1157件中 21 - 30件表示
  • 岡崎氏

    岡崎氏から見た相模国相模国

    岡崎氏は相模三浦氏の一族。岡崎義実を祖とする。岡崎氏 フレッシュアイペディアより)

  • 武蔵野合戦

    武蔵野合戦から見た相模国相模国

    武蔵野合戦(むさしのかっせん)は、南北朝時代の観応の擾乱における合戦の一つ。1352年(正平7年/文和元年)閏2月から3月にかけて、武蔵国・相模国(現、東京都・埼玉県・神奈川県)の各地において、足利尊氏ら北朝方の軍勢と、新田義興・新田義宗ら南朝方の軍勢との間で行われた一連の合戦である。武蔵野合戦 フレッシュアイペディアより)

  • 鎌倉氏

    鎌倉氏から見た相模国相模国

    鎌倉氏(かまくらし)は武家のひとつ。本姓は桓武平氏。家系は良文流の系統で、相模国鎌倉郡を中心に勢力を伸ばした武士団である。平氏ではなく、相模の豪族の末裔だった可能性も高い。近年では、相武国造の子孫であったという説や、鎌倉別の子孫説も有るが、その説においても確証は無い。鎌倉氏 フレッシュアイペディアより)

  • 越前勝山藩

    越前勝山藩から見た相模国相模国

    小笠原信胤(のぶたね)<従五位下。相模守>越前勝山藩 フレッシュアイペディアより)

  • 小栗判官

    小栗判官から見た相模国相模国

    1415年、上杉禅秀が関東において乱を起こした際、満重(他の資料では小栗判官の父の名であるが、この伝承においては判官自身を指す)は管領足利持氏に攻め落とされ、落ち延びる。その途上、相模の国に10人の家来とともに潜伏中に、相模横山家(横山大膳・横浜市戸塚区俣野に伝説が残る)の娘・照手姫を見初め、結婚の約束を交わす。横山は、旅人を殺し金品を奪う盗賊であった。照手姫は本来上皇や法皇の御所をまもる武士である北面武士の子であったが、早くに父母に死に別れ、理由あって横山大膳に仕えていた。小栗判官 フレッシュアイペディアより)

  • 小山 (相模原市)

    小山 (相模原市)から見た相模国相模国

    北は境川が多摩丘陵と相模原台地の間を刻む細長い谷底の低地が占める。かつて境川はこの谷底を激しく蛇行し付近は洪水に悩まされていたが、河川改修により流路の直線化と拡幅が行われた。しかし都県境(元の相模国と武蔵国の国界)は蛇行していた元の流路をもとに定められているため、直線化された流路をはさんで相模原市(神奈川県)と町田市(東京都)が相互に川向うの飛び地を持つに至っている。小山 (相模原市) フレッシュアイペディアより)

  • 藤原枝良

    藤原枝良から見た相模国相模国

    寛平9年(897年)醍醐天皇の即位に伴い従五位上に叙せられる。のち、讃岐守・右中弁・春宮大進/亮・修理大夫・相模権守などを歴任する一方、延喜3年(903年)正五位下・延喜6年(906年)従四位下と昇進し、延喜13年(913年)69歳にして従四位上・参議に叙任され公卿に列した。議政官として修理大輔を兼帯する傍ら、相模守・讃岐守と地方官も兼ねている。藤原枝良 フレッシュアイペディアより)

  • 生実藩

    生実藩から見た相模国相模国

    寛永4年(1627年)2月、上総国・相模国・下総国内においてそれぞれ1万石を与えられて大名となった森川重俊は、酒井氏とは別に生実藩を立藩した。重俊は慶長19年(1614年)の大久保長安事件に連座して改易されていたが、その後赦免されて大名となったのである。領地は下総国葛飾・匝瑳郡、上総国武射郡・長柄郡、相模国大住郡・鎌倉郡内にそれぞれあった。重俊はその後、老中にまで栄進したが、寛永9年(1632年)1月25日、徳川秀忠に殉死した。代わって森川重政が後を継ぐが、年貢負担をめぐっての争論が起きるなど藩が混乱した。寛文3年(1663年)1月23日に死去し、後を森川重信が継ぐ。重信は元禄5年(1692年)6月27日に隠居して家督は森川俊胤が継いだ。俊胤は大番頭・奏者番・寺社奉行を歴任し、幕閣として活躍した人物である。第8代藩主・森川俊知は西の丸若年寄に栄進し、藩政においては財政再建のために家臣団俸禄の減少などを行なったが効果は無く、逆に百姓の利八に直訴される有様であった。第9代藩主・森川俊民は天保9年(1838年)8月9日に俊知が死去した後、家督を継いだ。そして大番頭・奏者番・若年寄を歴任している。生実藩 フレッシュアイペディアより)

  • 渋谷氏

    渋谷氏から見た相模国相模国

    相模渋谷氏は、渋谷氏宗家で、相模国高座郡渋谷荘に寄り本貫地の渋谷を名字とした渋谷氏 フレッシュアイペディアより)

  • 川勝隆尚

    川勝隆尚から見た相模国相模国

    延宝8年(1680年)、徳川徳松殿(将軍綱吉の長男)が西城に移るときに従い、天和3年(1683年)閏5月21日に御傅となったが、徳松殿逝去の後退職を許され、小普請となった。貞享元年(1684年)10月10日、小姓組に列し、貞享2年(1685年)10月3日に新番頭に進み、奥の勤も兼ねた。同年12月23日、300俵を加えられ、同年12月28日に布衣を着る事を許された。元禄9年(1696年)4月11日、先手弓頭に転じ、元禄10年(1697年)7月26日に蔵米を領地に改め、上野国多胡郡、緑野郡、新田郡、佐位郡、群馬郡内において800石を給わった。元禄14年(1701年)正月11日、持弓頭にうつり、宝永元年(1704年)8月11日に小姓組番頭に進んだ。同年12月11日、従五位下、能登守に叙任し、同年12月12日に上野国群馬郡、多胡郡内において1,000石の加増があった。宝永5年(1708年)12月9日、1,000石の加増があり、先に給わった800石の土地を改め、相模国愛甲郡、大住郡、高座郡内において1,800石給わり、全てで上野・相模内2,800石を知行した。正徳5年(1715年)9月11日、職を辞して、同年12月11日に隠居し、隠居料として蔵米300俵を給わった。家督は養子の隆明に譲った。享保15年(1730年)5月17日、93歳で没した。川勝隆尚 フレッシュアイペディアより)

1157件中 21 - 30件表示

「神奈川県央のできごと」のニューストピックワード