1496件中 61 - 70件表示
  • 埒免古墳

    埒免古墳から見た相模国相模国

    埒免古墳は丹沢山地南麓に広がる丘陵地帯にある円墳で、相模国三ノ宮として知られる比々多神社の北西約200メートルのところにある。新編相模国風土記稿によれば、かつて比々多神社は埒免古墳のある場所にあったが、室町時代から戦国時代にかけて神社は衰えて荒廃し、天正年間の初めになって現在の場所に移転したとされている。埒免古墳 フレッシュアイペディアより)

  • 源宗于

    源宗于から見た相模国相模国

    延喜5年(905年)兵部大輔、延喜8年(908年)右馬頭と醍醐朝前半は武官を歴任するが、延喜12年(912年)三河権守を兼ねると、相模守・信濃権守・伊勢権守と醍醐朝後半から朱雀朝初頭にかけて地方官を歴任する。源宗于 フレッシュアイペディアより)

  • 武蔵野合戦

    武蔵野合戦から見た相模国相模国

    武蔵野合戦(むさしのかっせん)は、南北朝時代の観応の擾乱における合戦の一つ。1352年(正平7年/文和元年)閏2月から3月にかけて、武蔵国・相模国(現、東京都・埼玉県・神奈川県)の各地において、足利尊氏ら北朝方の軍勢と、新田義興・新田義宗、ら南朝方の軍勢との間で行われた一連の合戦である。武蔵野合戦 フレッシュアイペディアより)

  • 尻垂坂の戦い

    尻垂坂の戦いから見た相模国相模国

    永禄3年(1560年)3月29日、謙信は、一揆勢と結び勢力を拡大する越中守護代・神保長職を、その居城・富山城に攻め勝利を収めている。しかし謙信が関東へ出陣し、相模の北条氏康と戦っている間、長職は再起して攻勢に出た。同5年(1562年)9月、謙信は長職を増山城に攻め、降伏させた。尻垂坂の戦い フレッシュアイペディアより)

  • 大岡忠政

    大岡忠政から見た相模国相模国

    大岡 忠政(おおおか ただまさ)は安土桃山時代の武将。江戸幕府旗本。大岡忠勝の三男。相模国高座郡の領主。大岡忠政 フレッシュアイペディアより)

  • 相模 (戦艦)

    相模 (戦艦)から見た相模国相模国

    艦名は旧国名「相模国」にちなむ。相模 (戦艦) フレッシュアイペディアより)

  • 曾我氏

    曾我氏から見た相模国相模国

    曾我氏(そがし)は、相模国を発祥とする武家。曾我氏 フレッシュアイペディアより)

  • 佐原氏

    佐原氏から見た相模国相模国

    相模三浦氏の一族。三浦大介義明の子・十郎義連を祖とする。宝治合戦で本家三浦氏が滅んだ際には盛連系を除く佐原氏の一族はこれに殉じて族滅した。わずかに盛連一族のみが生き残ったが、その出身である盛時は三浦氏を再興した。また、盛時の兄弟たちの子孫は会津の豪族として活躍している。他にも越後山吉氏は男系では佐原氏の子孫である。佐原氏 フレッシュアイペディアより)

  • 韮山県

    韮山県から見た相模国相模国

    韮山県(にらやまけん)は、慶応4年(1868年)に駿河国、相模国、武蔵国、甲斐国内の幕府領・旗本領および伊豆国一円(伊豆諸島も含む)を管轄するために明治政府によって設置された県。管轄地域は現在の静岡県、神奈川県、埼玉県、山梨県、東京都多摩地域にあたる。韮山県 フレッシュアイペディアより)

  • 渋谷氏

    渋谷氏から見た相模国相模国

    相模渋谷氏は、渋谷氏宗家で、相模国高座郡渋谷荘に寄り本貫地の渋谷を名字とした。渋谷氏 フレッシュアイペディアより)

1496件中 61 - 70件表示