103件中 11 - 20件表示
  • MIZUKI

    MIZUKIから見た神取忍神取忍

    MIZUKIが上京して間もなく1期生が脱落。残った同期のSAKIとともにデビューに向けトレーニングを続ける。12月29日、LLPW-X赤坂BLITZ大会でSAKIとともにデビュー。貴子は当初、SAKIvsMIZUKIのシングルマッチを考えていたが、社長神取忍の提案により、神取&貴子組vsブリバトでのデビュー戦となった。試合は4分37秒、貴子のツームストン・パイルドライバーでMIZUKIが敗戦。またプロレスと同時にCDデビューした。MIZUKI フレッシュアイペディアより)

  • ガチンコ

    ガチンコから見た神取忍神取忍

    1987年7月18日の神取忍対ジャッキー佐藤ガチンコ フレッシュアイペディアより)

  • 長与千種

    長与千種から見た神取忍神取忍

    1989年に突然引退。引退の要因としては、当時長与との対戦を熱望していた神取忍との因縁を契機にジャパン女子プロレスとの対抗戦実現を狙ったのに対し、会社側から「メリットがない」と拒否されたこと(なお、復帰後も神取とはシングルマッチでは対戦していない)、さらに当時の全女の「25歳定年制」の関係から、大会ポスターでの扱いが小さくなるなど会社側が露骨に肩叩きの動きを示してきたことから、「プロレスに対する情熱が急速に冷めてしまった」と後に明らかにしている。長与千種 フレッシュアイペディアより)

  • 天龍源一郎

    天龍源一郎から見た神取忍神取忍

    1998年2月からフリーとなり、女子プロレスラーの神取忍とも対戦した。1999年12月10日大阪府立体育会館で行われたタイトルマッチで武藤敬司に勝利しIWGPヘビー級王座を獲得、ベイダーに続く史上2人目の全日本・新日本国内2大メジャーシングルタイトル制覇を達成した。2000年に全日本での選手大量離脱による経営危機もあって全日本に復帰。第26代及び29代三冠ヘビー級王者に輝いたほか、2001年のチャンピオン・カーニバル優勝、安生洋二とのタッグで第44代世界タッグ王者に輝くなどの活躍を果たした。天龍源一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 北斗晶

    北斗晶から見た神取忍神取忍

    1993年から1997年にかけての団体対抗戦時代には神取忍と血みどろの抗争を繰り広げ、デンジャラスクイーンと呼ばれるようになる。後に神取との試合の契機を聞かれると、「プロレス観が決定的に違い(客を楽しませる事やプロレスを楽しむ事に拘る自分に対して)格闘技として単純に強くなる事だけを考えてた神取が許せなかったんだと思う。」と述べている。試合後の毒舌マイクパフォーマンスも人気を呼んだ。また、国内の活動と並行して覆面レスラー「レイナ・フブキ」のリングネームでメキシコのEMLLでも活躍したが、長期欠場に追い込まれた首などの度重なる負傷が響き、悲願だったWWWA世界シングル王座には手が届かなかった。北斗晶 フレッシュアイペディアより)

  • 神取しのぶ

    神取しのぶから見た神取忍神取忍

    神取しのぶ フレッシュアイペディアより)

  • 遠藤美月

    遠藤美月から見た神取忍神取忍

    神取忍前社長の退任に伴い、社長に就任。遠藤美月 フレッシュアイペディアより)

  • スターダストスープレックス

    スターダストスープレックスから見た神取忍神取忍

    女子プロの枠を飛び出し男子プロレスにも殴りこみをかけることを狙う、中性的な風貌のレスラー。モチーフは神取忍。得意技はタイガードライバー。スターダストスープレックス フレッシュアイペディアより)

  • LLPW認定シングル王座

    LLPW認定シングル王座から見た神取忍神取忍

    旗揚げからまもなくして初代王座決定14人トーナメントを行い、それを制した神取忍が初代王座を獲得。LLPW認定シングル王座 フレッシュアイペディアより)

  • 佐々木光

    佐々木光から見た神取忍神取忍

    この世界選手権66kg級では4年前の1984年、後に女子プロレスラーとなった神取しのぶが、やはり銅メダルを獲得している。佐々木光 フレッシュアイペディアより)

103件中 11 - 20件表示

「神取忍」のニューストピックワード