1157件中 71 - 80件表示
  • 比々多神社

    比々多神社から見た相模国相模国

    比々多神社(ひびたじんじゃ)は神奈川県伊勢原市三ノ宮に鎮座する神社。『延喜式神名帳』記載の比比多神社(相模国の延喜式内社十三社の内の一社)とされるが後述のように論社も存在する。大磯町国府本郷で行われる国府祭(こうのまち)に参加する相模五社の1社で相模国三宮。所在地名の「三ノ宮」は当社が鎮座していることに拠っている。旧社格は郷社。比々多神社 フレッシュアイペディアより)

  • 高部屋神社

    高部屋神社から見た相模国相模国

    高部屋神社(たかべやじんじゃ)は神奈川県伊勢原市下糟屋にある神社。相模国の式内社十三社の内の一社とされるが、後述のように論社も存在する。旧社格は村社。高部屋神社 フレッシュアイペディアより)

  • 石楯尾神社

    石楯尾神社から見た相模国相模国

    石楯尾神社(いわたておのじんじゃ、或いは いわたておじんじゃ)は相模国の延喜式内社十三社の内の一社である。この社に関しては論社が多く、以下に複数の神社を記す。延喜式には「高座郡石楯尾神社」と記されている。石楯尾神社 フレッシュアイペディアより)

  • 一宮

    一宮から見た相模国相模国

    しかしながら、『一宮ノオト ノオトその17』が指摘するように、その起源が7世紀の一宮争いにあるとする相模国の国府祭伝承など、11世紀?12世紀の成立説と相容れない伝承がいくつかある。『「鎮守神」と王権』においても、一宮の成立時期には国によって懸け隔てがあり、各国の一宮は国家による法や政策を前提として一時期・一律に整備されたものとは言えないと述べている。一宮 フレッシュアイペディアより)

  • 香川氏

    香川氏から見た相模国相模国

    相模国を本貫地とする一族で、鎌倉経高が相模国香川(現在の神奈川県茅ヶ崎市周辺)を支配して以降、香川氏を称したのに始まる。この経景は承久3年(1221年)に起こった承久の乱の功により安芸国に地頭職を得て、その子景光の代になって安芸国へ移住して八木城を築き、本拠とした。戦国時代初期には安芸武田氏に従ったが、安芸武田氏は大内氏や毛利氏との戦いによって勢力を衰えさせた。当時の香川氏当主・香川光景は最後まで安芸武田氏を支えたものの、家中の争いにより離反して毛利氏に従った。香川氏 フレッシュアイペディアより)

  • 今川氏輝

    今川氏輝から見た相模国相模国

    以後実質的には寿桂尼が実権を握っていたが、天文元年(1532年)頃から氏輝が親政を開始する。天文2年(1532年)には遠江において検地を行ない、さらに朝廷に献上物を送るなどして、中央との関係強化に務めた。氏親期からの相模国後北条氏との駿相同盟は維持され、天文4年(1535年)には、相模の北条氏綱と連携して甲斐国守護武田信虎と対立する国人勢力を後援して信虎と争い、甲斐国都留郡山中(現在の山梨県南都留郡山中湖村)において信虎勢と戦っている。今川氏輝 フレッシュアイペディアより)

  • 大岡忠政

    大岡忠政から見た相模国相模国

    大岡 忠政(おおおか ただまさ)は安土桃山時代の武将。江戸幕府旗本。大岡忠勝の三男。相模国高座郡の領主。大岡忠政 フレッシュアイペディアより)

  • 大多和氏

    大多和氏から見た相模国相模国

    大多和(おおたわ)氏は、桓武平氏系統の三浦氏から興った氏族で、相模国三浦郡大多和村(現在横須賀市太田和)の地名に由来する。大多和氏 フレッシュアイペディアより)

  • 唐沢山城の戦い

    唐沢山城の戦いから見た相模国相模国

    下野国の唐沢山城は、下野南部における重要拠点であり、上杉謙信が関東出兵する際に押さえておく必要のある城であった。当時の唐沢山城主は、佐野氏の第15代当主・佐野昌綱であった。昌綱は、越後の上杉謙信と相模の北条氏康という二大勢力に挟まれる苦しい情勢の中、御家の存続と領民を守るため、武勇と知略をもって戦国時代の荒波を乗り切ろうとした。唐沢山城は、関東七名城の一つに数えられる難攻不落の山城であり、謙信はこの城の攻略に手を焼くことになる。このことから「関東一の山城」と言われるようになった。幾度も攻め寄せる上杉軍に対し、昌綱は唐沢山城に篭城して時に撃退し、時に降伏した。しかし上杉軍が越後へ去って北条軍が攻め寄せると今度は北条氏に降伏し、再び上杉軍が攻め寄せると上杉氏に降伏するという臨機応変な状況判断で凌いだ。戦国時代において多くの戦国大名が滅亡する中、佐野氏が命脈を繋ぐことができたのは、昌綱の才覚と唐沢山城の堅固さによるものであった。唐沢山城の戦い フレッシュアイペディアより)

  • 厚木市

    厚木市から見た相模国相模国

    古来この地域は交通の要衝として知られ、津久井?平塚間の中間交易や、大山街道中途の大山詣の宿場町として発展した。そのため元来仲卸業者が多く、旧厚木町市街地域には問屋街が形成されていた。かつては、水運も盛んで相模川を利用した河川交通の要衝でもあった。厚木の名の由来は、川沿いに木材の集散地があったことから、アツメギがアツギに転化したとする説がある。このことを背景に、江戸時代中期の享保年間以降、相模国内の愛甲郡やに高座郡などに飛び地領を有していた下野烏山藩が厚木に陣屋(厚木役所)を置き、飛び地領支配の拠点とした。明治以降も相模国および神奈川県中央部における商業・交通の中心として栄えた。厚木市 フレッシュアイペディアより)

1157件中 71 - 80件表示

「神奈川県央のできごと」のニューストピックワード