前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9
81件中 1 - 10件表示
  • サッシャ・ゲッツェル

    サッシャ・ゲッツェルから見た神奈川フィルハーモニー管弦楽団神奈川フィルハーモニー管弦楽団

    また、2013年4月1日から2017年3月まで神奈川フィルハーモニー管弦楽団首席客演指揮者を務めた。サッシャ・ゲッツェル フレッシュアイペディアより)

  • 小山昭雄

    小山昭雄から見た神奈川フィルハーモニー管弦楽団神奈川フィルハーモニー管弦楽団

    在学中、ファゴットをNHK交響楽団奏者西川隆と首席奏者の霧生吉秀に師事し、神奈川フィルハーモニー管弦楽団の首席ファゴット奏者を1年間務めた。大学3年生の時、ベルリンのカラヤン・コンクールに洗足学園音楽大学オーケストラで参加。小山昭雄 フレッシュアイペディアより)

  • 金聖響

    金聖響から見た神奈川フィルハーモニー管弦楽団神奈川フィルハーモニー管弦楽団

    2009年4月から神奈川フィルハーモニー管弦楽団の常任指揮者に就任し、同年12月よりオーケストラ・アンサンブル金沢のアーティスティック・パートナーに就任した。また、2010〜2012年シーズン、フランダース交響楽団の首席指揮者を歴任した。金聖響 フレッシュアイペディアより)

  • THE ALFEE

    THE ALFEEから見た神奈川フィルハーモニー管弦楽団神奈川フィルハーモニー管弦楽団

    初日はCLASSICS NIGHTとして神奈川フィルハーモニー管弦楽団と指揮に服部克久を迎え、クラシックとの融合を図る。2日目はロックナンバーを一気に演奏と、ALFEEの幅広い音楽性を発揮した2日間だった。東京都の騒音条例により両日ともに20時半には演奏終了となった。THE ALFEE フレッシュアイペディアより)

  • 鷲見精一

    鷲見精一から見た神奈川フィルハーモニー管弦楽団神奈川フィルハーモニー管弦楽団

    1997年帰国しフリーのコントラバス奏者として演奏活動を開始。客演した楽団は東京都交響楽団、NHK交響楽団、新日本フィルハーモニー交響楽団、日本フィルハーモニー交響楽団、東京交響楽団、東京フィルハーモニー交響楽団、東京シティフィルハーモニック管弦楽団、神奈川フィルハーモニー管弦楽団、札幌交響楽団、群馬交響楽団、名古屋フィルハーモニー交響楽団、旧・新星日本交響楽団、東京佼成ウインドオーケストラ、シエナウインドオーケストラ、熊川哲也Kバレエカンパニーシアターオーケストラ、のだめオーケストラ、相模原室内合奏団、ジャパンシンフォニエッタなど多数。 またオーケストラの一員として北九州国際音楽祭、草津国際音楽祭、富士山河口湖音楽祭などに出演。クラシック以外の分野でも、サポートとして渡辺美里、THE ALFEE、さだまさし、岡本真夜、姿月あさとなどのツアー・ライヴへの出演、また多くのアーティストの録音に参加。鷲見精一 フレッシュアイペディアより)

  • 神奈川フィル

    神奈川フィルから見た神奈川フィルハーモニー管弦楽団神奈川フィルハーモニー管弦楽団

    神奈川フィル フレッシュアイペディアより)

  • 矢野義明

    矢野義明から見た神奈川フィルハーモニー管弦楽団神奈川フィルハーモニー管弦楽団

    自作品のピアノリサイタルや地域コンサートの他に、神奈川フィルハーモニー管弦楽団、神奈川交響楽団、鎌倉交響楽団、横須賀交響楽団と協奏曲を共演する。矢野義明 フレッシュアイペディアより)

  • アウター・リミッツ (バンド)

    アウター・リミッツ (バンド)から見た神奈川フィルハーモニー管弦楽団神奈川フィルハーモニー管弦楽団

    1990年代に入ると活動を停止したが、1998年に活動を再開。現在のメンバーは、塚本周成(キーボード)、杉本正(ボーカル、ベース)、川口貴(ヴァイオリン)、桜井信行(ドラムス)、荒牧隆(ギター)の5人。2007年には20年ぶりとなるアルバム「STROMATOLITE」をリリースした。なお、杉本正は神奈川フィルハーモニー管弦楽団でコントラバスを、川口貴は日本フィルハーモニー交響楽団でヴァイオリンを演奏している。塚本周成はGacktのキーボードとして活動。アウター・リミッツ (バンド) フレッシュアイペディアより)

  • TAKAO KISUGI THE VIDEO Something Else

    TAKAO KISUGI THE VIDEO Something Elseから見た神奈川フィルハーモニー管弦楽団神奈川フィルハーモニー管弦楽団

    Orchestra:神奈川フィルハーモニー管弦楽団、札幌交響楽団、宮城フィルハーモニー管弦楽団、関西フィルハーモニー管弦楽団、名古屋シティフィルハーモニーオーケストラTAKAO KISUGI THE VIDEO Something Else フレッシュアイペディアより)

  • 荘厳なる祭典

    荘厳なる祭典から見た神奈川フィルハーモニー管弦楽団神奈川フィルハーモニー管弦楽団

    序曲・荘厳なる祭典()は、山田一雄が1939年に作曲した演奏会用序曲。1940年6月に山田の母校である東京音楽学校に献呈された。楽譜の表紙に「紀元二千六百年」と記されていること、末尾に「9月30日2599東京」と記載されていることなどから、皇紀2600年奉祝曲の一つとして作曲されたものと思われる。長らく所在が不明でピアノスケッチの断片しか現存しないと思われてきたが、2011年に東京藝術大学附属図書館からオーケストラ版のスコアが発見され、2012年9月に小泉和裕指揮神奈川フィルハーモニー管弦楽団により初演された。荘厳なる祭典 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9
81件中 1 - 10件表示

「神奈川フィルハーモニー管弦楽団」のニューストピックワード