1496件中 51 - 60件表示
  • 江戸ヶ崎源弥

    江戸ヶ崎源弥から見た相模国相模国

    江戸ヶ崎 源弥(えどがさき げんや、安永元年(1781年) - 文化9年7月10日(1812年8月16日))は、相模国大住郡四之宮村(現:神奈川県平塚市四之宮)出身の元大相撲力士。本名は平野 源弥(ひらの げんや)。江戸ヶ崎源弥 フレッシュアイペディアより)

  • 高来神社

    高来神社から見た相模国相模国

    相模国淘綾郡(高麗寺領)高麗寺村、のち高麗村、大磯町高麗に位置した。高来神社 フレッシュアイペディアより)

  • 杉山神社

    杉山神社から見た相模国相模国

    名称の由来については、杉山に祀られていたという説や樹木の神である五十猛命と杉林に因むという説、船舶材として使用されていた杉の木に因むという説など諸説ある。また当社の由緒についても不明な点が多いが、出雲民族の末裔(五十猛命)が紀州熊野より海人族を引き連れて伊豆半島や三浦半島に辿り着き、後者を経由して鶴見川水系に住み着いた一族の頭領が杉山神社を創建したという説がある。なお、三浦半島の三浦郡葉山町上山口には旧相模国で唯一の杉山神社があり、さらに同神社の「元宮」と呼ばれる社も周辺の山中に鎮座しているが、旧武蔵国における杉山神社との関係は不明である。この他、茅ケ崎中央の杉山神社に伝わる由緒では「天武天皇白鳳3年、安房神社神主の忌部勝麻呂(紀州系忌部氏)によって武蔵国の杉山の岡に高御座巣日太命(高御産日命)・天日和志命(天日鷲命)・由布津主命(阿八別彦命)の3柱が祀られ、同氏の麻穀栽培地開墾の拡大とともに神社も広まった」とされている。当時の都筑郡は開拓者である忌部氏の勢力が強く、多くの古墳や環濠集落が作られるなど武蔵国府の支配外にある一つの小国を形成しており、古東海道も横断する物資の集散地であった。ただし、杉山神社の始まりが忌部勝麻呂によるものとされることについては『新編武蔵風土記稿』で記載されているものの、他に文献資料などが残っておらず根拠としては乏しいとされる。杉山神社 フレッシュアイペディアより)

  • 三浦郡

    三浦郡から見た相模国相模国

    古代、相模国御浦郡である。郡衙は葉山町一色一帯とも、横須賀市の神奈川県立横須賀高等学校付近ともされるが不詳。古代末より中世には三浦氏の勢力下にあった。三浦郡 フレッシュアイペディアより)

  • 橘岑継

    橘岑継から見た相模国相模国

    従兄弟(伯母が嵯峨天皇の皇后・橘嘉智子)かつ乳兄弟(母が仁明天皇の乳母)にあたる正良親王(のち仁明天皇)に身近に仕え、その寵幸を得ていたという。天長6年(829年)内舎人に補せられたのち、蔵人・常陸少掾・相模掾を経て、天長9年(832年)従五位下・相模権守に叙任される。橘岑継 フレッシュアイペディアより)

  • 佐々木盛綱

    佐々木盛綱から見た相模国相模国

    8月17日の挙兵の日、兄達が平兼隆の後見で勇士とされた堤信遠を討った後、景廉と共に兼隆の邸宅へと赴きその首を獲った。20日、頼朝に従い相模国へと赴くが石橋山の戦いで敗れる。盛綱兄弟は石橋山で平氏側であった渋谷重国の館に逃れ、重国は喜んで盛綱らを迎え倉庫に隠しもてなした。安房へ逃れていた頼朝が再び兵を集め鎌倉に入ると、盛綱兄弟は再び頼朝の下に参じ、10月20日の富士川の戦いで平氏を破り、23日に相模国国府で行われた挙兵後初の論功行賞では、旧領の佐々木庄を安堵された。11月4日、常陸国府での佐竹秀義との戦いにも加わる。佐々木盛綱 フレッシュアイペディアより)

  • 今川氏輝

    今川氏輝から見た相模国相模国

    以後実質的には寿桂尼が実権を握っていたが、天文元年(1532年)頃から氏輝が親政を開始する。天文2年(1532年)には遠江において検地を行ない、さらに朝廷に献上物を送るなどして、中央との関係強化に務めた。氏親期からの相模国後北条氏との駿相同盟は維持され、天文4年(1535年)には、相模の北条氏綱と連携して甲斐国守護武田信虎と対立する国人勢力を後援して信虎と争い、甲斐国都留郡山中(現在の山梨県南都留郡山中湖村)において信虎勢と戦っている。今川氏輝 フレッシュアイペディアより)

  • 塚原氏

    塚原氏から見た相模国相模国

    奥州会津の戦国大名・蘆名家臣の塚原氏は、相模三浦氏の一族である佐原義連を祖とした蜷川氏から派生したとされ、鎌倉期から戦国期にわたって蘆名氏に仕えている。塚原氏 フレッシュアイペディアより)

  • 小田原城の戦い (1560年)

    小田原城の戦い (1560年)から見た相模国相模国

    小田原城の戦い(おだわらじょうのたたかい)は、永禄3年(1560年)から永禄4年(1561年)に、関東の上野、武蔵、相模において、上杉氏、長尾氏の連合軍と後北条氏によって行われた一連の合戦である。大槻合戦ともいう。この合戦は、その後10年余にわたる上杉謙信による関東遠征の端緒である。本項では、合戦の経緯として、上杉軍の越山から小田原城包囲戦前後の緒城攻防戦、関連事項についても併せて解説する。小田原城の戦い (1560年) フレッシュアイペディアより)

  • 唐沢山城の戦い

    唐沢山城の戦いから見た相模国相模国

    下野国の唐沢山城は、下野南部における重要拠点であり、上杉謙信が関東出兵する際に押さえておく必要のある城であった。当時の唐沢山城主は、佐野氏の第15代当主・佐野昌綱であった。昌綱は、越後の上杉謙信と相模の北条氏康という二大勢力に挟まれる苦しい情勢の中、御家の存続と領民を守るため、武勇と知略をもって戦国時代の荒波を乗り切ろうとした。唐沢山城は、関東七名城の一つに数えられる難攻不落の山城であり、謙信はこの城の攻略に手を焼くことになる。このことから「関東一の山城」と言われるようになった。幾度も攻め寄せる上杉軍に対し、昌綱は唐沢山城に篭城して時に撃退し、時に降伏した。しかし上杉軍が越後へ去って北条軍が攻め寄せると今度は北条氏に降伏し、再び上杉軍が攻め寄せると上杉氏に降伏するという臨機応変な状況判断で凌いだ。戦国時代において多くの戦国大名が滅亡する中、佐野氏が命脈を繋ぐことができたのは、昌綱の才覚と唐沢山城の堅固さによるものであった。唐沢山城の戦い フレッシュアイペディアより)

1496件中 51 - 60件表示

「神奈川県央のできごと」のニューストピックワード

  • 衣装たくさん着れて楽しかった

  • テレ東音楽祭2020秋

  • テレ東音楽祭2020秋 〜思わず歌いたくなる! 最強ヒットソング100連発〜