1496件中 81 - 90件表示
  • 間部詮房

    間部詮房から見た相模国相模国

    間部 詮房(まなべ あきふさ)は、江戸時代中期の大名。相模厚木藩主、上野高崎藩主、越後村上藩間部氏初代藩主。側用人、老中格。間部詮房 フレッシュアイペディアより)

  • 小野春枝

    小野春枝から見た相模国相模国

    文徳朝の斉衡2年(855年)従五位下に叙爵し、翌斉衡3年(856年)鎮守将軍に任ぜられる。清和天皇の即位後まもない天安3年(859年)に鎮守将軍職は坂上当道に交替するが、早くも翌貞観2年(860年)に春枝は鎮守将軍に再任される。貞観6年(864年)まで鎮守将軍を務める一方、上野権介・相模権介など国司も兼帯した。小野春枝 フレッシュアイペディアより)

  • 足利直義

    足利直義から見た相模国相模国

    しかし、駿河国薩埵山(「埵」は「土へん」に「垂」、静岡県静岡市清水区)、相模国早川尻(神奈川県小田原市)などの戦いで尊氏に連破され、正平7年/文和元年(1352年)1月5日、鎌倉にて武装解除される。浄妙寺境内の延福寺に幽閉された直義は、同年2月26日に急死した。病死とされているが、『太平記』のみは尊氏による毒殺であると記している。直義が没した日は奇しくも、自身の宿敵であった高兄弟の一周忌に当たり、早世した実子・如意丸(如意王)の一周忌の翌日でもあった。享年47。足利直義 フレッシュアイペディアより)

  • 中村氏 (相模国)

    中村氏 (相模国)から見た相模国相模国

    中村氏(なかむらし)は、日本の氏族のひとつ。坂東平氏の一つで、相模国西部に勢力を持ち、源頼朝挙兵時にその軍の中核をなした。師長国造の子孫ともいわれる。中村氏 (相模国) フレッシュアイペディアより)

  • 大友亀太郎

    大友亀太郎から見た相模国相模国

    大友 亀太郎(おおとも かめたろう、天保5年4月27日(1834年6月4日) - 明治30年(1897年)12月14日)は、江戸時代末期から明治時代初期にかけ、北海道の開拓に貢献した相模国(現在の神奈川県)出身の幕臣。大友亀太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 土肥氏

    土肥氏から見た相模国相模国

    鎌倉時代初期に相模国を中心に栄えた、相模土肥氏。土肥氏 フレッシュアイペディアより)

  • 太田資清

    太田資清から見た相模国相模国

    太田 資清(おおた すけきよ)は、室町時代中期から戦国時代前期の武将。相模守護代、扇谷上杉家の家宰。摂津源氏の一門太田氏出身。長尾景仲とともに「関東不双の案者(知恵者)」と称された。父は太田資房。正室は長尾景仲の娘。子に資長(道灌)、資忠など。法号は道真(どうしん)。太田資清 フレッシュアイペディアより)

  • 大庭氏

    大庭氏から見た相模国相模国

    大庭氏(おおばし)は、武家の氏族のひとつ。本姓は平氏。家系は桓武平氏の血をひく坂東八平氏のひとつで鎌倉氏の一族。相模大庭御厨一帯を支配した。一族に梶原氏、俣野氏(横浜市戸塚区俣野、藤沢市)、懐島氏(茅ヶ崎市円蔵)、豊田氏(平塚市豊田)、桐原氏などがいる。大庭氏 フレッシュアイペディアより)

  • 大多和氏

    大多和氏から見た相模国相模国

    相模国の有力御家人・三浦氏の庶流であり、相模国三浦郡大多和村(現:横須賀市太田和)を本貫地とする。大多和氏 フレッシュアイペディアより)

  • 風魔

    風魔から見た相模国相模国

    風魔(かざま、ふうま)あるいは、風摩(かざま)、風間(かざま)は、相州乱波、乱波(らっぱ)とも呼ばれる、戦国時代の相模国で活動した忍者集団で、遅くとも第3代当主・北条氏康の時代から主家滅亡までの間、後北条氏に仕えていた。天正年間頃に知られていた頭目の苗字が「風摩」ないしは「風魔」とされ、忍びだったらしいこの苗字の人間が数十年にわたる文献にあらわれることから、今日では風間家の者が代々頭目を継承したと解釈されている。主家の滅亡後は江戸近辺で盗賊として活動したが、密告により一網打尽にされたらしい。風魔 フレッシュアイペディアより)

1496件中 81 - 90件表示

「神奈川県央のできごと」のニューストピックワード

  • 衣装たくさん着れて楽しかった

  • テレ東音楽祭2020秋

  • テレ東音楽祭2020秋 〜思わず歌いたくなる! 最強ヒットソング100連発〜