158件中 81 - 90件表示
  • 信玄公旗掛松事件

    信玄公旗掛松事件から見た社説社説

    この頃になると、一連の騒動は地元新聞各社によって取り上げられ、詳細に報じられ始めていた。1916年(大正5年)4月26日付山梨日日新聞では、『名松枯死の損害要求、鉄道院総裁に対して』として採り上げられ、論説(社説)では世界の事例を引用し解説した。続く4月28日付記事では『旗立松の損害は果たして取れるものか?』とする見出しで、匿名弁護士による論述が紹介され、5月4日付の記事では「賠償の責任なし」とする鉄道院側の意見が紹介された。また、山梨毎日新聞4月28日付記事では『前例の無い興味ある問題、松樹の損害賠償』の見出しで、「東京に於ける某法律家は本件は未だ前例の無い問題である」と語ったことを伝え、「欧米に於いても盛んに論争されて居るが我国では未だ大審院の判例が無い」、として権利濫用の問題にも言及している。信玄公旗掛松事件 フレッシュアイペディアより)

  • 韓国地検による産経新聞支局長名誉毀損起訴事件

    韓国地検による産経新聞支局長名誉毀損起訴事件から見た社説社説

    新潟日報は社説で、加藤前支局長への無罪判決は当然の判決であるとしたうえで、政治権力者の顔色をうかがうかのような司法の在り方を見直すべきであり、起訴をした検察の判断が厳しく問われるものであるとしている。被害者が処罰を望まないと意思表明すれば処罰できないとする規定があったにもかかわらず、朴大統領が沈黙したことや大統領府高官が責任を最後まで追及すると発言していることから検察が大統領は処罰を望んでいるとして起訴した疑念はぬぐうことはできないと批評した。韓国地検による産経新聞支局長名誉毀損起訴事件 フレッシュアイペディアより)

  • 時事新報

    時事新報から見た社説社説

    論調は、明治10年代になって明らかに国権論に傾斜し始めた諭吉は、創刊時より『時事小言』および『時事新報』の社説で国権論的主張を展開し、社説には、朝鮮に関する論説や中国に関わる様々な形の東洋政略を論じたものが極めて多くなった。この国権論を水戸藩出身で慶應同窓の高橋義雄・渡辺治・井坂直幹・石河幹明が紙面で引き継ぎ、水戸中学(現・茨城県立水戸第一高等学校)系の松木直己が協力した。時事新報 フレッシュアイペディアより)

  • ジャパンタイムズ社説集

    ジャパンタイムズ社説集から見た社説社説

    『ジャパンタイムズ社説集』(じゃぱんたいむずしゃせつしゅう)は、英字新聞ジャパンタイムズの社説を抄録した逐次刊行物。しばしば入学試験の英語長文読解問題に引用されるため、受験対策として推薦されることが多い。ジャパンタイムズ社説集 フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ炭疽菌事件

    アメリカ炭疽菌事件から見た社説社説

    攻撃の直後、ホワイトハウスは繰り返し「アルカーイダによる同時多発テロの第二波攻撃である」との証明をするためにFBI長官であるロバート・ミュラーに対し圧力をかけており、アメリカ合衆国大統領立会いの朝の緊急情報会議で、ミュラーはこの使用された炭疽菌がウサーマ・ビン=ラーディン側近らにより製造された物であるとの証拠を出せなかったせいで扱き下ろされた。退職した元FBI上級捜査官の一人は「彼らは実際に中東の誰かのせいにしたかった」と証言している。FBIは捜査初期段階でこの炭疽菌は高度な知識と設備が必要な環境下でしか培養できない物であり、テロリストが篭っているであろう洞窟などの環境下では到底生産できる物では無いと理解していた。同時期に大統領であるジョージ・W・ブッシュと副大統領のディック・チェイニーはアルカーイダとの関係性に関しての推測を行っていた事が公式声明から判明している。また、イギリスのガーディアン紙は10月前半にアメリカ人の科学者が炭疽菌の原因としてイラクを巻き込んでいると報じ、この翌日にはウォールストリートジャーナル紙が社説で「この炭疽菌はイラクで生産された菌をアルカーイダが郵送したものである」と報じた。この数日後にはデイヴィッド・レターマン・ショーに出演したジョン・マケインがこの炭疽菌がイラクからもたらされた物である可能性を示唆し、更にその翌週にはABCニュースが炭疽菌に幾つかのイラク土壌の鉱物を含んでいたと報じている。アメリカ炭疽菌事件 フレッシュアイペディアより)

