1496件中 11 - 20件表示
  • 中原街道

    中原街道から見た相模国相模国

    中原街道(なかはらかいどう)は、相模国(神奈川県)平塚と武蔵国江戸(東京)とを結ぶ街道で、多摩川を丸子で渡る。、東海道の一部としても機能していた。中原街道 フレッシュアイペディアより)

  • 橘永範

    橘永範から見た相模国相模国

    承和8年(841年)従五位下に叙爵。相模介の官職にあった承和11年(844年)俸料1万束にて墾田を得て、相模国の高座郡・愛甲郡に救急院を設置している。橘永範 フレッシュアイペディアより)

  • 橘真直

    橘真直から見た相模国相模国

    橘 真直(たちばな の まなお、弘仁7年〈816年〉 - 仁寿2年6月20日〈852年7月10日〉)は、平安時代前期の貴族。右大臣・橘氏公の三男。子に葛直がいる。官位は従四位下・相模権守。橘真直 フレッシュアイペディアより)

  • 武蔵平一揆

    武蔵平一揆から見た相模国相模国

    南北朝時代の代表的な国人一揆のひとつ。武蔵国・相模国・伊豆国を中心とした国人一揆である平一揆のうち、河越氏当主の河越直重を中心とした武蔵の国の国人一揆を言う。武蔵平一揆 フレッシュアイペディアより)

  • 栄区

    栄区から見た相模国相模国

    栄区は横浜市の南部に位置し、東西に長く(東西約7km、南北約6km)、東は金沢区、磯子区、西は戸塚区、南は鎌倉市、北は港南区に接している。旧相模国鎌倉郡(一部が高座郡に属していたとする説もある)に属し古来より鎌倉とはゆかりの深い地域である。なお金沢区との区境は武相国境である。栄区 フレッシュアイペディアより)

  • 三浦氏

    三浦氏から見た相模国相模国

    三浦氏(みうらし)は、平安時代の相模国の武家。三浦党(みうらとう)とも呼ばれる。三浦氏 フレッシュアイペディアより)

  • 山田古嗣

    山田古嗣から見た相模国相模国

    山田 古嗣(やまた の ふるつぐ、延暦17年(798年) - 仁寿3年12月21日(854年1月24日))は、平安時代初期の貴族。姓は造のち宿禰。越後介・山田益人の長男。官位は従五位上・相模権介。山田古嗣 フレッシュアイペディアより)

  • 大山道

    大山道から見た相模国相模国

    大山道(おおやまみち・おおやまどう)とは、主に江戸時代の関東各地から、相模国大山にある大山阿夫利神社への参詣者が通った古道の総称。大山街道(おおやまかいどう)とも呼ばれる。代表的なものとして、「田村通り大山道」や「青山通り大山道」などがある。大山道 フレッシュアイペディアより)

  • 後北条氏

    後北条氏から見た相模国相模国

    後北条氏(ごほうじょうし/ごほうじょううじ、旧字体表記:後北條氏)は、関東の戦国大名の氏族。本姓は平氏。家系は武家の桓武平氏伊勢氏流。室町幕府の御家人・伊勢氏の一族にあたる「北条早雲」こと伊勢盛時(1432年/1456年 - 1519年)をその祖とする。正式な名字は「北条(北條)」だが、代々鎌倉幕府の執権をつとめた北条氏とは傍系の遠い血縁関係にあるとされるものの直接の後裔ではないことから、後代の史家が両者を区別するため伊勢氏流北条家には「後」を付して「後北条」と呼ぶようになった。また居城のあった相模国小田原の地名から小田原北条氏(おだわら ほうじょうし/おだわら ほうじょううじ)あるいは相模北条氏とも呼ばれる。最大時(氏政)には関八州で240万石の一大版図を支配していた。後北条氏 フレッシュアイペディアより)

  • 陣屋

    陣屋から見た相模国相模国

    大津陣屋(神奈川県横須賀市)相模国三浦郡大津にあった。江戸湾防備のために川越藩松平家が築いた陣屋。石橋が移築現存する。陣屋 フレッシュアイペディアより)

1496件中 11 - 20件表示

「神奈川県央のできごと」のニューストピックワード

  • 衣装たくさん着れて楽しかった

  • テレ東音楽祭2020秋

  • テレ東音楽祭2020秋 〜思わず歌いたくなる! 最強ヒットソング100連発〜