81件中 31 - 40件表示
  • 黒木岩寿

    黒木岩寿から見た神奈川フィルハーモニー管弦楽団神奈川フィルハーモニー管弦楽団

    2000年から2008年まで神奈川フィルハーモニー管弦楽団首席コントラバス奏者。2009年東京フィルハーモニー交響楽団に移籍、首席奏者に就任。水戸室内管弦楽団、サイトウ・キネン・オーケストラ、ジャパン・チェンバー・オーケストラ団員。黒木岩寿 フレッシュアイペディアより)

  • 小林美香 (フルート奏者)

    小林美香 (フルート奏者)から見た神奈川フィルハーモニー管弦楽団神奈川フィルハーモニー管弦楽団

    ウィーン国立音楽大学留学、新日本フィルハーモニー交響楽団、神奈川フィルハーモニー管弦楽団契約団員等を経てフリー。小林美香 (フルート奏者) フレッシュアイペディアより)

  • 小泉和裕

    小泉和裕から見た神奈川フィルハーモニー管弦楽団神奈川フィルハーモニー管弦楽団

    神奈川フィルハーモニー管弦楽団(特別客演指揮者 2014年-)小泉和裕 フレッシュアイペディアより)

  • 外山雄三

    外山雄三から見た神奈川フィルハーモニー管弦楽団神奈川フィルハーモニー管弦楽団

    その後、大阪フィルハーモニー交響楽団では専属指揮者を、京都市交響楽団では常任指揮者を、名古屋フィルハーモニー交響楽団では音楽総監督・常任指揮者を、仙台フィルハーモニー管弦楽団及び神奈川フィルハーモニー管弦楽団で音楽監督をそれぞれ歴任した。外山雄三 フレッシュアイペディアより)

  • 石田泰尚

    石田泰尚から見た神奈川フィルハーモニー管弦楽団神奈川フィルハーモニー管弦楽団

    1973年生まれ。国立音楽大学を首席で卒業、同時に矢田部賞を受賞。1994年から新星日本交響楽団コンサートマスター、2001年から神奈川フィルハーモニー管弦楽団ソロコンサートマスター。石田泰尚 フレッシュアイペディアより)

  • 黒岩英臣

    黒岩英臣から見た神奈川フィルハーモニー管弦楽団神奈川フィルハーモニー管弦楽団

    1981年9月から88年まで九州交響楽団常任指揮者、1985年8月から89年まで神奈川フィルハーモニー管弦楽団常任指揮者、1988年4月から94年3月まで関西フィルハーモニー管弦楽団常任指揮者を務める。2000年4月より山形交響楽団首席客演指揮者、01年10月から常任指揮者を務めた後、04年4月より同楽団名誉指揮者に就任。桐朋学園大学准教授。黒岩英臣 フレッシュアイペディアより)

  • 篠原敬介

    篠原敬介から見た神奈川フィル神奈川フィルハーモニー管弦楽団

    [オ-ケストラによるシンフォニックメルヘン”桃太郎”](神奈川フィル委嘱作品)篠原敬介 フレッシュアイペディアより)

  • 真部裕

    真部裕から見た神奈川フィルハーモニー管弦楽団神奈川フィルハーモニー管弦楽団

    ソリストとして東京フィルハーモニー交響楽団、東京藝術大学管弦研究部ソロコンサートマスターとして仙台フィルハーモニー管弦楽団、神奈川フィルハーモニー管弦楽団と共演している。真部裕 フレッシュアイペディアより)

  • 現田茂夫

    現田茂夫から見た神奈川フィルハーモニー管弦楽団神奈川フィルハーモニー管弦楽団

    1996年 神奈川フィルハーモニー管弦楽団指揮者に就任。現田茂夫 フレッシュアイペディアより)

