166件中 71 - 80件表示
  • 相模国

    相模国から見た鎌倉時代

    寒川神社は延喜式の昔から現代に至るまで一宮とされる。鶴岡八幡宮は鎌倉時代の創建で、式内社ではないにもかかわらず一宮と同格の扱いを受けた。これは、当時の将軍である源氏の氏神を京都の石清水八幡宮から勧請した宮であるために、鎌倉幕府が特別扱いしていたと考えられる。相模国 フレッシュアイペディアより)

  • 相模国

    相模国から見た津久井郡

    津久井県 - 幕府領(韮山代官所)、旗本領、小田原藩相模国 フレッシュアイペディアより)

  • 相模国

    相模国から見た海老名市

    この2ヶ所のほかに、国分寺があった海老名市付近に初期の国府があったとする説、現在の小田原市にある千代廃寺を初期の国分寺とみなしその付近に初期の国府があったとする説もある。相模国 フレッシュアイペディアより)

  • 相模国

    相模国から見た鎌倉郡

    鎌倉郡 - 幕府領(浦賀奉行、松村忠四郎支配所、韮山代官所)、旗本領、下野烏山藩、下総生実藩相模国 フレッシュアイペディアより)

  • 相模国

    相模国から見た国府祭

    一宮から四宮までの4社と共に国司巡拝の神社で「一国一社の八幡宮」として平塚八幡宮(平塚市浅間町)があるが、平塚八幡宮は四宮以上の4社と違って式内社ではない。平塚八幡宮を「五宮」と呼ぶことはなく、神社側も五宮とは名乗っていないが、5月5日の国府祭(こうのまち)では、一宮から四宮と平塚八幡宮の五社が神揃山(かみそろいやま)に集まる神事があることから、五宮格と考えられる。室町時代の兵火に合うまで権勢を誇った有鹿神社は五宮である(諸説あり)が、国府祭には参加していない。相模国 フレッシュアイペディアより)

  • 相模国

    相模国から見た大磯町

    『伊呂波字類抄』では、国府は余綾郡(よろきぐん)とする。現在の大磯町国府本郷辺りと推定される。相模国 フレッシュアイペディアより)

  • 相模国

    相模国から見た横浜裁判所

    3月19日 - 神奈川奉行が新政府軍に接収されて横浜裁判所となり、足柄下郡、大住郡、愛甲郡、高座郡、三浦郡、鎌倉郡の幕府領・旗本領を管轄。ただし、旧韮山代官所、松村支配所管轄地域の一部事務は引き続き両支配所が扱った。相模国 フレッシュアイペディアより)

  • 相模国

    相模国から見た生実藩

    大住郡 - 幕府領(韮山代官所)、旗本領、小田原藩、下野烏山藩、下総佐倉藩、下総生実藩、武蔵金沢藩相模国 フレッシュアイペディアより)

  • 相模国

    相模国から見た延喜式神名帳

    延喜式神名帳』には、以下に示す大社1座1社・小社12座12社の計13座13社が記載されている。大社1社は名神大社である。相模国 フレッシュアイペディアより)

  • 相模国

    相模国から見た式内社

    寒川神社は延喜式の昔から現代に至るまで一宮とされる。鶴岡八幡宮は鎌倉時代の創建で、式内社ではないにもかかわらず一宮と同格の扱いを受けた。これは、当時の将軍である源氏の氏神を京都の石清水八幡宮から勧請した宮であるために、鎌倉幕府が特別扱いしていたと考えられる。相模国 フレッシュアイペディアより)

166件中 71 - 80件表示

「神奈川県央のできごと」のニューストピックワード