前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9
88件中 1 - 10件表示
  • 井上京子 (プロレスラー)

    井上京子 (プロレスラー)から見た神取忍神取忍

    全女時代は、抜群のスタミナ・スピード・テクニック・パワーを兼ね備え、ヒールでありながらあくどいファイトを行わなかったため、男女の境無しに人気を博した。対抗戦時代は、JWP、LLPWとも対戦し、神取忍ともシングルマッチを行ったが、もともと、対抗戦自体にそれほど興味を持っていたわけではなかった。次第に、自らのアイドルであり獄門党のトップであるブル中野越え、1年先輩であり心技体共に双璧といってよい存在であった豊田真奈美越えが、大きなテーマとなっていった。井上京子 (プロレスラー) フレッシュアイペディアより)

  • 憧夢超女大戦

    憧夢超女大戦から見た神取忍神取忍

    最大の目玉は(当時、一般的知名度のない)北斗晶の引退と優勝賞金1千万円がかかったV★TOPWOMANトーナメントであった。しかし、V★TOPの代表選定よりカード編成を優先してしまい、トーナメント出場者は先送りになりLLPWに関しては代表決定リーグを行うも、結局、トップの神取忍より実力、人気共に劣るイーグル沢井に決定したり、FMWのナンバー2だったコンバット豊田を出すなど、話題に欠けた。当時存在した女子プロレス団体が一堂に会したが、リングが豆粒大にしか見えない内野席でも1万円という高額の入場料も不評でスタンド席は、わずかしか埋まらず、グラウンド席も空席が多かった。(主催者発表の観客数と現実とは大きな差がある)憧夢超女大戦 フレッシュアイペディアより)

  • ジャパン女子プロレス

    ジャパン女子プロレスから見た神取忍神取忍

    元全女のジャッキー佐藤、ナンシー久美とシュートボクシングの風間ルミ、柔道の神取忍を四天王とし、アイドル系の尾崎魔弓、キューティー鈴木、悪役(ヒール)のイーグル沢井などを輩出した。ジャパン女子プロレス フレッシュアイペディアより)

  • タレント政治家

    タレント政治家から見た神取忍神取忍

    その後も自由連合のような極端な事例こそないものの、参院選の比例区を中心としたタレントの擁立は続き、2004年参議院選挙では神取忍(自民党・繰上げ当選)、荻原健司(自民党)、喜納昌吉(民主党)、2007年参議院選挙では丸山和也(自民党)、横峯良郎(民主党)、2010年参議院選挙では谷亮子(民主党)、三原じゅん子(自民党)らが比例区で当選を果たしている。タレント政治家 フレッシュアイペディアより)

  • 女子プロレス

    女子プロレスから見た神取忍神取忍

    女子プロレスと芸能の関係は非常に深い。1970年代に活躍したマッハ文朱はレスラーと並行して歌手としても活動して女子プロレスの地位向上に貢献し、引退後はタレントに本格転向した。マッハはいわゆるタレントレスラーの嚆矢となり、この流れは後にビューティー・ペアに受け継がれ、彼女らのレコードが大ヒットするなど社会現象を起こした。一方、全女では所属選手の映画・ドラマ出演も積極的に行われ、団体自体が全面協力することも多かった。以降も女子プロレスラーは歌手・女優のみならず、ダンプ松本やアジャ・コング、神取忍のようにキャラクターを生かしてバラエティ番組に進出したり、キューティー鈴木や井上貴子のように写真集を出版するなどリング外にも活動範囲を広げていった。女子プロレス フレッシュアイペディアより)

  • 北斗 晶

    北斗晶から見た神取忍神取忍

    1993年から1997年にかけての団体対抗戦時代には神取忍と血みどろの抗争を繰り広げ、デンジャラスクイーンと呼ばれるようになる。後に神取との試合を聞かれると、「プロレス観が決定的に違う」と述べている。試合後の毒舌マイクパフォーマンスも人気を呼んだ。また、国内の活動と平行して「レイナ・フブキ」のリングネームでメキシコのEMLLでも活躍したが、長期欠場に追い込まれた首などの度重なる大怪我が響いて、最後まで悲願のWWWA世界シングル王座に手が届かなかったことが惜しまれる。北斗晶 フレッシュアイペディアより)

  • 天龍源一郎

    天龍源一郎から見た神取忍神取忍

    1998年2月からフリーとなり、女子プロレスラーの神取忍とも対戦した。1999年12月10日大阪府立体育会館で行われたタイトルマッチで武藤敬司に勝利しIWGPヘビー級王座を獲得、ベイダーに続く史上2人目の全日本・新日本国内2大メジャーシングルタイトル制覇を達成した。2000年に全日本での選手大量離脱による経営危機もあって全日本に復帰。第26代及び29代三冠ヘビー級王者に輝いたほか、2001年のチャンピオン・カーニバル優勝、安生洋二とのタッグで第44代世界タッグ王者に輝くなどの活躍を果たした。天龍源一郎 フレッシュアイペディアより)

  • ドーリィ☆バラエティ

    ドーリィ☆バラエティから見た神取忍神取忍

    第24回放送で初めて声優以外のゲスト(神取忍)が登場した。ドーリィ☆バラエティ フレッシュアイペディアより)

  • ラスタとんねるず'94

    ラスタとんねるず'94から見た神取忍神取忍

    「貴王」こと石橋と「憲王」こと木梨が格闘家らを集めて闘うという設定の将棋と格闘技を組み合わせた日本で初めてのスポーツ格闘技ゲーム。出場者には各界(格闘技界、男女プロレス界、プロボクシング界、芸能界)の選手が出場。藤原喜明、アンディ・フグや佐山聡、渡辺二郎、井上貴子、豊田真奈美などをはじめ、芸能人枠で当時それほど有名でなかったよゐこもレギュラー出場していた。藤原は最初は貴王側として登場していたものの、途中から憲王側に移行している(理由は、キューティー鈴木と闘いたいから)。また、最終回の特別企画「ジャイアント将棋インテグラル」は、ジェラルド・ゴルドーやスタン・ザ・マンに神取忍やザ・グレート・サスケなど豪華なメンバーを集めて開催された。特にUWF絡みで因縁のあった藤原VS佐山の対決や、レギュラーだったアンディ・フグとスタン・ザ・マンのボクシング対決は当時としては夢のカードだった(この対決は後に1996年9月1日のK-1 REVENGE '96(大阪城ホール)で実際にWMTC世界スーパーヘビー級選手権試合として行われた)。放送期間中、インテグラルを含め全9局(試合)を行ったが、試合が長い為1週では収まり切れず、3週1局(試合)放送という体裁だった。通算成績は石橋(貴王)の7勝2敗であった。ラスタとんねるず'94 フレッシュアイペディアより)

  • アジア・太平洋国会議員連合

    アジア・太平洋国会議員連合から見た神取忍神取忍

    2009年8月の第40回年次総会は、初めて台湾(台北)で開催され、台湾から馬英九総統が出席した。日本の国会議員からは山本順三、玉澤徳一郎、秋元司、大江康弘、神取忍の5名が参加。齋藤正樹財団法人交流協会台北事務所長も列席した。アジア・太平洋国会議員連合 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9
88件中 1 - 10件表示

「神取忍」のニューストピックワード