1157件中 81 - 90件表示
  • 尻垂坂の戦い

    尻垂坂の戦いから見た相模国相模国

    永禄3年(1560年)3月29日、謙信は、一揆勢と結び勢力を拡大する越中守護代・神保長職を、その居城・富山城に攻め勝利を収めている。しかし謙信が関東へ出陣し、相模の北条氏康と戦っている間、長職は再起して攻勢に出た。同5年(1562年)9月、謙信は長職を増山城に攻め、降伏させた。尻垂坂の戦い フレッシュアイペディアより)

  • 小出村 (神奈川県)

    小出村 (神奈川県)から見た相模国相模国

    9世紀頃の状況が表されている『倭名類聚鈔』で、相模国高座郡内に渭堤が記載されている。渭堤はイデと読み、小出に通じる。渭堤は、現在の堤と芹沢にあたると考えられている。小出村 (神奈川県) フレッシュアイペディアより)

  • 明知遠山氏

    明知遠山氏から見た相模国相模国

    なお、このときに明知遠山氏の一族が相模に行き北条氏に仕え武蔵遠山氏となったという説がある。ただし武蔵遠山氏の初代は景行のおじ・直景で、彼が東国へ移動した理由は不詳であり、武蔵遠山氏と上村合戦との因果関係は不明な状態である。明知遠山氏 フレッシュアイペディアより)

  • 徳川家康

    徳川家康から見た相模国相模国

    一方、信長の領土となっていた旧武田領の甲斐国と信濃国では大量の一揆が起こった。さらに、越後国の上杉氏、相模国の北条氏も旧武田領への侵攻の気配を見せた。旧武田領全土を委任されていた上野国の滝川一益は、旧武田領を治めてまだ3ヶ月程しか経っておらず、軍の編成が済んでいなかったことや、武田遺臣による一揆が相次いで勃発したため、滝川配下であった信濃国の森長可と毛利秀頼は領地を捨て畿内へ敗走し、甲斐国の河尻秀隆は一揆勢に敗れ戦死するなど緊迫した状況にあった。追い打ちをかけるように、織田氏と同盟関係を築いていた北条氏が一方的に同盟を破り、北条氏直率いる6万の軍が襲来。滝川一益は北条氏直を迎撃するも敗北、尾張国まで敗走した。このため、甲斐・信濃・上野は領主のいない空白地帯となり、家康は武田氏の遺臣・岡部正綱や依田信蕃、甲斐国の辺境武士団である武川衆らを先鋒とし、自らも8,000人の軍勢を率いて甲斐国に攻め入った(天正壬午の乱)。徳川家康 フレッシュアイペディアより)

  • 1538年

    1538年から見た相模国相模国

    北条氏政、相模の戦国大名、北条氏の第4代当主(+ 1590年)1538年 フレッシュアイペディアより)

  • 古河城

    古河城から見た相模国相模国

    享徳の乱において、第5代鎌倉公方足利成氏は関東管領上杉氏と争い、享徳4年(1455年)に今川範忠が鎌倉を占拠すると、下総古河に本拠を移した。「古河公方」の成立である。成氏の勢力範囲は、当時の渡良瀬川・利根川下流の東側にあった下総国・常陸国・下野国・上総国・安房国であり、山内上杉家および扇谷上杉家の勢力範囲は、反対側の上野国・武蔵国・相模国 ・伊豆国だった。さらに、京都の室町幕府も上杉氏を支持し、新たな鎌倉公方として足利政知(堀越公方)が東下して、30年近く両勢力は争い続ける。古河城 フレッシュアイペディアより)

  • 毛利氏

    毛利氏から見た相模国相模国

    家系は鎌倉幕府の名臣大江広元の四男・大江季光を祖とする一族、したがって大江広元の子孫ではあるが嫡流ではない。名字の「毛利」は、季光が父・広元から受け継いだ所領の相模国愛甲郡毛利庄(もりのしょう、現在の神奈川県厚木市周辺)を本貫とする。中世を通して「毛利」は「もり」と読まれたが、後に「もうり」と読まれるようになった。毛利氏 フレッシュアイペディアより)

  • 三浦郡

    三浦郡から見た相模国相模国

    古代、相模国御浦郡である。郡衙は葉山町一色一帯とも、横須賀市の神奈川県立横須賀高等学校付近ともされるが不詳。古代末より中世には三浦氏の勢力下にあった。三浦郡 フレッシュアイペディアより)

  • 北条時宗

    北条時宗から見た相模国相模国

    鎌倉幕府執権職を世襲する北条氏の嫡流得宗家に生まれ、世界帝国であったモンゴル帝国(大元朝)の日本に対する圧力が高まるなかで執権に就任。内政にあっては得宗権力の強化を図る一方、モンゴル帝国(大元朝)の2度にわたる侵攻を退け(元寇)、後世には日本の国難を救った英雄とも評される。官位は、正五位下相模守。贈従一位。北条時宗 フレッシュアイペディアより)

  • 木曾氏

    木曾氏から見た相模国相模国

    「木曽殿伝記」によると、義仲没落後に義重・義基・義宗は外祖父にあたる上野国沼田の「伊予守藤原ノ家国」を頼り、その地で蟄居したとある。そして鎌倉幕府5代将軍藤原頼嗣の時代に、木曽氏4代目とされる基家が上野国と相模国に所領を得たとしている。木曾氏 フレッシュアイペディアより)

1157件中 81 - 90件表示

「神奈川県央のできごと」のニューストピックワード