121件中 81 - 90件表示
  • 警察庁長官狙撃事件

    警察庁長官狙撃事件から見た社説社説

    2011年5月12日、教団主流派で構成するアレフは、警視庁が「オウム真理教によるテロ」とする内容の捜査結果を公表したことで名誉を傷つけられたとして、東京都と池田克彦警視総監を相手に5千万円の損害賠償などを求め東京地裁に提訴した。また2012年1月26日、日本弁護士連合会は、アレフの人権救済申し立てに基づき、警視庁に対して発表内容の撤回などを求める警告を行った。2013年1月15日、東京地裁は「警視庁公安部の行為は推定無罪の原則に反し、わが国の刑事司法制度の信頼を根底から揺るがす」として名誉毀損の成立を認め、アレフへ100万円の賠償と謝罪文交付を都にのみ命じ、池田(退任し、2012年9月に新設された原子力規制庁で長官)への請求は棄却した。朝日新聞も社説で“恥の上塗りという他ない、警察の完敗” “わが社は当時、警察のやり方を批判した。警察が違法行為に手を染めてどうする” “都は求償権を発動し当時の幹部(公安部長だった青木五郎など)に賠償金を負担させるべきだ”と論じている。警察庁長官狙撃事件 フレッシュアイペディアより)

  • 天声人語

    天声人語から見た社説社説

    天声人語(てんせいじんご)は、朝日新聞の朝刊に長期連載中の1面コラムである。1904年1月5日に初めて掲載され、以後、別の題名となった時期を挟みながら1世紀以上にわたって継続して掲載されている。最近のニュース、話題を題材にして朝日新聞の論説委員が執筆し、社説とは異なる角度から分析を加えている。特定の論説委員が一定期間「天声人語子」として匿名で執筆している。見出しは付けられていない。天声人語 フレッシュアイペディアより)

  • 山陰中央新報

    山陰中央新報から見た社説社説

    社説は共同通信が配信する物を題名だけ変えてそのまま使用することがある。山陰中央新報 フレッシュアイペディアより)

  • 1月19日

    1月19日から見た社説社説

    1911年 - 読売新聞が社説で国定教科書における南北朝並立の記述を批判、いずれの皇統が正当かをめぐり帝国議会での論争に発展。(南北朝正閏問題)1月19日 フレッシュアイペディアより)

  • 長谷川幸洋

    長谷川幸洋から見た社説社説

    東京新聞・中日新聞社説のほか『現代ビジネス』『FACTA』『週刊ポスト』で署名コラムを連載。テレビ朝日系列『サンデー・フロントライン』『朝まで生テレビ!』、BS朝日『激論!クロスファイア』 TBSラジオ『ニュース探究ラジオ Dig』、などテレビ・ラジオ番組にしばしば出演している。SAJスキー準指導員。長谷川幸洋 フレッシュアイペディアより)

  • ザ・コーヴ

    ザ・コーヴから見た社説社説

    『朝日新聞』『読売新聞』『毎日新聞』『日本経済新聞』『東京新聞』『中日新聞』『西日本新聞』『神戸新聞』『信濃毎日新聞』『山陽新聞』『南日本新聞』などは社説にて、映画内容の偏向性などの問題点は認めつつも上映への妨害行為は許されないとの見解を示した。また、一連の抗議行動によって映画館が映画の上映を取りやめている事態について、言論・表現の自由の侵害に対する懸念を表明した。ザ・コーヴ フレッシュアイペディアより)

  • 1898年

    1898年から見た社説社説

    3月22日 - 時事新報が社説「支那人親しむ可し」を掲載1898年 フレッシュアイペディアより)

  • 3月22日

    3月22日から見た社説社説

    1898年 - 時事新報が社説「支那人親しむ可し」を掲載。3月22日 フレッシュアイペディアより)

  • 渡邉恒雄

    渡邉恒雄から見た社説社説

    1977年、編集局総務(局長待遇)に就任、同年2月18日付の『読売新聞』社説は百里基地訴訟一審判決の違憲立法審査権の存在意義を説いていたが、1981年7月8日付紙面では一転し、二審判決の統治行為論を支持して裁判所の政治介入を制限する主張に変わった。読売新聞が渡邉の主張を取り入れて、中道から保守に傾斜していく過程の一エピソードである。同年、取締役論説委員長に就任した。1984年からは元旦の社説を執筆するようになった。1991年に読売新聞社社長、横綱審議委員、1999年には日本新聞協会会長に就任した。渡邉恒雄 フレッシュアイペディアより)

  • 日本における死刑

    日本における死刑から見た社説社説

    朝日新聞1965年1月16日の社説には「殺人が国家の名において許され、そして残されている場合がたった二つある。戦争と死刑である。(中略)極刑がなくなれば、だれでも容易に殺人のような罪を犯すであろうと見るのが普通の見解である。しかし、一段と深く考えたなら、いかなる権力も、いかなる理由も、人を殺してはならぬという制度が確立してはじめて、人の生命に手を触れてはならぬという信念が、全ての人の心に芽生えるのである」として、死刑制度廃止に賛成する主張を行っている。これに対し死刑存置論からは、おせんころがし殺人事件などで8人を殺害して、別々の裁判で2度の死刑判決が確定した栗田源蔵を引き合いに出し『世の中には特殊な極悪人がおり、淘汰する以外にない犯罪者がいるのだ』として、社会防衛上必要であるとする死刑制度存置の理由として矛先に挙げられた。結局、この法案は廃案になった。日本における死刑 フレッシュアイペディアより)

121件中 81 - 90件表示

「社説」のニューストピックワード