204件中 71 - 80件表示
  • 相模国

    相模国から見た下総国

    大住郡(66,439石余) - 幕府領(韮山代官所)、旗本領、小田原藩、下野烏山藩、下総佐倉藩、下総生実藩、武蔵金沢藩相模国 フレッシュアイペディアより)

  • 相模国

    相模国から見た藤原忠輔

    (権守)藤原忠輔(天延元年〈973年〉11月28日 - 貞元元年〈976年〉6月16日)従五位下相模国 フレッシュアイペディアより)

  • 相模国

    相模国から見た春原五百枝

    春原五百枝(弘仁7年〈816年〉1月10日 - 「弘仁10年〈819年〉3月1日)」従三位参議相模国 フレッシュアイペディアより)

  • 相模国

    相模国から見た鶴岡八幡宮

    寒川神社は古くから現代に至るまで一宮とされている。一方で鶴岡八幡宮(鎌倉市雪ノ下)も全国一の宮会に加盟しており、一宮として扱われることがある。同宮は鎌倉時代の創建で、式内社ではないにもかかわらず一宮と同格の扱いを受けた。これは、当時の将軍である源氏の氏神を京都の石清水八幡宮から勧請した宮であり、鎌倉幕府が特別扱いしたためと考えられる。相模国 フレッシュアイペディアより)

  • 相模国

    相模国から見た石清水八幡宮

    寒川神社は古くから現代に至るまで一宮とされている。一方で鶴岡八幡宮(鎌倉市雪ノ下)も全国一の宮会に加盟しており、一宮として扱われることがある。同宮は鎌倉時代の創建で、式内社ではないにもかかわらず一宮と同格の扱いを受けた。これは、当時の将軍である源氏の氏神を京都の石清水八幡宮から勧請した宮であり、鎌倉幕府が特別扱いしたためと考えられる。相模国 フレッシュアイペディアより)

  • 相模国

    相模国から見た横浜市

    明治維新の直前の領域は現在以下のようになっている。現在の行政区域で言うと、神奈川県のうち川崎市・横浜市を除いた地域が旧相模国に該当する。ただし、旧武蔵国を過半とする横浜市のうち一部の地域は旧相模国の鎌倉郡にあたる。相模国 フレッシュアイペディアより)

  • 相模国

    相模国から見た東京湾

    境川はその上流部において、現在では神奈川県と東京都の都県境であり、かつては武相国境(武蔵国との境)となっていた。境川を過ぎた後は、「武相国境道」と呼ばれる尾根道(主に東京湾と相模湾の分水嶺にあたる)が聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院の辺りから(旭区と瀬谷区の境)金沢区と鎌倉市の境まで続いていた。相模国 フレッシュアイペディアより)

  • 相模国

    相模国から見た東大寺

    国の史跡。東大寺式伽藍配置で、推定寺域は約175-200メートル四方。後継寺院はない。相模国 フレッシュアイペディアより)

  • 相模国

    相模国から見た箱根

    国名の語源は不明。前身とされる身狭上(ムサガミ)・佐斯上(サシガミ)が由来とする真淵や宣長の説もあれば、古代この地域の産物であったカラムシ(苧・麻布などの種)が訛った「ムシ」に由来するという説や、「坂見」の転訛(箱根の坂の上から見える地域)という説なども存在し、定説が確定できなくなっている(『神奈川県史』通史編1)。相模国 フレッシュアイペディアより)

  • 相模国

    相模国から見た考古学

    なお、もとは武蔵国と一つだったという説がある。賀茂真淵や『倭訓栞』には、身狭(ムサ)国があり、のち身狭上・身狭下に分かれ、語の欠落などでそれぞれ相模・武蔵となったとする。本居宣長は『古事記伝』で、佐斯(サシ)国を仮定し、佐斯上、身佐斯と分かれ、そののち相模・武蔵となったという。近藤芳樹『陸路廼記』などによれば総(フサ)国の一部が総上・総下となり、のち相模・武蔵となったとされる。しかしこれらの説は、武蔵国がかつては毛野国(群馬県・栃木県)地域と一体であったとする考古学の成果と合わない。相模国 フレッシュアイペディアより)

204件中 71 - 80件表示

「神奈川県央のできごと」のニューストピックワード

  • 衣装たくさん着れて楽しかった

  • テレ東音楽祭2020秋

  • テレ東音楽祭2020秋 〜思わず歌いたくなる! 最強ヒットソング100連発〜