166件中 61 - 70件表示
  • 相模国

    相模国から見た下野国

    大住郡 - 幕府領(韮山代官所)、旗本領、小田原藩、下野烏山藩、下総佐倉藩、下総生実藩、武蔵金沢藩相模国 フレッシュアイペディアより)

  • 相模国

    相模国から見た橘真直

    (権守)橘真直(仁寿元年〈851年〉1月11日 - 仁寿2年〈852年〉6月20日)正五位下相模国 フレッシュアイペディアより)

  • 相模国

    相模国から見た下総国

    大住郡 - 幕府領(韮山代官所)、旗本領、小田原藩、下野烏山藩、下総佐倉藩、下総生実藩、武蔵金沢藩相模国 フレッシュアイペディアより)

  • 相模国

    相模国から見た藤原忠輔

    (権守)藤原忠輔(天延元年〈973年〉11月28日 - 貞元元年〈976年〉6月16日)従五位下相模国 フレッシュアイペディアより)

  • 相模国

    相模国から見た春原五百枝

    春原五百枝(弘仁7年〈816年〉1月10日 - 「弘仁10年〈819年〉3月1日)」従三位参議相模国 フレッシュアイペディアより)

  • 相模国

    相模国から見た鶴岡八幡宮

    鶴岡八幡宮 (鎌倉市雪ノ下)相模国 フレッシュアイペディアより)

  • 相模国

    相模国から見た石清水八幡宮

    寒川神社は延喜式の昔から現代に至るまで一宮とされる。鶴岡八幡宮は鎌倉時代の創建で、式内社ではないにもかかわらず一宮と同格の扱いを受けた。これは、当時の将軍である源氏の氏神を京都の石清水八幡宮から勧請した宮であるために、鎌倉幕府が特別扱いしていたと考えられる。相模国 フレッシュアイペディアより)

  • 相模国

    相模国から見た横浜市

    現在の行政区域で言うと、神奈川県のうち川崎市・横浜市を除いた地域が旧相模国にあたる。相模国 フレッシュアイペディアより)

  • 相模国

    相模国から見た箱根

    国名の語源は不明。前身とされる身狭上(ムサガミ)・佐斯上(サシガミ)が由来とする真淵や宣長の説もあれば、古代この地域の産物であったカラムシ(苧・麻布などの種)が訛った「ムシ」に由来するという説や、「坂見」の転訛(箱根の坂の上から見える地域)という説なども存在し、定説が確定できなくなっている(『神奈川県史』通史編1)。相模国 フレッシュアイペディアより)

  • 相模国

    相模国から見た考古学

    なお、もとは武蔵国と一つだったという説がある。賀茂真淵や『倭訓栞』には、身狭(ムサ)国があり、のち身狭上・身狭下に分かれ、語の欠落などでそれぞれ相模・武蔵となったとする。本居宣長は『古事記伝』で、佐斯(サシ)国を仮定し、佐斯上、身佐斯と分かれ、そののち相模・武蔵となったという。近藤芳樹『陸路廼記』などによれば総(フサ)国の一部が総上・総下となり、のち相模・武蔵となったとされる。しかしこれらの説は、武蔵国がかつては毛野国(群馬県・栃木県)地域と一体であったとする考古学の成果と合わない。相模国 フレッシュアイペディアより)

166件中 61 - 70件表示

「神奈川県央のできごと」のニューストピックワード