1496件中 21 - 30件表示
  • 内藤氏

    内藤氏から見た相模国相模国

    相模国の国人。津久井城主を務めた。内藤氏 フレッシュアイペディアより)

  • 秩父氏

    秩父氏から見た相模国相模国

    南北朝時代には北朝側についた河越直重が平一揆を結成し、武蔵野合戦や笛吹峠の戦いで戦功を挙げた。遠縁である畠山国清と協力し、鎌倉府で重要な地位を占め、武蔵国の実権を取り戻した。一族は室町幕府から相模国守護や伊豆国守護に任じられた。しかしその後解任された。1368年(正平23年/応安元)に武蔵平一揆の乱を起こしたが敗れて伊勢国に逃亡した。秩父氏 フレッシュアイペディアより)

  • 小田原市

    小田原市から見た相模国相模国

    古代の相模国足下郡(あしがらのしものこおり)の地である。古名を「こゆるぎ」といい、「小由留木」「淘陵」などの字が宛てられた。「小田原」という地名は、「小由留木」の草書体を読み間違えたものという説がある。市内千代にあった千代廃寺は相模国国府とも足柄下郡郡衙の所在地といわれる。小田原市 フレッシュアイペディアより)

  • 天野氏

    天野氏から見た相模国相模国

    天野氏(あまのし、あまのうじ)は日本の氏族、藤原南家工藤氏の一族(藤原北家の一族足立遠元を祖とするとも)で、伊豆国田方郡天野郷(現・伊豆の国市天野)に居住した地名を取って天野と称した。天野氏は後に遠江守護となった今川氏と結び、国人勢力として遠江にて共に力を拡大した。遠江国のほか、天野氏の支流が駿河国・相模国・三河国・尾張国・甲斐国・安芸国・能登国等に繁延している。天野氏 フレッシュアイペディアより)

  • 武士団

    武士団から見た相模国相模国

    12世紀の中葉に起こった相模国の大庭御厨の濫妨と、下総国の相馬御厨の事件は、当時における在庁官人 = 在地領主の変貌と、国司・目代との対立の激しさ、在地領主層の地位の脆弱さと限界を如実に示している。武士団 フレッシュアイペディアより)

  • 河津町

    河津町から見た相模国相模国

    6月29日(新暦換算:1868年8月17日) - 明治政府が、韮山代官所に替えて韮山県を設置し、伊豆国内の全ての旧幕府領・旧旗本領と、相模国内の一部を除く旧幕府領・旧旗本領を管轄とする。河津町 フレッシュアイペディアより)

  • 源頼義

    源頼義から見た相模国相模国

    長元元年(1028年)6月、かつて父・頼信の家人であった平忠常が関東において反乱(平忠常の乱・長元の乱)を起こすと、長元3年(1030年)に朝廷より命じられて父とともに忠常討伐に出陣する。それまで国府軍や官軍を大いに打ち破ってきた忠常であったが、武勇に優れた頼信・頼義親子が追討軍として派遣された事を知ると大いに驚き、瞬く間に朝威に服したと謂われる。頼義はこの反乱平定に際して抜群の勇決と才気を示す活躍をしたとされ、乱後、小一条院敦明親王の判官代として勤仕し、狩猟を愛好したと伝わる小一条院の側近として重用されている。その一方、官位昇進の面では父・頼信に蔵人(官吏)として推挙された次弟・頼清に遅れをとり、頼義が相模守として初めて受領に任じられるのは、頼清が安芸守として受領に任じられた5年後の長元9年(1036年)の事である。源頼義 フレッシュアイペディアより)

  • 西三ツ木ばやし

    西三ツ木ばやしから見た相模国相模国

    西三ツ木ばやしの起源の流派は明らかではないが、江戸後期頃に始められた祭囃子が、明治初期に相模国(神奈川県)から伝わった祭囃子と掛け合わされ独自の囃子になった説、また、古老の口伝によると江戸後期頃に相模国から金子村へ訪れた「いちこ」(「いちっこ」か)と名乗る神楽師から習い伝えられたとの伝承もある。西三ツ木ばやしは、現在まで地元住民により大切に守り伝えられている。西三ツ木ばやし フレッシュアイペディアより)

  • 川勝隆尚

    川勝隆尚から見た相模国相模国

    延宝8年(1680年)、徳川徳松殿(将軍綱吉の長男)が西城に移るときに従い、天和3年(1683年)閏5月21日に御傅となったが、徳松殿逝去の後退職を許され、小普請となった。貞享元年(1684年)10月10日、小姓組に列し、貞享2年(1685年)10月3日に新番頭に進み、奥の勤も兼ねた。同年12月23日、300俵を加えられ、同年12月28日に布衣を着る事を許された。元禄9年(1696年)4月11日、先手弓頭に転じ、元禄10年(1697年)7月26日に蔵米を領地に改め、上野国多胡郡、緑野郡、新田郡、佐位郡、群馬郡内において800石を給わった。元禄14年(1701年)正月11日、持弓頭にうつり、宝永元年(1704年)8月11日に小姓組番頭に進んだ。同年12月11日、従五位下、能登守に叙任し、同年12月12日に上野国群馬郡、多胡郡内において1,000石の加増があった。宝永5年(1708年)12月9日、1,000石の加増があり、先に給わった800石の土地を改め、相模国愛甲郡、大住郡、高座郡内において1,800石給わり、全てで上野・相模内2,800石を知行した。正徳5年(1715年)9月11日、職を辞して、同年12月11日に隠居し、隠居料として蔵米300俵を給わった。家督は養子の隆明に譲った。享保15年(1730年)5月17日、93歳で没した。川勝隆尚 フレッシュアイペディアより)

  • 藤原保蔭

    藤原保蔭から見た相模国相模国

    藤原 保蔭(ふじわら の やすかげ、生没年不詳)は、平安時代初期の貴族。藤原南家、宮内卿・藤原高仁の子。官位は従五位下・相模介。藤原保蔭 フレッシュアイペディアより)

1496件中 21 - 30件表示

「神奈川県央のできごと」のニューストピックワード

  • 衣装たくさん着れて楽しかった

  • テレ東音楽祭2020秋

  • テレ東音楽祭2020秋 〜思わず歌いたくなる! 最強ヒットソング100連発〜