、米プロアメリカンフットボールリーグでスター選手が「虐げられている人々のために立ち上がらなければという思い」で国歌演奏時の起立を拒否した逸話を紹介し、スタンディングオベーションを本会議でした自民党議員に対し、「事前に打ち合わせがあったとも伝えられるがそこまではやらんぞという声を一人も挙げられなかったのだろうか」と論評した。同日、信濃毎日新聞は、本会議におけるスタンディングオベーションについて「演説に起立 「言論の府」損なう懸念」と題する社説を掲載し、「首相が促したのも議員が応じたのも不適切」「首相の呼び掛けに唯々諾々従った自民議員も情けない「首相1強とも言われる自民党政治の劣化を見る思いがする」と論評した。第192回国会の所信表明演説におけるスタンディングオベーション問題 フレッシュアイペディアより)

  • レイ・チャップマン

    レイ・チャップマンから見た社説社説

    メイズは直ぐに自発的にマンハッタン地区検察局へ行き、彼の証言から事故には事件性は無いとの判断が下された。事故の前からヘッドハンターだと疑われていたメイズに対する風当たりは強く、ボストン・レッドソックスとデトロイト・タイガースは合同会議を開き、共同でメイズとの対戦をボイコットする方針を表明した。セントルイス・ブラウンズはメイズを野球界から追放すべきという意見に全会一致で同意した。インディアンスの何人かの選手も二度とクリーブランドには来ないようにとメイズに警告した。タイガースのドニー・ブッシュは球団を離れてインディアンスの遊撃手としてプレーする意思がある事をマスメディアに発表し、タイ・カッブは23日の対ヤンキース戦の試合前に「可能であるなら、私はチャップマンの墓石にこう刻んでいただろう。ここに傲慢、悪質、貪欲の犠牲者が眠る」と記したノートをメイズに渡した。多くの新聞の社説が打撃用ヘルメットの開発を求める論調であり、ニューヨーク・タイムズ紙は「ビーンボールである」として激しく非難した。レイ・チャップマン フレッシュアイペディアより)

  • 人民寺院

    人民寺院から見た社説社説

    1970年代初めには、このバスを使ったキャラバンは、年4回ワシントンD.C.を含むアメリカ合衆国中に向かうようになった。1973年6月には、下院議員のが、人民寺院についての長くて冗長な説明をの中に記載している。1973年8月18日のワシントン・ポストは社説で、660人の人民寺院からの訪問者はワシントンD.C.の敷地を約1時間清掃した後、「年間の観光客賞の受賞者である」と述べた。人民寺院 フレッシュアイペディアより)

158件中 71 - 80件表示

「社説」のニューストピックワード