前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
1157件中 1 - 10件表示
  • 神奈川県

    神奈川県から見た相模国相模国

    神奈川県は、関東地方の南西部に位置する県で、もとの相模国全域と武蔵国の一部にあたる。県の人口は'人(現在)で、総人口の約6.9%を占め、面積は'km²で、国土の約0.6%を占める。神奈川県 フレッシュアイペディアより)

  • 海老名市

    海老名市から見た相模国相模国

    東京から50km(電車で約1時間)及び横浜から20kmの圏内にあり、相模国分寺跡等を有する歴史の街である。海老名市 フレッシュアイペディアより)

  • 古河公方

    古河公方から見た相模国相模国

    貞和5年(1349年)、室町幕府は関東分国統治のために鎌倉府を設置した。関東分国には、上野国・下野国・常陸国・武蔵国・上総国・下総国・安房国・相模国・伊豆国・甲斐国(現在の関東地方と伊豆半島・山梨県)が含まれ、後には陸奥国・出羽国(現在の東北地方)も追加された。古河公方 フレッシュアイペディアより)

  • 三浦氏

    三浦氏から見た相模国相模国

    三浦氏(みうらし)は、平安時代の相模国の武家。三浦党(みうらとう)とも。三浦氏 フレッシュアイペディアより)

  • 国府津

    国府津から見た相模国相模国

    相模国の国府津が地名化したもの。曽我物語や太平記に古宇津といった形等でその名が見られる。国府津 フレッシュアイペディアより)

  • 文室巻雄

    文室巻雄から見た相模国相模国

    文室 巻雄(ふんや の まきお、弘仁元年(810年) - 仁和3年8月7日(887年8月29日)は、平安時代前期の貴族。中納言・文室綿麻呂の九男。官位は従四位上・相模守。文室巻雄 フレッシュアイペディアより)

  • 武蔵平一揆

    武蔵平一揆から見た相模国相模国

    平一揆は武蔵国・相模国・伊豆国を中心とした国人一揆である。平安時代からの在庁官人である武蔵国の秩父氏一族、相模国の中村氏一族、その他常陸国・上野国の平氏などが血縁を軸に集結した。さらに地縁によって地元の武士も参加することで、大兵力を動員することができた。代表的な人物としては、河越直重や高坂信重が挙げられる。武蔵平一揆 フレッシュアイペディアより)

  • 大山道

    大山道から見た相模国相模国

    大山道(おおやまみち・おおやまどう)とは、主に江戸時代の関東各地から、相模国大山にある大山阿夫利神社への参詣者が通った古道の総称。大山街道(おおやまかいどう)とも呼ばれる。代表的なものとして、「田村通り大山道」や「青山通り大山道」などがある。大山道 フレッシュアイペディアより)

  • 都留郡

    都留郡から見た相模国相模国

    西を山梨・八代両郡に接し、東は相模国・武蔵国と接する。古代の人口ははじめ郡域東部に遍在しており、相模川(桂川)に沿って徐々に西部が開拓されていったと考えられていることから郡域西部には変動があり、また八代郡と接する西南部の富士北麓地域も富士山噴火の影響で郡境の未確定地域があった。相模川水系を通じて相模国と密接な関係にあり、相模との国境は平安時代に策定されるまで同様に変動があった。都留郡 フレッシュアイペディアより)

  • 武士団

    武士団から見た相模国相模国

    12世紀の中葉に起こった相模国の大庭御厨の濫妨と、下総国の相馬御厨の事件は、当時における在庁官人 = 在地領主の変貌と、国司・目代との対立の激しさ、在地領主層の地位の脆弱さと限界を如実に示している。武士団 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
1157件中 1 - 10件表示

「神奈川県央のできごと」のニューストピックワード