神奈川県央のできごと ニュース&Wiki etc.

相模国(さがみのくに)は、かつて日本の地方行政区分だった令制国の一つ。東海道に属する。 (出典:Wikipedia)

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「相模国」のつながり調べ

  • 隠れ座頭

    隠れ座頭から見た相模国

    神奈川県津久井郡では、夜中に箕を戸外に出すと、隠れ座頭が箕を借りて行ったり、踏みがら(精穀器具)で物を搗く音を立てるといい、そっと行ってみると隣の家で踏みがらを搗いていたりするという。千葉県印旛郡にも似た伝承があり、米搗きに似た音を立てることから狸の腹鼓ともいわれた。相州の津久井(現・神奈川県津久井郡)などでは踏唐臼(ふみからうす)の下に隠れている妖怪ともいわれた。(隠れ座頭 フレッシュアイペディアより)

  • 塩谷頼純

    塩谷頼純から見た相模国

    「堀江記」「堀江物語絵巻」等によれば、頼純の妻・弥生が美人であったため、時の下野国司に見初められ、これを奪うべく弥生の父・原重房をそそのかし、武蔵国と相模国の境にある上田山で、頼純は、重房に討ち取られたとされる。塩谷氏が菩提寺として信仰した寺山観音寺の記録にも「堀江三良(三郎)頼澄(頼純)公 武蔵相模ノ境ナル上田山ニテ上野板蔵(板鼻)城主原ノ左衛門重房ノ逆心ニヨツテ打ホロビ」とある。年代的には、「堀江記」「堀江物語絵巻」等に基づけば1128年頃と推測されるが定かではない。ちなみに、寺山観音寺の記録では、後伏見天皇の時代のこととしているが、頼純を川崎城主とするなど錯誤が見られ、この記述は誤りである。(塩谷頼純 フレッシュアイペディアより)

「相模国」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「神奈川県央のできごと」のニューストピックワード