1157件中 51 - 60件表示
  • 小山田氏

    小山田氏から見た相模国相模国

    『鎌倉大草紙』『武田源氏一統系図』によれば南北朝期から甲斐守護武田氏と婚姻関係を持つ。明応8年(1499年)には小山田信長が塩山向嶽庵(甲州市、旧塩山市)の寺領であった田原郷(都留市)を安堵している。戦国期には甲斐守護で国中(甲府盆地)を治めた武田氏、富士川一帯の河内を治めた穴山氏とともに分立。駿河国の今川氏や相模国の後北条氏(伊勢氏)と結んでいたと考えられているが、『勝山記』によれば武田信虎と叔父の油川信恵の抗争では信恵方に属し、永正5年(1508年)には小山田弥太郎が戦死する。翌年には信虎の侵攻を受け、武田氏への従属を条件に和睦し、天正2年(1533年)には甲府に屋敷を持ち武田への帰属を強めるが、外交関係などで一定の独立性は有していたといわれる。享禄3年(1530年)には本拠を中津森館からより発展性の見込める谷村へ移転し、城下町整備を行う。小山田氏 フレッシュアイペディアより)

  • 藤原長川

    藤原長川から見た相模国相模国

    藤原 長川(ふじわら の ながかわ、生没年不詳)は、奈良時代の貴族。藤原南家、参議・藤原巨勢麻呂の子。名は長河とも表記される。官位は正五位下・相模守。藤原長川 フレッシュアイペディアより)

  • 佐原氏

    佐原氏から見た相模国相模国

    佐原氏(さわらし)は相模三浦氏の一族。三浦大介義明の末子・十郎義連を祖とする。宝治合戦で本家三浦氏が滅んだ際には盛連系を除く佐原氏の一族はこれに殉じて族滅した。僅かに盛連一族のみが生き残ったが、その出身である盛時は三浦氏を再興した。また、盛時の兄弟達の子孫は会津の豪族として活躍している。他にも越後山吉氏は男系では佐原氏の子孫である。佐原氏 フレッシュアイペディアより)

  • 佐原義連

    佐原義連から見た相模国相模国

    佐原 義連(さわら よしつら)は、平安時代末期から鎌倉時代初期の武将。相模国の豪族・三浦義明の末子。三浦氏の本拠・相模国衣笠城の東南・佐原(現在の神奈川県横須賀市佐原)に居住していたため、佐原氏を称する。佐原義連 フレッシュアイペディアより)

  • 土肥実平

    土肥実平から見た相模国相模国

    相模国の有力豪族中村氏の一族で、足下郡(現在の神奈川県足柄下郡湯河原町および真鶴町)土肥郷を本拠とし早川庄預所を勤め、父や弟の土屋宗遠と共に相模国南西部において「中村党」と称される有力な武士団を形成していた。土肥実平 フレッシュアイペディアより)

  • 武蔵七党

    武蔵七党から見た相模国相模国

    武蔵七党(むさししちとう)は、平安時代後期から鎌倉時代・室町時代にかけて、武蔵国を中心として下野、上野、相模といった近隣諸国にまで勢力を伸ばしていた同族的武士団の総称である。武蔵七党 フレッシュアイペディアより)

  • 佐々木盛綱

    佐々木盛綱から見た相模国相模国

    8月17日の挙兵の日、兄達が平兼隆の後見で勇士とされた堤信遠を討った後、景廉と共に兼隆の邸宅へと赴きその首を獲った。20日、頼朝に従い相模国へと赴くが石橋山の戦いで敗れる。盛綱兄弟は石橋山で平氏側であった渋谷重国の館に逃れ、重国は喜んで盛綱らを迎え倉庫に隠しもてなした。安房へ逃れていた頼朝が再び兵を集め鎌倉に入ると、盛綱兄弟は再び頼朝の下に参じ、10月20日の富士川の戦いで平氏を破り、23日に相模国国府で行われた挙兵後初の論功行賞では、旧領の佐々木庄を安堵された。11月4日、常陸国府での佐竹秀義との戦いにも加わる。佐々木盛綱 フレッシュアイペディアより)

  • 東山道武蔵路

    東山道武蔵路から見た相模国相模国

    この際、武蔵国は相模国に東接する海沿いの国ではあったが、近江国を起点に美濃国、飛騨国、信濃国、上野国、下野国、陸奥国(当時はまだ出羽国はなかった)と本州の内陸国が属する東山道に属することになった。このため、道としての東山道にもこれらの国々から大きく外れたところにある武蔵国の国府を結ぶ必要が生じた。東山道武蔵路 フレッシュアイペディアより)

  • 藤原道明

    藤原道明から見た相模国相模国

    藤原 道明(ふじわら の みちあき、斉衡3年(856年) - 延喜20年6月17日(920年7月5日))は、平安時代前期から中期にかけての公卿。藤原南家、相模介・藤原保蔭の長男。官位は正三位・大納言。字は藤階。藤原道明 フレッシュアイペディアより)

  • 太田資清

    太田資清から見た相模国相模国

    太田 資清(おおた すけきよ)は、室町時代中期から戦国時代前期の武将。相模守護代、扇谷上杉家の家宰。摂津源氏の一門太田氏出身。父は太田資房。正室は長尾景仲の娘。子に資長(道灌)、資忠など。法号は道真(どうしん)。太田資清 フレッシュアイペディアより)

1157件中 51 - 60件表示

「神奈川県央のできごと」のニューストピックワード