46件中 31 - 40件表示
  • 神奈川フィルハーモニー管弦楽団

    神奈川フィルハーモニー管弦楽団から見た横浜みなとみらいホール

    財団法人神奈川フィルハーモニー管弦楽団(かながわフィルハーモニーかんげんがくだん、Kanagawa Philharmonic Orchestra)は、神奈川県のプロオーケストラのうちの一つである。横浜市保土ケ谷区にあるかながわアートホールを練習場として、アートホール内にあった事務局は現在、横浜市中区元浜町に移転している。横浜みなとみらいホールで、年9回の定期演奏会を開いているほか、県内の小中学校等で行われる移動音楽教室や、テレビ朝日の「題名のない音楽会21」やNHKの「歌謡チャリティーコンサート」などの音楽番組にも出演している。日本オーケストラ連盟正会員。神奈川フィルハーモニー管弦楽団 フレッシュアイペディアより)

  • 神奈川フィルハーモニー管弦楽団

    神奈川フィルハーモニー管弦楽団から見た交響曲第2番 (マーラー)

    2010年(平成22年) - 創立40周年記念演奏会、マーラー作曲、交響曲第2番「復活」を常任指揮者、金聖響指揮で神奈川県民ホールにて行った。神奈川フィルハーモニー管弦楽団 フレッシュアイペディアより)

  • 神奈川フィルハーモニー管弦楽団

    神奈川フィルハーモニー管弦楽団から見た神奈川県立青少年センター

    1970年(昭和45年) - 3月に鎌倉で金子登、前田孝市郎(幸市郎)が前身の「ロリエ管弦楽団」をプロ・オーケストラに改組して発足。10月7日に神奈川県立青少年センターで、大木孝雄の指揮により第1回定期演奏会を行う。神奈川フィルハーモニー管弦楽団 フレッシュアイペディアより)

  • 神奈川フィルハーモニー管弦楽団

    神奈川フィルハーモニー管弦楽団から見た中区 (横浜市)

    財団法人神奈川フィルハーモニー管弦楽団(かながわフィルハーモニーかんげんがくだん、Kanagawa Philharmonic Orchestra)は、神奈川県のプロオーケストラのうちの一つである。横浜市保土ケ谷区にあるかながわアートホールを練習場として、アートホール内にあった事務局は現在、横浜市中区元浜町に移転している。横浜みなとみらいホールで、年9回の定期演奏会を開いているほか、県内の小中学校等で行われる移動音楽教室や、テレビ朝日の「題名のない音楽会21」やNHKの「歌謡チャリティーコンサート」などの音楽番組にも出演している。日本オーケストラ連盟正会員。神奈川フィルハーモニー管弦楽団 フレッシュアイペディアより)

  • 神奈川フィルハーモニー管弦楽団

    神奈川フィルハーモニー管弦楽団から見たピアノ協奏曲第27番 (モーツァルト)

    2001年(平成13年) - ハンス=マルティン・シュナイトが6月16日、第177回定期演奏会で定期初登場。プログラムは、レスピーギ 「リュートのための古風な舞曲とアリア第3組曲」、モーツァルト「ピアノ協奏曲第27番変ロ長調 K.595」(ピアノ:伊藤恵)、モーツァルト「交響曲第40番ト短調 K.550」。神奈川フィルハーモニー管弦楽団 フレッシュアイペディアより)

  • 神奈川フィルハーモニー管弦楽団

    神奈川フィルハーモニー管弦楽団から見た保土ケ谷区

    財団法人神奈川フィルハーモニー管弦楽団(かながわフィルハーモニーかんげんがくだん、Kanagawa Philharmonic Orchestra)は、神奈川県のプロオーケストラのうちの一つである。横浜市保土ケ谷区にあるかながわアートホールを練習場として、アートホール内にあった事務局は現在、横浜市中区元浜町に移転している。横浜みなとみらいホールで、年9回の定期演奏会を開いているほか、県内の小中学校等で行われる移動音楽教室や、テレビ朝日の「題名のない音楽会21」やNHKの「歌謡チャリティーコンサート」などの音楽番組にも出演している。日本オーケストラ連盟正会員。神奈川フィルハーモニー管弦楽団 フレッシュアイペディアより)

  • 神奈川フィルハーモニー管弦楽団

    神奈川フィルハーモニー管弦楽団から見た文化庁

    1985年(昭和60年) - 特定公益増進法人としての認可を受け、神奈川県、川崎市、横浜市、文化庁からの助成を受ける。神奈川フィルハーモニー管弦楽団 フレッシュアイペディアより)

  • 神奈川フィルハーモニー管弦楽団

    神奈川フィルハーモニー管弦楽団から見た特定公益増進法人

    1985年(昭和60年) - 特定公益増進法人としての認可を受け、神奈川県、川崎市、横浜市、文化庁からの助成を受ける。神奈川フィルハーモニー管弦楽団 フレッシュアイペディアより)

  • 神奈川フィルハーモニー管弦楽団

    神奈川フィルハーモニー管弦楽団から見たかながわアートホール

    財団法人神奈川フィルハーモニー管弦楽団(かながわフィルハーモニーかんげんがくだん、Kanagawa Philharmonic Orchestra)は、神奈川県のプロオーケストラのうちの一つである。横浜市保土ケ谷区にあるかながわアートホールを練習場として、アートホール内にあった事務局は現在、横浜市中区元浜町に移転している。横浜みなとみらいホールで、年9回の定期演奏会を開いているほか、県内の小中学校等で行われる移動音楽教室や、テレビ朝日の「題名のない音楽会21」やNHKの「歌謡チャリティーコンサート」などの音楽番組にも出演している。日本オーケストラ連盟正会員。神奈川フィルハーモニー管弦楽団 フレッシュアイペディアより)

  • 神奈川フィルハーモニー管弦楽団

    神奈川フィルハーモニー管弦楽団から見た交響曲第40番 (モーツァルト)

    2001年(平成13年) - ハンス=マルティン・シュナイトが6月16日、第177回定期演奏会で定期初登場。プログラムは、レスピーギ 「リュートのための古風な舞曲とアリア第3組曲」、モーツァルト「ピアノ協奏曲第27番変ロ長調 K.595」(ピアノ:伊藤恵)、モーツァルト「交響曲第40番ト短調 K.550」。神奈川フィルハーモニー管弦楽団 フレッシュアイペディアより)

46件中 31 - 40件表示

「神奈川フィルハーモニー管弦楽団」のニューストピックワード