前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
1496件中 1 - 10件表示
  • 鎌倉府

    鎌倉府から見た相模国相模国

    管国は関東10か国(相模・武蔵・安房・上総・下総・常陸・上野・下野・伊豆・甲斐)で、1392年に陸奥・出羽が追加された(ただし、1400年に奥州探題の設置によって陸奥・出羽両国に対する鎌倉府の権限が事実上削減される)。鎌倉公方・足利氏と関東管領・上杉氏はやがて対立し、1439年の永享の乱では、関東管領・上杉憲実、幕府・足利義教と戦った第4代鎌倉公方・足利持氏が敗死し、鎌倉府は長官が一時不在となった。鎌倉府 フレッシュアイペディアより)

  • 武蔵国

    武蔵国から見た相模国相模国

    本居宣長は『古事記伝』の中で「武蔵国は駿河・相模と共に佐斯国(サシ)と呼ばれ、後に佐斯上(サシガミ)・下佐斯(シモザシ)に分かれ、これが転訛し相模・武蔵となった」とし、賀茂真淵は『倭訓栞』に「身狭(ムサ)国があり、のち身狭上(ムサガミ)・身狭下(ムサシモ)に分かれて相模、武蔵となった」と唱えている。さらに近藤芳樹『陸路廼記』など「総(フサ)国の一部が分割され総上(フサガミ)・総下(フサシモ)となり、それぞれ相模・武蔵となった」とする説もあるが、これらの説は、武蔵国はかつて毛野国(群馬県・栃木県)地域と一体でありその後7世紀にヤマト王権が総国からこの地域に進出して勢力下においた、とする考古学的成果と相容れない。武蔵国 フレッシュアイペディアより)

  • 古河公方

    古河公方から見た相模国相模国

    貞和5年(1349年)、室町幕府は関東分国統治のために鎌倉府を設置した。関東分国には、上野国・下野国・常陸国・武蔵国・上総国・下総国・安房国・相模国・伊豆国・甲斐国(現在の関東地方と伊豆半島・山梨県)が含まれ、後には陸奥国・出羽国(現在の東北地方)も追加された。古河公方 フレッシュアイペディアより)

  • 海老名市

    海老名市から見た相模国相模国

    東京から50km(鉄道で約1時間)及び横浜から20kmの圏内にあり、相模国分寺跡等を有する歴史の街である。なお、地名の由来については諸説ある(後節参照)。海老名市 フレッシュアイペディアより)

  • 東海道

    東海道から見た相模国相模国

    相模国(現在の神奈川県の中部・西部)東海道 フレッシュアイペディアより)

  • 神奈川県

    神奈川県から見た相模国相模国

    神奈川県は、関東地方の南西部に位置する県で、元の相模国全域と武蔵国の一部に当たる。県の人口は'人(現在)で、総人口の約6.9%を占め、面積は'平方キロメートル (km2) で、国土の約0.6%を占める。神奈川県 フレッシュアイペディアより)

  • 滋野貞主

    滋野貞主から見た相模国相模国

    天長10年(833年)正良親王の即位(仁明天皇)に伴い正五位上と二階級の加叙を受けると、翌承和元年(834年)従四位下、承和6年(839年)従四位上と順調に昇進し、承和9年(842年)には参議に任ぜられて公卿に列した。またこの間、下総守・内蔵頭・宮内大輔・相模守・兵部大輔・大和守・弾正大弼・大蔵卿・讃岐守・式部大輔・勘解由長官と内外の多数の官職を歴任している。承和11年(844年)には私邸(城南宅)を寺として慈恩寺を建立した。貞主は座禅の合間に方々を巡り歩き、人々に慕われたという。承和12年(845年)「便宜十四事」を陳述。嘉祥2年(849年)尾張守を兼ね次いで宮内卿に遷任。滋野貞主 フレッシュアイペディアより)

  • 石田氏

    石田氏から見た相模国相模国

    北面武士であった下毛野朝臣の一族、もしくは三浦一族である相模国大住郡石田郷(現・神奈川県伊勢原市石田)の住人石田為久の末裔、あるいは京極氏に属する荘園の代官であった土豪など、出自には諸説ある。石田氏 フレッシュアイペディアより)

  • 藤原枝良

    藤原枝良から見た相模国相模国

    寛平9年(897年)醍醐天皇の即位に伴い従五位上に叙せられる。のち、讃岐守・右中弁・春宮大進/亮・修理大夫・相模権守などを歴任する一方、延喜3年(903年)正五位下・延喜6年(906年)従四位下と昇進し、延喜13年(913年)69歳にして従四位上・参議に叙任され公卿に列した。議政官として修理大輔を兼帯する傍ら、相模守・讃岐守と地方官も兼ねている。藤原枝良 フレッシュアイペディアより)

  • 都留郡

    都留郡から見た相模国相模国

    西を山梨・八代両郡に接し、東は相模国・武蔵国と接する。古代の人口ははじめ郡域東部に遍在しており、相模川(桂川)に沿って徐々に西部が開拓されていったと考えられていることから郡域西部には変動があり、また八代郡と接する西南部の富士北麓地域も富士山噴火の影響で郡境の未確定地域があった。相模川水系を通じて相模国と密接な関係にあり、相模との国境は平安時代に策定されるまで同様に変動があった。都留郡 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
1496件中 1 - 10件表示