1157件中 11 - 20件表示
  • 境川 (東京都・神奈川県)

    境川 (東京都・神奈川県)から見た相模国相模国

    境川(さかいがわ)は、東京都および神奈川県を流れ相模湾に注ぐ河川。二級水系の本流である。武蔵国と相模国の国境とされたことからこの名があり、現在でも上流部は概ね東京都と神奈川県の都県境となっている。かつては相模国高座郡に由来する高座川(たかくらがわ)とも呼ばれていた。また、最下流部から河口にかけては片瀬川(かたせがわ)とも呼ばれる。境川 (東京都・神奈川県) フレッシュアイペディアより)

  • 関東地方

    関東地方から見た相模国相模国

    律令制の五畿七道の交通網について、関東には畿内から陸奥国に伸びる東山道と、同じく畿内から伸びて三浦半島から海路房総半島に出て香取・鹿島に向かう東海道が整備されたと言われる。「関東」は、京の防備のために設けられた東海道の伊勢国の鈴鹿関(鈴鹿峠)、東山道の美濃国の不破関(関ケ原)、北陸道の越前国の愛発関(愛発山、あらちやま)の三関から東の全域を指した。その中でもとりわけ、「東海道の足柄関(箱根峠)から東の国」と「東山道の碓氷関(碓氷峠)から東の国」が、関東地方に当たる。陸奥国(東北地方太平洋側)との境には、白河関と勿来関が設置された。関東地方には、西から順に相模国、武蔵国、下総国、上総国、安房国、常陸国、上野国、下野国の8つの令制国が設置され、分割統治された。古くは坂東(ばんどう)といわれた。坂東は信濃国と上野国の界にあたる碓日嶺と、駿河国と相模国の界にあたる足柄坂の東の意味である。関東地方 フレッシュアイペディアより)

  • 後北条氏

    後北条氏から見た相模国相模国

    室町幕府の御家人・伊勢氏の一族だった伊勢新九郎盛時(後の早雲庵宗瑞)が1476年の今川義忠の戦死をきっかけにして起こった今川氏の内紛の際に甥の今川氏親を支援したことが伊勢氏(北条氏)が関東圏に勢力を築くきっかけとなった。後世成立の軍伝等では、この功績により氏親から駿河国興国寺城が与えられたことになっている。1493年、幕府の管領・細川政元による足利義澄の将軍擁立と連動して、伊豆国に侵入し、堀越公方の子、足利茶々丸を新将軍の母と弟の仇として討つという大義名分のもとに滅ぼし、以後積極的に伊豆国を攻略して所領としたと伝えられている。1495年には大森氏から小田原城を奪って本拠地を移し、1516年に三浦半島の新井城で三浦義同を滅ぼして、相模国全土を征服した。北条氏を称したのはこの宗瑞の子・氏綱が名字を伊勢から北条に改めてからのことだが、今日では便宜上、早雲庵伊勢宗瑞に遡ってこれを「北条早雲」と呼んでいる。後北条氏 フレッシュアイペディアより)

  • 畠山氏

    畠山氏から見た相模国相模国

                             相模三浦氏へ 薩摩伊作氏へ 相模鎌倉氏へ畠山氏 フレッシュアイペディアより)

  • 栄区

    栄区から見た相模国相模国

    栄区は横浜市の南部に位置し、東西に長く(東西約7km、南北約6km)、東は金沢区、磯子区、西は戸塚区、南は鎌倉市、北は港南区に接している。旧相模国鎌倉郡(一部が高座郡に属していたとする説もある)に属し古来より鎌倉とはゆかりの深い地域である。なお金沢区との区境は武相国境である。栄区 フレッシュアイペディアより)

  • 北条氏綱

    北条氏綱から見た相模国相模国

    北条 氏綱(ほうじょううじつな)は、戦国時代の武将、相模国の戦国大名。伊豆国・相模国を平定した北条早雲の後を継いで領国を武蔵半国、下総の一部そして駿河半国にまで拡大させた。北条氏綱 フレッシュアイペディアより)

  • 秩父氏

    秩父氏から見た相模国相模国

    留守所とは、遙任などで国司の居ない国衙の事である。在庁官人が実務を代行した。在庁官人の仕事の1つは治安維持である。秩父氏は武蔵国の在庁官人のトップとして、国内の武士を統率・動員する権限を持っていた。武蔵七党などの武士団の顔役であった。1113年(永久元)、横山庄を巡る主権争いから、相模国の愛甲庄を統治していた内記大夫を討ったことで、横山党が院から討伐を受けると、秩父重綱は相模国の三浦為継、鎌倉景政らと共に命令を実行したが、横山党は源為義の保護の下に危機を脱した。横山隆兼の娘は秩父重弘の妻となり畠山重能・小山田有重を産む。さらに隆兼の孫娘のうち一人は三浦一族の和田義盛、一人は高座渋谷の渋谷高重の妻となった。秩父氏 フレッシュアイペディアより)

  • 小田原市

    小田原市から見た相模国相模国

    古代の相模国足下郡(あしがらのしものこおり)の地である。古名を「こゆるぎ」といい、「小由留木」「淘陵」などの字が宛てられた。「小田原」という地名は、「小由留木」の草書体を読み間違えたものという説がある。市内千代にあった千代廃寺は相模国国府とも足柄下郡郡衙の所在地といわれる。小田原市 フレッシュアイペディアより)

  • 有鹿神社

    有鹿神社から見た相模国相模国

    有鹿神社(あるかじんじゃ)は、神奈川県県央に流れる鳩川(有鹿河)沿いに形成された地域(有鹿郷)に鎮座する神社であり、本宮、奥宮、中宮の三社からなる相模国最古級の神社。「お有鹿様」とも呼ばれる。有鹿神社 フレッシュアイペディアより)

  • 東海道

    東海道から見た相模国相模国

    相模国(神奈川県の中部・西部)東海道 フレッシュアイペディアより)

1157件中 11 - 20件表示

「神奈川県央のできごと」のニューストピックワード