204件中 121 - 130件表示
  • 相模国

    相模国から見た和名類聚抄

    相模国の国府所在地は、未だ明らかでない。史料では、『和名類聚抄』および『拾芥抄』において「大住郡」、『伊呂波字類抄』では「餘綾郡」と見えるが、いずれも国分寺の所在地(高座郡)と異なるため、最低でも3遷したと推測される。相模国 フレッシュアイペディアより)

  • 相模国

    相模国から見た海老名市

    相模国分寺の地に初期国府の所在を求める説。推定地は現在の海老名市付近。江戸時代の『新編相模国風土記稿』に高座郡国分村と見える一帯に推定される。相模国 フレッシュアイペディアより)

  • 相模国

    相模国から見た国府八幡宮

    また、一宮から四宮までの4社と共に国司巡拝の神社で「一国一社の八幡宮」として平塚八幡宮(平塚市浅間町)があるが、同宮は四宮以上の4社と違って式内社ではない。平塚八幡宮を「五宮」と呼ぶことはなく神社側も五宮とは名乗っていないが、5月5日の国府祭(こうのまち)では一宮から四宮と平塚八幡宮の五社が神揃山(かみそろいやま)に集まる神事があることから、五宮格と考えられている。一方、室町時代の兵火に合うまで権勢を誇った有鹿神社は五宮とされることもある(諸説あり)が、国府祭には参加していない。相模国 フレッシュアイペディアより)

  • 相模国

    相模国から見た氏神

    寒川神社は古くから現代に至るまで一宮とされている。一方で鶴岡八幡宮(鎌倉市雪ノ下)も全国一の宮会に加盟しており、一宮として扱われることがある。同宮は鎌倉時代の創建で、式内社ではないにもかかわらず一宮と同格の扱いを受けた。これは、当時の将軍である源氏の氏神を京都の石清水八幡宮から勧請した宮であり、鎌倉幕府が特別扱いしたためと考えられる。相模国 フレッシュアイペディアより)

  • 相模国

    相模国から見た土屋氏

    中村氏 - 中村荘。板東平氏。相模平一揆を為して、実質守護を代行していた。土肥氏、土屋氏、小早川氏などが派生している。相模国 フレッシュアイペディアより)

  • 相模国

    相模国から見た和名抄

    平安時代中期成立の『和名抄』の記載に基づく説。別地から移ったと見る説では、元慶2年(878年)の関東大地震を契機として新たに建てられたと推測する。平塚市四宮において関連遺跡が発掘されている。ただし比定地については、平塚市四宮説以外にも伊勢原市比々多説・秦野市御門説がある。相模国 フレッシュアイペディアより)

  • 相模国

    相模国から見た令制国

    相模国(さがみのくに)は、かつて日本の地方行政区分だった令制国の一つ。東海道に属する。相模国 フレッシュアイペディアより)

  • 相模国

    相模国から見た入来院氏

    渋谷氏 - 渋谷庄。宝治合戦の恩賞で薩摩に東郷氏、祁答院氏、入来院氏などが派生している。相模国 フレッシュアイペディアより)

  • 相模国

    相模国から見た秦野盆地

    波多野氏 - 波多野荘。本姓佐伯氏。秦野盆地一体に根を張り、松田氏などが派生している。京武者として官位を得、源頼朝の父義朝とも縁戚関係になるなど大きな勢力を誇ったが、頼朝に敵対して没落した。御家人としては残っている。相模国 フレッシュアイペディアより)

  • 相模国

    相模国から見た西大平県

    7月14日 - 廃藩置県により藩領が小田原県、荻野山中県、烏山県、水戸県、佐倉県、生実県、六浦県、西大平県となる。相模国 フレッシュアイペディアより)

204件中 121 - 130件表示

「神奈川県央のできごと」のニューストピックワード

  • 衣装たくさん着れて楽しかった

  • テレ東音楽祭2020秋

  • テレ東音楽祭2020秋 〜思わず歌いたくなる! 最強ヒットソング100連発〜