1496件中 31 - 40件表示
  • 藤原道明

    藤原道明から見た相模国相模国

    藤原 道明(ふじわら の みちあき、斉衡3年(856年) - 延喜20年6月17日(920年7月5日))は、平安時代前期から中期にかけての公卿。藤原南家、相模介・藤原保蔭の長男。官位は正三位・大納言。字は藤階。藤原道明 フレッシュアイペディアより)

  • 岩手信猶

    岩手信猶から見た相模国相模国

    小普請であったが、享保7年(1722年)6月27日に代官に任じられ、武蔵野新田の支配を承り、相模国の酒匂川の普請事業などに携わる。享保11年(1726年)8月晦日、支配地の農民が御禁制であった鉄砲を撃った咎で謹慎を命じられるが、10月晦日に許される。岩手信猶 フレッシュアイペディアより)

  • 小出村 (神奈川県)

    小出村 (神奈川県)から見た相模国相模国

    9世紀頃の状況が表されている『倭名類聚鈔』で、相模国高座郡内に渭堤が記載されている。渭堤はイデと読み、小出に通じる。渭堤は、現在の堤と芹沢にあたると考えられている。小出村 (神奈川県) フレッシュアイペディアより)

  • 国府祭

    国府祭から見た相模国相模国

    国府祭(「こくふさい」または「こうのまち」)は、神奈川県中郡大磯町国府本郷の神揃山及び「大矢場」(現在の馬場公園)で5月5日に行われる祭礼。別名「天下祭」「端午祭」ともいう。平安時代に相模国内の主要五神社を国府に近い柳田大明神に併せ祀って総社六所神社とした故事によるとされる。神奈川県無形民俗文化財に指定されている。国府祭 フレッシュアイペディアより)

  • 大庭御厨

    大庭御厨から見た相模国相模国

    大庭御厨(おおばみくりや)は、相模国高座郡の南部(現在の茅ヶ崎市、藤沢市)にあった、寄進型荘園の一つ。鎌倉時代末期には13の郷が存在した相模国最大の御厨(伊勢神宮領)である。大庭御厨 フレッシュアイペディアより)

  • 布施屋

    布施屋から見た相模国相模国

    承和11(844年)に相模国高座郡と愛甲郡に開設。相模国府による官営。布施屋 フレッシュアイペディアより)

  • 藤原長川

    藤原長川から見た相模国相模国

    藤原 長川(ふじわら の ながかわ、8世紀 - 没年不詳)は、奈良時代の貴族。藤原南家、参議・藤原巨勢麻呂の子。名は長河とも表記される。官位は正五位下・相模守。藤原長川 フレッシュアイペディアより)

  • 蓑正高

    蓑正高から見た相模国相模国

    享保19年(1734年)3月2日、相模国津久井県(神奈川県津久井郡)において支配地が1万620石余増加される。蓑正高 フレッシュアイペディアより)

  • 山内量平

    山内量平から見た相模国相模国

    山内家の祖は相模国山之内荘を貫して氏と為した。本姓は藤原氏である。先祖が相模国より伊勢に遷り、天正5年(1577年)紀伊国南部郷に来住して松原を開墾し一村を築いた。現在の和歌山県日高郡みなべ町大字山内である。量平の先祖の歴代墓はみなべ町の新福寺にあり、祖父・父の墓は法伝寺にある。祖父・山内繁樹の墓はみなべ町文化財に指定されている。山内量平 フレッシュアイペディアより)

  • 韮山代官所

    韮山代官所から見た相模国相模国

    支配地域は、伊豆国を中心とし、駿河国・相模国・武蔵国に及び、幕末には甲斐国も管轄した。また、伊豆諸島を管轄下においたこともある。石高は管轄領域の変動に伴い一定しないが、5 - 10万石余。代官は平安末以来伊豆国の江川荘を領する清和源氏大和源氏系の江川家によってほぼ世襲され、享保8年(1723年)-宝暦8年(1758年)の間を除き、当主は代々江川太郎左衛門を名乗のり、統治した。韮山代官所 フレッシュアイペディアより)

1496件中 31 - 40件表示

「神奈川県央のできごと」のニューストピックワード

  • 衣装たくさん着れて楽しかった

  • テレ東音楽祭2020秋

  • テレ東音楽祭2020秋 〜思わず歌いたくなる! 最強ヒットソング100連発〜