1157件中 31 - 40件表示
  • 大岡忠吉

    大岡忠吉から見た相模国相模国

    大岡 忠吉(おおおか ただよし)は江戸時代初期の旗本。従五位下美濃守。旗本・大岡忠右衛門忠政の四男。相模国高座郡高田村の地頭。大岡忠吉 フレッシュアイペディアより)

  • 大庭氏

    大庭氏から見た相模国相模国

    大庭氏(おおばし)は、武家のひとつ。本姓は平氏。家系は桓武平氏の血をひく坂東八平氏のひとつで鎌倉氏の一族。相模大庭御厨一帯を支配した。一族に梶原氏、俣野氏(横浜市戸塚区俣野、藤沢市)、懐島氏(茅ヶ崎市円蔵)、豊田氏(平塚市豊田)、桐原氏などがいる。大庭氏 フレッシュアイペディアより)

  • 橘真直

    橘真直から見た相模国相模国

    橘 真直(たちばな の まなお、弘仁7年〈816年〉 - 仁寿2年6月20日〈852年7月10日〉)は、平安時代前期の貴族。右大臣・橘氏公の三男。子に葛直がいる。官位は従四位下・相模権守。橘真直 フレッシュアイペディアより)

  • 田名

    田名から見た相模国相模国

    田名(たな)は、神奈川県相模原市中央区および緑区の大字名。また田名村(たなむら)は、1941年(昭和16年)まで神奈川県(相模国)高座郡にあった村の名前である。本項では現在の大字田名とともに、1941年以前の田名村についても合わせて述べる。田名 フレッシュアイペディアより)

  • 佐奈田義忠

    佐奈田義忠から見た相模国相模国

    佐奈田 義忠(さなだ よしただ)は平安時代末期の相模国大住郡(現神奈川県平塚市真田)の武将。岡崎義実の嫡男。真田義忠(『吾妻鏡』)、岡崎義忠とも称される。諱は義貞とも(『源平盛衰記』)。佐奈田義忠 フレッシュアイペディアより)

  • 中村氏 (相模国)

    中村氏 (相模国)から見た相模国相模国

    中村氏(なかむらし)は、日本の氏族。坂東平氏の一つで、相模国西部に勢力を持ち、源頼朝挙兵時にその軍の中核をなした。師長国造の子孫ともいわれる。中村氏 (相模国) フレッシュアイペディアより)

  • 布施屋

    布施屋から見た相模国相模国

    承和11(844年)に相模国高座郡と愛甲郡に開設。相模国府による官営。布施屋 フレッシュアイペディアより)

  • 藤原保蔭

    藤原保蔭から見た相模国相模国

    藤原 保蔭(ふじわら の やすかげ、生没年不詳)は、平安時代初期の貴族。藤原南家、宮内卿・藤原高仁の子。官位は従五位下・相模介。藤原保蔭 フレッシュアイペディアより)

  • 韮山県

    韮山県から見た相模国相模国

    韮山県(にらやまけん)は、1868年(慶応4年)に駿河国、相模国、武蔵国、甲斐国内の幕府領・旗本領および伊豆国一円(伊豆諸島も含む)を管轄するために明治政府によって設置された県。管轄地域は現在の静岡県、神奈川県、埼玉県、山梨県、東京都多摩地域に広く分布している。韮山県 フレッシュアイペディアより)

  • 北条氏時

    北条氏時から見た相模国相模国

    氏時に関する史料は極めて少ない。享禄2年(1529年)5月15日付で伊豆国の三島大社護摩堂に宛てたものが初見文書であり、伊豆郡代または韮山城主であったと考えられる。次の文書は同年8月19日付の相模国東郡二伝寺(藤沢市)宛てのものでこの時には玉縄城主になっていたことになる。北条氏時 フレッシュアイペディアより)

1157件中 31 - 40件表示

「神奈川県央のできごと」のニューストピックワード

  • 高校時代はやさぐれて、自意識の殻が厚くなってた(笑)