  • 須賀田礒太郎

    須賀田礒太郎から見た神奈川フィルハーモニー管弦楽団神奈川フィルハーモニー管弦楽団

    須賀田の姪・黒澤陽子は、須賀田の楽譜を神奈川フィルの事務局に言付けた。当時の神奈川フィル事務局長・鈴木省二は、その時の事をこう振り返るじつは年に数度くらい、"これは傑作だからぜひ、おたくのオーケストラで演奏してほしい"なんていう依頼が舞い込むのです。でもそのほとんどが親類が書いたとか、自慢の息子の傑作、といった類いのもので、須賀田礒太郎の楽譜が最初に持ち込まれた時も「ああまたその類いか」と正直思いました。しかし、実際に交響詩「横浜」の譜面を見て驚きました。西洋音楽の情報が今日のように十分伝わっていたとは思えないあの時期に、これほどの作曲技法を収得し、自分の音楽として仕上げている。とても戦前の作品とは信じられませんでした。神奈川フィルはただちに須賀田の管弦楽作品のコンサートの開催を決定した。【タイトル】音楽遺産発掘、須賀田礒太郎の世界 (仮称)【主旨】横浜市出身で、戦後疎開先の栃木県田沼町で音楽振興に尽力した作曲家・須賀田礒太郎の肉筆楽譜が、死後47年振りに遺品から発見された。22曲の肉筆楽譜などの中には、管弦楽、室内楽、歌曲、合唱曲などの、極めて芸術性の高い作品のスコアもあり、田沼町教育委員会では、文化遺産としての保存を検討する傍ら、遺作の演奏の可能性について模索していると聞く。作品には交響詩「横浜」という大作もあり、神奈川フィルハーモニー管弦楽団には、1年前に遺族を通じて、情報の提供と協力の依頼が来た。当団では、須賀田氏の作品を分析、発見された作品が日本の音楽史に与える重要性について慎重に検討した。その結果、これらの作品を風化させることなく、無名の天才の音楽を再現させることは、極めて意義のある事業である、という結論に至った。他の作品の分析なども必要なため、演奏会は平成14年度末に実施することとし、現在その準備を行なっているが、当団としては単に作品を紹介するだけでなく、須賀田氏の人物像にも焦点を当て、横浜市や田沼町など、ゆかりのある関係箇所にもヒヤリングを行いながら、歴史に埋没した須賀田氏の生き方を探ってみたいと考えている。やがて、このコンサートに向け強力な助っ人が現れた。神奈川フィルの事務局に顔を見せたのは音楽評論家の片山杜秀であった。片山はただちに田沼町に飛び、町立図書館に移された須賀田の楽譜の全てに丹念に目を通し、その内容に付いて詳細な報告書を完成、コンサートの企画・選曲に力を注いだ。そしてコンサートのプログラムの解説の執筆、当日のレクチャーも担当することとなった。コンサートの指揮者には、数多くの邦人作品演奏の経験を持つ小松一彦が選ばれた。2002年2月9日、神奈川県立音楽堂において神奈川フィル「須賀田礒太郎の世界」コンサートが開催された。プログラムは次の通り。交響的序曲 (1939)、双龍交遊之舞 (1940)、東洋組曲「沙漠の情景」(1941)、交響詩「横浜」(1932) この演奏会を聴いた作曲家・池辺晋一郎は、その感想を次のように記している。この日演奏された一曲目は「交響的序曲」(1939)。管楽器群がクレッシェンドしつつ和音を奏する形が斬新。次の「双龍交遊之舞」(1940)は雅楽に基づく意欲的な作品。「東洋組曲 〈沙漠の情景〉」(1941)は当時の時局を反映したエキゾチックな曲で、ホイッスルまで駆使したオーケストレーションは華麗だ。とりわけ興味深かったのは四曲めの「交響詩〈横浜〉」。二部から成る大作だが、1932年、つまり最初期の、やや習作的なものだ。ストラヴィンスキーの「火の鳥」や「春の祭典」、またラヴェルの「ダフニスとクロエ」などにそっくりのフレーズが顔をのぞかせる。あの当時、このような新しい音楽の情報に精通し、模倣的とはいえ「書いた」ことには驚きを禁じ得ない。さらに、弦楽器のコル・レーニョや、チェレスタによる旋律など、実験的な精神にも満ちている。これは大した作曲家だぞ・・・。僕はうなった須賀田礒太郎 フレッシュアイペディアより)

81件中 31 - 40件表示

「神奈川フィルハーモニー管弦楽団」のニューストピックワード