1496件中 71 - 80件表示
  • 山中の戦い

    山中の戦いから見た相模国相模国

    「山中」は甲斐東部の都留郡に所在し、郡内の国衆・小山田氏の所領。富士山東麓の山間地で、駿河国今川氏・相模国後北条氏の領国と接する。山中の戦い フレッシュアイペディアより)

  • 谷村城

    谷村城から見た相模国相模国

    戦国時代の甲斐国では守護・武田信虎と有力国人・他国勢力である駿河国の今川氏・相模国の後北条氏との抗争が行われており、都留郡では越中守信有が信虎や今川氏・後北条氏と抗争を繰り広げていた。『勝山記』によれば、永正15年(1518年)5月には武田氏と小山田氏・今川氏の三者の間で和睦が成立する。越中守信有は信虎の妹を室に迎えて武田氏に対する従属を強め、『勝山記』に拠れば、永正18年(1521年)2月18日に武田信虎は船津(富士河口湖町船津)において小山田家臣・小林宮内丞の屋敷を訪問し、翌日には中津森館を訪れている。谷村城 フレッシュアイペディアより)

  • 大岡忠吉

    大岡忠吉から見た相模国相模国

    大岡 忠吉(おおおか ただよし)は江戸時代初期の旗本。従五位下美濃守。旗本・大岡忠右衛門忠政の四男。相模国高座郡高田村の地頭。大岡忠吉 フレッシュアイペディアより)

  • 多治比縣守

    多治比縣守から見た相模国相模国

    その後武蔵国守に任ぜられると、同年7月には新設された按察使の一人として、相模国・上野国及び下野国を管轄する。まもなく播磨国按察使に転じる。多治比縣守 フレッシュアイペディアより)

  • 佐倉藩

    佐倉藩から見た相模国相模国

    佐倉城の東。現在の印旛郡酒々井町には、下総守護下総千葉氏の家系に連なる佐倉千葉氏の居城本佐倉城跡(国の史跡)がある。印幡浦(現在の印旛沼)に面した本佐倉城は、戦国時代末期には相模国小田原城の後北条氏の支城となり、北条氏直に家督を譲って武蔵国江戸城に隠居した北条氏政によって支配された。佐倉藩 フレッシュアイペディアより)

  • 小栗判官

    小栗判官から見た相模国相模国

    応永22年(1415年)、上杉禅秀が関東において乱を起こした際、満重(他の資料では小栗判官(小栗助重)の父の名であるが、この伝承においては判官自身を指す)は鎌倉公方足利持氏に攻め落とされ、落ち延びる。その途上、相模の国に10人の家来とともに潜伏中に、相模横山家(横山大膳・横浜市戸塚区俣野に伝説が残る)の娘・照手姫を見初め、結婚の約束を交わす。横山は、旅人を殺し金品を奪う盗賊であった。照手姫は本来上皇や法皇の御所をまもる武士である北面武士の子であったが、早くに父母に死に別れ、理由あって横山大膳に仕えていた。小栗判官 フレッシュアイペディアより)

  • 津久井郡

    津久井郡から見た相模国相模国

    津久井郡(つくいぐん)は、神奈川県(相模国)にあった郡。津久井郡 フレッシュアイペディアより)

  • 藤原千晴

    藤原千晴から見た相模国相模国

    藤原 千晴(ふじわら の ちはる、生没年不詳)は、平安時代中期の軍事貴族。藤原北家、下野守・藤原秀郷の子。官職は相模介藤原千晴 フレッシュアイペディアより)

  • 佐原義連

    佐原義連から見た相模国相模国

    佐原 義連(さわら よしつら)は、平安時代末期から鎌倉時代初期の武将。相模国の豪族・三浦義明の子。三浦氏の本拠・相模国衣笠城の東南・佐原城(現在の神奈川県横須賀市佐原)に居住していたため、佐原氏を称する。佐原義連 フレッシュアイペディアより)

  • 鎌倉氏

    鎌倉氏から見た相模国相模国

    鎌倉氏(かまくらし)は、武家のひとつ。本姓は桓武平氏。家系は良文流の系統で、相模国鎌倉郡を中心に勢力を伸ばした武士団である。平氏ではなく、相模の豪族の末裔だった可能性も高い。近年では、相武国造の子孫であったという説や、鎌倉別の子孫説もあるが、その説においても確証は曖昧である。秩父平氏が、良質の銅と馬の生産を背景に発展したのと同様に、鎌倉党は製鉄技術により発展した武士団といわれる。鎌倉氏 フレッシュアイペディアより)

1496件中 71 - 80件表示

「神奈川県央のできごと」のニューストピックワード

  • 衣装たくさん着れて楽しかった

  • テレ東音楽祭2020秋

  • テレ東音楽祭2020秋 〜思わず歌いたくなる! 最強ヒットソング100連発〜