前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
103件中 1 - 10件表示
  • 井上京子 (プロレスラー)

    井上京子 (プロレスラー)から見た神取忍神取忍

    全女時代は、100Kgの巨体ながら抜群のスタミナ・スピード・テクニック・パワーを兼ね備え、更にヒールでありながら他のヒールレスラーのように凶器攻撃などのあくどいファイトを行わなかったため、男女の境無しに人気を博した。対抗戦時代は、JWP、LLPWとも対戦し、神取忍ともシングルマッチを行ったが、もともと、対抗戦自体にそれほど興味を持っていたわけではなかった。後年の文献では、全女の選手の中でも彼女とアジャ・コングのみがむやみに団体対抗戦で相手をつぶしにかからずプロレスを行う選手であったと評されている。次第に、自らのアイドルであり獄門党のトップで師匠でもあるブル中野越え、1年先輩であり心技体共に双璧といってよい存在であった豊田真奈美越えが、大きなテーマとなっていった。井上京子 (プロレスラー) フレッシュアイペディアより)

  • ドーリィ☆バラエティ

    ドーリィ☆バラエティから見た神取忍神取忍

    第24回放送で初めて声優以外のゲスト(神取忍)が登場した。ドーリィ☆バラエティ フレッシュアイペディアより)

  • 憧夢超女大戦

    憧夢超女大戦から見た神取忍神取忍

    最大の目玉は(当時、一般的知名度のない)北斗晶の引退と優勝賞金1千万円がかかったV★TOPWOMANトーナメントであった。しかし、V★TOPの代表選定よりカード編成を優先してしまい、トーナメント出場者は先送りになりLLPWに関しては代表決定リーグを行うも、結局、トップの神取忍より実力、人気共に劣るイーグル沢井に決定したり、FMWのナンバー2だったコンバット豊田を出すなど、話題に欠けメインの決勝(北斗引退試合)も引退を受け入れられないアジャが試合途中で涙を流す暗い雰囲気の中、試合後北斗は「これで引退する」と一礼しアジャから渡された赤いベルトを花道に置き、そのままリングを去るという後味の悪い結末となってしまった。当時存在した女子プロレス団体が一堂に会したが、リングが豆粒大にしか見えない内野席でも1万円という高額の入場料も不評でスタンド席は、わずかしか埋まらず、グラウンド席も空席が多かった。(主催者発表の観客数と現実とは大きな差がある)憧夢超女大戦 フレッシュアイペディアより)

  • 堀田祐美子

    堀田祐美子から見た神取忍神取忍

    2014年10月11日、東京・両国国技館で開催された「神取忍生誕50年ミスター半世紀イベント SUPER LEGEND?伝説から神話へ?」のメインイベントで、神取忍、ダンプ松本、藤原喜明、対、長与千種、天龍源一郎、堀田祐美子の6人タッグマッチに出場。堀田祐美子 フレッシュアイペディアより)

  • 女子プロレス

    女子プロレスから見た神取忍神取忍

    女子プロレスと芸能の関係は非常に深い。1970年代に活躍したマッハ文朱はレスラーと並行して歌手としても活動して女子プロレスの地位向上に貢献して引退後はタレントに本格転向。マッハはいわゆるタレントレスラーの嚆矢となり、この流れは後にビューティー・ペアに受け継がれて彼女らのレコードが大ヒットするなど社会現象を起こした。一方、全日本女子では所属選手の映画やドラマ出演も積極的に行われて女子プロレス団体自体が全面協力することも多かった。以降も女子プロレスラーは歌手、女優のみならずダンプ松本、アジャ・コング、神取忍のようにキャラクターを生かしてバラエティ番組に進出したりキューティー鈴木や井上貴子のように写真集を出版するなどリング外にも活動範囲を広げていった。女子プロレス フレッシュアイペディアより)

  • ラスタとんねるず'94

    ラスタとんねるず'94から見た神取忍神取忍

    「貴王」こと石橋と「憲王」こと木梨が格闘家らを集めて闘うという設定の将棋と格闘技を組み合わせた日本で初めてのスポーツ格闘技ゲーム。出場者には各界(格闘技界、男女プロレス界、プロボクシング界、芸能界)の選手が出場。藤原喜明、アンディ・フグや佐山聡、渡辺二郎、井上貴子、豊田真奈美などをはじめ、芸能人枠で当時それほど有名でなかったよゐこもレギュラー出場していた。藤原は最初は貴王側として登場していたものの、途中から憲王側に移行している(理由は、キューティー鈴木と闘いたいから)。また、最終回の特別企画「ジャイアント将棋インテグラル」は、ジェラルド・ゴルドーやスタン・ザ・マンに神取忍やザ・グレート・サスケなどの面々を集めて開催された。特にUWF絡みで因縁のあった藤原VS佐山の対決や、レギュラーだったアンディ・フグとスタン・ザ・マンのボクシング対決は当時としては夢のカードだった(この対決は後に1996年9月1日のK-1 REVENGE '96(大阪城ホール)で実際にWMTC世界スーパーヘビー級選手権試合として行われた)。放送期間中、インテグラルを含め全9局(試合)を行ったが、試合が長い為1週では収まり切れず、3週1局(試合)放送という体裁だった。通算成績は石橋(貴王)の7勝2敗であった。ラスタとんねるず'94 フレッシュアイペディアより)

  • LLPW-X

    LLPW-Xから見た神取忍神取忍

    1992年1月、ジャパン女子プロレスの解散後に所属選手は同団体の子会社「JWPプロジェクト」を母体にJWP女子プロレスとしての再出発を予定していた。しかし選手会が分裂してハーレー斉藤、大沢ゆかり(現:ジェンヌゆかり)、斉藤緑(現:キャロル美鳥)、二上美紀子(現:GAMI)、遠藤美月はJWPに加わらないことになった。この5人と前年にジャパン女子を退団した半田美希、穂積詩子、北村真美(現:レオ北村)のグループ、解散直前にジャパン女子を離脱した風間ルミ、神取忍が合流してLLPWを設立。旗揚げに際しては全日本女子プロレスの立野記代、長嶋美智子とジャパン女子のイーグル沢井、安田留美(現:紅夜叉)がさらに加わっている。LLPW-X フレッシュアイペディアより)

  • タレント政治家

    タレント政治家から見た神取忍神取忍

    2004年参議院選挙では神取忍(自民党・繰り上げ当選)、竹中平蔵(自民党)、荻原健司(自民党)、山谷えり子(自民党)、喜納昌吉(民主党)、白眞勲(民主党)、浮島とも子(公明党)が当選。タレント政治家 フレッシュアイペディアより)

  • ジャパン女子プロレス

    ジャパン女子プロレスから見た神取忍神取忍

    1991年10月、若手選手の半田美希、穂積詩子、北村真実(レオ北村)が代表の持丸ら当時の経営陣を批判して退団したことをきっかけに経営不安が再燃。一旦は収まったものの1992年1月、アメリカのLPWAへの遠征を申し出ていた風間ルミを会社が解雇。これに神取忍が反発して来年度の契約を更新しない姿勢を示したことで混乱して1月26日、熊本市民体育館大会を最後に解散。また運営会社は途中で変わり解散時はジャパン企画プロモーションが運営していた。ジャパン女子プロレス フレッシュアイペディアより)

  • 全日本女子プロレス

    全日本女子プロレスから見た神取忍神取忍

    10月、ジャパン女子プロレスをフリー宣言していた神取忍が大森ゆかり対長与千種戦後に参戦をアピール。ただし実現はしていない。全日本女子プロレス フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
103件中 1 - 10件表示

「神取忍」のニューストピックワード