1496件中 41 - 50件表示
  • 源重之

    源重之から見た相模国相模国

    円融朝半ば以降は、貞元元年(976年)の相模権守を皮切りに、信濃守・日向守・肥後守・筑前守など地方官を歴任した。またこの間、貞元2年(977年)頼忠家歌合や寛和元年(985年)円融院子日行幸和歌などに出詠している。源重之 フレッシュアイペディアより)

  • 三島暦

    三島暦から見た相模国相模国

    仮名暦(仮名書きの暦、漢字書きの暦が本格派で男性の読むものとされた時代、女性・子供向けのものとして造られたもの。)であり、主に伊豆国・相模国の2カ国で流通した。尚、三島暦は、仮名文字で印刷された暦としては、日本最古と言われている。三島暦 フレッシュアイペディアより)

  • 馬場八左衛門

    馬場八左衛門から見た相模国相模国

    慶長7年(1602年)11月、信吉が常陸国水戸藩25万石に移ると、八左衛門は筆頭家老として万沢・帯金・河方・佐野の諸氏とともに2000石を与えられている。『慶長年録』『徳川実紀』によれば、慶長8年(1603年)に信吉が早世すると、八左衛門は万沢・帯金氏とともに家中を専断し、奉行衆の芦沢氏らと対立したという。慶長9年(1604年)1月に家康により八左衛門は改易となり、相模国小田原藩主・大久保忠隣に預けられた。馬場八左衛門 フレッシュアイペディアより)

  • 藤原安親

    藤原安親から見た相模国相模国

    円融朝では相模守・伊勢守と再び地方官を歴任する。永観2年(984年)花山天皇の即位に伴って、妹・時姫の孫である懐仁親王が皇太子に立てられると、安親は春宮亮に任ぜられる。寛和元年(985年)従四位上。藤原安親 フレッシュアイペディアより)

  • 戸塚宿

    戸塚宿から見た相模国相模国

    戸塚宿(とつかしゅく、とつかじゅく)は、東海道五十三次の5番目の宿場である。東海道では相模国最東端の宿場町である。戸塚宿 フレッシュアイペディアより)

  • 道嶋嶋足

    道嶋嶋足から見た相模国相模国

    天平宝字8年(764年)9月の藤原仲麻呂の乱において、藤原仲麻呂の子・訓儒麻呂が勅使・山村王を襲撃して御璽と駅鈴を奪った際、嶋足は授刀衛少尉・坂上苅田麻呂とともに孝謙上皇の勅命を受けて、訓儒麻呂を襲いこれを射殺した。乱における武功により従七位上から一足飛びに十一階昇進して従四位下に昇叙、宿禰姓を賜姓された。翌月の10月には授刀少将兼相模守に任ぜられ、翌天平神護元年(765年)に勳二等の叙勲を受け、近衛員外中将に任じられる。こののち道嶋宿禰に改姓。道嶋嶋足 フレッシュアイペディアより)

  • 紀百継

    紀百継から見た相模国相模国

    弘仁元年(810年)に発生した薬子の変に際して左衛士佐から右近衛少将に転任する。以降、弘仁2年(811年)従五位上、弘仁3年(812年)従四位下・右近衛中将、弘仁8年(817年)従四位上、弘仁12年(821年)正四位下と嵯峨朝において急速に昇進し、弘仁13年(822年)従三位に叙せられ公卿に列した。また、この間近衛中将・兵部大輔・右衛門督等の武官を歴任し、美濃守・相模守と地方官を兼帯した。紀百継 フレッシュアイペディアより)

  • 岡崎氏

    岡崎氏から見た相模国相模国

    岡崎氏は相模三浦氏の一族。岡崎義実を祖とする。岡崎氏 フレッシュアイペディアより)

  • 波多野氏

    波多野氏から見た相模国相模国

    平安時代末期から鎌倉時代にかけて相模国波多野荘(現・神奈川県秦野市)を本領とした豪族。波多野氏 フレッシュアイペディアより)

  • 東山道武蔵路

    東山道武蔵路から見た相模国相模国

    この際、武蔵国は相模国の東に接する海沿いの国ではあったが、近江国を起点に美濃国・飛騨国・信濃国・上野国・下野国・陸奥国(当時はまだ出羽国はなかった)と本州の内陸国が属する東山道に属することになった。このため、道としての東山道にもこれらの国々から大きく外れたところにある武蔵国の国府を結ぶ必要が生じた。東山道武蔵路 フレッシュアイペディアより)

1496件中 41 - 50件表示

「神奈川県央のできごと」のニューストピックワード

  • 衣装たくさん着れて楽しかった

  • テレ東音楽祭2020秋

  • テレ東音楽祭2020秋 〜思わず歌いたくなる! 最強ヒットソング100連発〜