2 3 4 5 6 7 8 9 10 11
103件中 91 - 100件表示
  • 博士と助手〜細かすぎて伝わらないモノマネ選手権〜

    博士と助手〜細かすぎて伝わらないモノマネ選手権〜から見た神取忍神取忍

    昭和プロレス名勝負集 バトルロイヤル編(アントニオ猪木=小猪木、藤波辰爾=ユリオカ、蝶野正洋=糸賀、スタン・ハンセン=福島、ジャイアント馬場=浅井、神取忍=古賀)博士と助手〜細かすぎて伝わらないモノマネ選手権〜 フレッシュアイペディアより)

  • 青木英美

    青木英美から見た神取忍神取忍

    うちのテレビにゃ色がない!(2006年1月30日‐2月2日、新宿スペース107)共演:森山周一郎、剛たつひと、神取忍、井上貴子青木英美 フレッシュアイペディアより)

  • SAKI

    SAKIから見た神取忍神取忍

    前年の秋から一緒に練習してきた1期生が脱落。残った同期のMIZUKIとともにデビューに向けトレーニングを続ける。12月29日、LLPW-X赤坂BLITZ大会でMIZUKIとともにデビュー。貴子は当初、SAKIvsMIZUKIのシングルマッチを考えていたが、社長神取忍の提案により、神取&貴子組vsブリバトでのデビュー戦となった。試合は4分37秒、貴子のツームストン・パイルドライバーでMIZUKIが敗戦。またプロレスと同時にCDデビューした。SAKI フレッシュアイペディアより)

  • ガチンコ!

    ガチンコ!から見た神取忍神取忍

    女子プロ学院(コーチ:神取忍ガチンコ! フレッシュアイペディアより)

  • J SPORTS

    J SPORTSから見た神取忍神取忍

    おはよう!かんどり体操?忍流?(出演:神取忍J SPORTS フレッシュアイペディアより)

  • チアリーダー

    チアリーダーから見た神取忍神取忍

    2005年12月放送のフジテレビ系「カスペ!・部活」と題した芸能人のスポーツや文化活動のチームのドキュメンタリー番組で、ソニン、西村知美、保田圭、神取忍らによって結成された芸能人のチアガールチーム「お台場レインボーチアーズ」が取り上げられた。チアリーダー フレッシュアイペディアより)

  • 講道館

    講道館から見た神取忍神取忍

    神取忍 - ミスター女子プロレスの異名をとるLLPW所属のプロレスラー。元々は柔道家であり、全日本選抜柔道体重別選手権(66kg級)で3連覇を達成する等国際大会で実力者でもあったが、神取自体が町道場出身だった事から講道館から優遇されなかった上、プロレスラー転向後講道館主催の大会に出入り禁止となる(テレビ朝日系「リングの魂」より)。講道館 フレッシュアイペディアより)

  • 1964年のスポーツ

    1964年のスポーツから見た神取忍神取忍

    11月3日 - 神取忍(神奈川県、プロレス)1964年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 千葉真一

    千葉真一から見た神取忍神取忍

    2010年10月22日には東京・グランドプリンスホテル赤坂で、結婚披露宴を兼ねた芸能生活50周年記念式典を開いた。もともとはアントニオ猪木・池谷幸雄・石田純一・市川亀治郎・今井雅之・内野聖陽・梅宮辰夫・岡崎二朗・ガッツ石松・川地民夫・神取忍・樹木希林・北の湖敏満・京本政樹・具志堅用高・郷田勇三・小林幸子・コロッケ・高橋英樹・竹本直一・田中好子・谷村新司・津川雅彦・十朱幸代・夏八木勲・白竜・張本勲・布施明・風吹ジュン・松井章圭・松坂慶子・美川憲一・三田佳子・やまさき十三・山本KID徳郁・横峯良郎・ラモス瑠偉ら計60名を発起人とした芸能生活50周年記念式典が先に決まっていたところ、現妻と挙式や披露宴をしていなかったため、千葉の要望で記念式典と合わせて企画された。前半の披露宴には家族でキャンドル点灯のほか、長男の俳優・真剣佑と次男からも千葉夫妻へスピーチが行われた。後半の記念式典では出演した260本の映画・テレビドラマなどが順に紹介され、息子達と空手道の演武で型と杉板の試割りを、まな娘の女優・真瀬樹里とは殺陣を披露した。勝野洋・小堺一機・夏樹陽子らは花環を贈呈し、出席者に上記発起人ほか、太田昭宏・北島三郎・関根勤・高岡早紀・高橋和也、デヴィ・スカルノ、南部虎弾、ビリー・ブランクス、堀田眞三・魔裟斗・松木安太郎ら、多数の芸能人を含む各界から約600人がお祝いに集まった。千葉は「あっという間の50年だった。まだまだ、やり残したことがあるので精進したいと思う。ハリウッドで日本の俳優を育てたい」と新たな目標を掲げた。千葉真一 フレッシュアイペディアより)

  • 藤原喜明

    藤原喜明から見た神取忍神取忍

    その技術を見込まれ、男女問わず(特に神取忍は弟子といっても良い関係で各種の関節技および一本足頭突きを伝授されている)指導を請う後輩レスラーも多い。指導者としては「指導を受けるレスラーに苦しい思いをさせることで、その辛さから逃れるために楽をすること(つまりテクニック)を身に着けるように促す。テクニックを覚え始めたそこから段階を踏んで、教えた後で「結構いけるな」と思ったら格下とスパーリングさせ、そこで技が面白いように決まったらコーチの仕事は90%終わりである」という考えの持ち主である。ZERO-ONE(現ZERO1)時代はフリーとしての参戦ながら橋本真也のタッグパートナーや若手選手の指導員としても貢献する。ただし、指導はしても弟子は取らないと発言していて、弟子入り志願者にはバトラーツに行くように勧めている。藤原喜明 フレッシュアイペディアより)

2 3 4 5 6 7 8 9 10 11
103件中 91 - 100件表示

「神取忍」のニューストピックワード