1157件中 41 - 50件表示
  • 万葉集

    万葉集から見た相模国相模国

    巻十四だけが東歌(あずまうた)の名をもっている。この卷には、上総・下総・常陸・信濃四国の雑歌、遠江・駿河・伊豆・相模・武蔵・上総・下総・常陸・信濃・上野・下野・陸奥十二国の相聞往来歌、遠江・駿河・相模・上野・陸奥五国の譬喩歌・国の分からないものの雑歌、相聞往来歌・防人歌・譬喩歌・挽歌・戯咲歌などが収められている。万葉集 フレッシュアイペディアより)

  • 石田氏

    石田氏から見た相模国相模国

    石田の氏姓は全国に散見され、多く地名に基づいている。地名は地質が石のように固い田の意で、岩田に同意。「石」は石高の石とする説もある。石田姓は古く皇別に例があり、垂仁天皇の皇子・五十日足彦命の子孫が山城国久世郡石田に住んで、石田君を称したのが始まりとされる。時代は下って、相模国大住郡石田郷からは、桓武平氏三浦氏流の石田氏が出た。三浦義継の孫為綱が石田氏を名乗り、その甥石田次郎為久は木曾義仲を討ち取ったことで知られている。武蔵国多摩郡石田村からは、小野姓横山党の石田氏が出ている。この系統は三浦氏流と同じように、武蔵から相模に分布している。岩代国伊達郡石田村からは、藤原姓伊達氏流。朝宗四男の為家が石田を称し、伊達藩の重臣として仕えている。石田氏 フレッシュアイペディアより)

  • 小田原城

    小田原城から見た相模国相模国

    元は、平安時代末期、相模国の豪族土肥氏一族である小早川遠平(小早川氏の祖とされる)の居館であったが、室町時代中期、1416年(応永23年)の上杉禅秀の乱で禅秀方であった土肥氏が失脚し、駿河国に根拠を置いていた大森氏がこれを奪って、相模国・伊豆国方面に勢力を広げた。小田原城 フレッシュアイペディアより)

  • 大多喜藩

    大多喜藩から見た相模国相模国

    天正18年(1590年)の小田原征伐後、関東に入部した徳川家康は、徳川四天王の一人・本多忠勝に上総国に10万石を与えた。忠勝は当初は万喜城に入城したが、遅くとも天正19年(1591年)までに居城を大多喜城に移した。これが大多喜藩の立藩である。忠勝は武田信玄や織田信長にもその武勇を認められ、「家康に過ぎたる者」とまで言われた武将である。忠勝は慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いでは家康本隊に属して本戦に出陣し武功を挙げたため、戦後、伊勢国桑名藩に移された。忠勝の本家は長男の本多忠政が継ぐ予定だったため、大多喜には5万石で次男の本多忠朝が残った。忠朝は領内の検地を実施して藩政の固めに専念したが、大坂夏の陣で戦死してしまった。死後、家督は甥の本多政朝が継いだが、元和3年(1617年)9月、播磨国龍野藩に移され、代わって武蔵国鳩ヶ谷藩から阿部正次が3万石で入った。元和5年(1619年)9月、正次は相模国小田原藩に移されたため、大多喜藩は一時的に廃藩となった。大多喜藩 フレッシュアイペディアより)

  • 川越市の歴史

    川越市の歴史から見た相模国相模国

    南北朝時代、河越高重は新田義貞の挙兵に呼応、分倍河原の戦いなど鎌倉幕府の倒幕に活躍し、鎌倉将軍府が置かれると関東廂番(かんとうひさしばん)一番となった。その子・河越直重は、観応の擾乱で足利尊氏の重臣として功を上げ、室町幕府では鎌倉のある相模国や伊豆国の守護大名に任ぜられた。太平記には河越直重が上洛した折に、豊富な経済力を背景に華美な服装や奢侈な振る舞いで京の人々を驚かせたことが記されている。しかし、足利直義と近かった上杉憲顕が関東管領に復権すると、河越直重は鎌倉府に対決することとなり秩父党を率い武蔵七党を従え、さらに下野国の宇都宮氏綱と同盟して武蔵平一揆を主導した。しかし足利氏満を擁して反撃に転じた上杉憲顕に河越館での河越合戦に敗れ、平安時代からの武蔵国筆頭の名門豪族・河越氏は歴史の幕を閉じた(河越直重は伊勢国桑名地方に逃れた。ここが現在の三重県川越町に繋がるとされるが詳細は不明である)。河越氏滅亡により武蔵国は乱世の時代を迎える。川越市の歴史 フレッシュアイペディアより)

  • 大庭御厨

    大庭御厨から見た相模国相模国

    大庭御厨(おおばみくりや)は、相模国高座郡の南部(現在の茅ヶ崎市、藤沢市)にあった、寄進型荘園の一つ。鎌倉時代末期には13の郷が存在した相模国最大の御厨(伊勢神宮領)である。大庭御厨 フレッシュアイペディアより)

  • 天野氏

    天野氏から見た相模国相模国

    天野遠景の子・政景は1221年の承久の乱で活躍し、長門守護職に任命され、遠江国周智郡山香荘(現・静岡県浜松市)を始め、信濃国、相模国の各地に多くの所領を得ることになった。その後、政景の曾孫となる天野経顕(周防七郎左衛門)が遠州山香庄に入って遠江守護今川氏に属した。以後、経顕の系は北遠で勢力を広げ、元弘3年(1333年)の新田義貞の鎌倉攻めに経顕は子の経政とともに新田勢に参陣。これを契機に経顕の一族は建武政権に属した。天野氏 フレッシュアイペディアより)

  • 三島暦

    三島暦から見た相模国相模国

    仮名暦(仮名書きの暦、漢字書きの暦が本格派で男性の読むものとされた時代、女性・子供向けのものとして造られたもの。)であり、主に伊豆国・相模国の2カ国で流通した。尚、三島暦は、仮名文字で印刷された暦としては、日本最古と言われている。三島暦 フレッシュアイペディアより)

  • 三浦義村

    三浦義村から見た相模国相模国

    三浦 義村(みうら よしむら)は、鎌倉時代初期の相模国の武将。鎌倉幕府の有力御家人。桓武平氏良文流三浦氏の当主・三浦義澄の次男(嫡男)。三浦義村 フレッシュアイペディアより)

  • 河村瑞賢

    河村瑞賢から見た相模国相模国

    伊勢度会郡東宮村(とうぐうむら、現在の三重県度会郡南伊勢町)の貧農に生まれるが、『評伝 河村瑞賢』(博文館)によれば先祖は村上源氏で、北畠氏の家来筋であると自称していた。13歳の時江戸に出た。江戸幕府の土木工事の人夫頭などで徐々に資産を増やすと、材木屋を営むようになり、明暦3年(1657年)、明暦の大火の際には木曽福島の材木を買い占め、土木・建築を請け負うことで莫大な利益を得た。寛文年間に老中で相模小田原藩主稲葉正則と接触、幕府の公共事業に関わっていく。河村瑞賢 フレッシュアイペディアより)

1157件中 41 - 50件表示

「神奈川県央のできごと」のニューストピックワード