1496件中 91 - 100件表示
  • 小山 (相模原市)

    小山 (相模原市)から見た相模国相模国

    北は境川が多摩丘陵と相模原台地の間を刻む細長い谷底の低地が占める。かつて境川はこの谷底を激しく蛇行し付近は洪水に悩まされていたが、河川改修により流路の直線化と拡幅が行われた。しかし都県境(元の相模国と武蔵国の国界)は蛇行していた元の流路をもとに定められているため、直線化された流路をはさんで相模原市(神奈川県)と町田市(東京都)が相互に川向うの飛び地を持つに至っている。小山 (相模原市) フレッシュアイペディアより)

  • 箱根峠

    箱根峠から見た相模国相模国

    律令時代に設けられた当初の東海道は箱根峠ではなく、箱根山北方にあって、相模国(南足柄市)駿河国(小山町)との境に当たる足柄峠を経由した。当時、足柄峠には足柄関が設置されていた。しかし、富士山の延暦噴火(800年 - 802年)の為に通行が困難になったため、新たに箱根峠の街道が開かれた。その後、足柄峠のルートも再開した為、二つの街道が並存した。箱根峠 フレッシュアイペディアより)

  • 田名

    田名から見た相模国相模国

    また、田名村(たなむら)は、かつて神奈川県(相模国)高座郡にあった村である。本項で合わせて述べる。田名 フレッシュアイペディアより)

  • 明知遠山氏

    明知遠山氏から見た相模国相模国

    元亀3年(1572年)12月、 武田氏の西上作戦が開始されると、織田方となっていた遠山氏は攻撃を受け、岩村城は降伏。このときに明知遠山氏の一族が相模に行き北条氏に仕え武蔵遠山氏となったという説がある。ただし武蔵遠山氏の初代は景行のおじ・直景で、彼が東国へ移動した理由は不詳である。明知遠山氏 フレッシュアイペディアより)

  • 甲斐路

    甲斐路から見た相模国相模国

    真教が甲府から笛吹市御坂町へ向かうルートは鎌倉街道の道筋にあたり、真教はさらに御坂峠を越えて富士吉田市上吉田に至り、同地に西念寺を創建する。甲府では甲斐源氏の一族である板垣兼信の子孫とされる板垣入道から帰依を受け、板垣入道は真教を神坂峠を越えて河口(富士河口湖町河口)まで送り、真教は同地で板垣と別れると同年末に相模国へ向かった。甲斐路 フレッシュアイペディアより)

  • 泣塔

    泣塔から見た相模国相模国

    泣塔(なきとう)は、日本の南関東、神奈川県鎌倉市寺分字上陣出424番(江戸時代においては相模国鎌倉郡寺分村陣出、幕藩体制下の相模国韮山代官所支配寺分村陣出)の、旧東日本旅客鉄道大船工場敷地脇に建つ、1基の宝篋印塔の通称である。泣塔の建つ一角の地名を「陣出(じんで)」といい、その名を冠して「陣出の泣塔」とも呼ばれる。泣塔 フレッシュアイペディアより)

  • 大庭景親

    大庭景親から見た相模国相模国

    大庭 景親(おおば かげちか)は、平安時代末期の相模国の武将。平良文の末裔である鎌倉景正の流れを汲む大庭氏の一族(景親は景政の曾孫にあたる)。大庭景親 フレッシュアイペディアより)

  • 普門寺 (藤沢市)

    普門寺 (藤沢市)から見た相模国相模国

    普門寺(ふもんじ)は神奈川県藤沢市本鵠沼にある高野山真言宗の寺。相模国準四国八十八箇所のうち第四十七番札所と第八十八番結願の札所がある。1872年(明治5年)から1913年(大正2年)まで、藤沢市立鵠沼小学校の前身である鵠沼学舎、尋常高等鵠沼小学校が置かれていた。普門寺 (藤沢市) フレッシュアイペディアより)

  • 藤原良尚

    藤原良尚から見た相模国相模国

    貞観19年(877年)3月10日卒去。享年60。最終官位は従四位上行右兵衛督兼相摸守。藤原良尚 フレッシュアイペディアより)

  • 小山田氏

    小山田氏から見た相模国相模国

    永正4年に甲斐守護・信縄が死去すると、信縄の子である信直(武田信虎)が家督を継承する。これに対して信直と叔父の油川信恵・岩手縄美兄弟の間で抗争が発生し、駿河国の今川氏や相模国の後北条氏(伊勢氏)など対外勢力の動向が関係して戦乱状態が続いた。小山田氏 フレッシュアイペディアより)

1496件中 91 - 100件表示

「神奈川県央のできごと」のニューストピックワード

  • 衣装たくさん着れて楽しかった

  • テレ東音楽祭2020秋

  • テレ東音楽祭2020秋 〜思わず歌いたくなる! 最強ヒットソング100連発〜