  • エル・コレオ

    エル・コレオから見た社説社説

    1910年5月1日、フェルナンド、ガブリエル、エミリオのイバラ・イ・デ・ラ・レビリャ兄弟は、フアン・デ・ラ・クルスを編集長としてプエブロ・バスコ(Pueblo Vasco、バスクの人々)を創刊した。この新聞はビスカヤ県の若い員に支持され、その社説は聖職者、君主制支持者、フリー・プレス、バスク自治政府関係者などによって書かれた。最大の競合者はラ・ガセタ・デル・ノルテだった。エル・コレオ フレッシュアイペディアより)

  • Facebookへの批判

    Facebookへの批判から見た社説社説

    2006年1月24日、The Chronicle of Higher Education はアイオワ州率大学ジャーナリズム学部学部長マイケル・バジーヤによる コラム 「Facing the Facebook」によりソーシャルネットワークにかんする国民的議論を継続した。Oxford University Pressの教科書Interpersonal Divide (2005)の著者であるバジーヤは, ワイヤレス・キャンパスにおいて、授業中や会議中にFacebookなどのソーシャルネットワークを使う学生についての、全米大学教員協会の代表および高等教育の同僚の描写を記述した。バジーヤは2007年1月26日にThe Chronicle で「ワイヤレスで注意散漫」というフォローアップ記事を書き、全米で教室でノートパソコンを禁止する教授がでてきていると述べた。同様に、全米キャンパス活動協会,ジャーナリズムおよびマスコミュニケーション教育協会,などでも学生のFacebookや他のソーシャルネットワーク利用の影響を論ずるセミナーやプレゼンテーションが開催されている。Facebookへの批判 フレッシュアイペディアより)

  • 地方紙

    地方紙から見た社説社説

    総じて関東地方や近畿地方では全国紙のシェアが大きく(群馬県、栃木県など一部地域に例外あり)、地方紙の読者層は全国紙程は大きくない。しかし、他の地方では圧倒的なシェアを持つ。郷土紙を自認し、全国紙を侮蔑する傾向も有る。記事や社説も市町村長・知事や地方議会の動向や、イベントに関する内容が多い。政論よりも生活密着、とも言える。地方紙 フレッシュアイペディアより)

  • 長谷川幸洋

    長谷川幸洋から見た社説社説

    東京新聞・中日新聞社説のほか『現代ビジネス』、『FACTA』、『週刊ポスト』、『四国新聞』で署名コラムを連載。また、テレビ・ラジオ番組にて論評や司会にて出演している。長谷川幸洋 フレッシュアイペディアより)

  • 蜷川虎三

    蜷川虎三から見た社説社説

    7期目を目指した1974年(昭和49年)の知事選では自民・公明・民社に加えて社会党右派までが推した対立候補(前社会党参議院議員だった大橋和孝。大橋は蜷川の推薦を決めた党本部の方針に背いたとして後に除名処分となる)に大苦戦。わずか4千票の僅差でようやく当選したものの、この苦戦や自らの年齢(当時78歳)に限界を感じた蜷川は、1978年(昭和53年)に知事を引退。蜷川にとって最後の京都府本会議で、府議会議員であった野中広務は『横綱に子供が飛びかかる光景』、『議場が蜷川教授の教室』と例えた演説を行った。また、毎日新聞の社説も蜷川の引退に当たって「三十年近くにもわたって『住民の暮らしを守る』地方自治の精神を貫き通してきた」とのコメントを寄せている。その後の1978年京都知事選で、後継の杉村敏正候補が自民推薦の林田悠紀夫に敗れ、28年間にわたる革新府政は終了した。蜷川虎三 フレッシュアイペディアより)

158件中 81 - 90件表示

「社説」のニューストピックワード