188件中 91 - 100件表示
  • 神戸空港

    神戸空港から見た航空機

    年間の航空機発着回数は約3万回、航空旅客数は約280万人でそれぞれ地方管理空港の中では第1位を誇る。路線別では、旅客数は神戸 - 東京便で 1,043,641人 と全国の発着便の中で第27位、座席利用率は神戸 - 長崎便で 82.4% と全国の発着便の中で第11位であった。神戸空港 フレッシュアイペディアより)

  • 神戸空港

    神戸空港から見たボーイング747-400

    滑走路長は2500mであるが、燃料の搭載量が少なく離陸重量が軽い国内線に限れば、貨客が満載された大型機のボーイング747-400Dやボーイング777でも離着陸可能である。ボーイング777は定期便や代替地着陸などで離着陸の実績がある。なお、大型機で米国西海岸や欧州などの長距離国際線を運航するには、燃料搭載量が増えるなどの理由から3000m以上の滑走路長が必要となる。神戸空港 フレッシュアイペディアより)

  • 神戸空港

    神戸空港から見た姫路駅

    神戸空港開業に先駆けて、ポートライナーが延伸された。三宮駅と神戸空港駅を18分で結ぶ。駅舎はターミナルビル2階と直結しており、改札口からそのまま出発ロビーへ入ることができる。三宮駅からはJR神戸線、阪神本線、阪急神戸本線、神戸市営地下鉄西神・山手線、神戸市営地下鉄海岸線と接続しており、最速で大阪駅から約20分、姫路駅から約40分、京都駅から約50分で接続する。神戸空港 フレッシュアイペディアより)

  • 神戸空港

    神戸空港から見た阪急神戸本線

    神戸空港開業に先駆けて、ポートライナーが延伸された。三宮駅と神戸空港駅を18分で結ぶ。駅舎はターミナルビル2階と直結しており、改札口からそのまま出発ロビーへ入ることができる。三宮駅からはJR神戸線、阪神本線、阪急神戸本線、神戸市営地下鉄西神・山手線、神戸市営地下鉄海岸線と接続しており、最速で大阪駅から約20分、姫路駅から約40分、京都駅から約50分で接続する。神戸空港 フレッシュアイペディアより)

  • 神戸空港

    神戸空港から見たトヨタレンタリース

    トヨタレンタリース神戸 神戸空港店神戸空港 フレッシュアイペディアより)

  • 神戸空港

    神戸空港から見た衆議院

    この間、神戸で震災ボランティアに携わった作家の田中康夫(後に長野県知事、参議院議員、衆議院議員、新党日本代表)が「勝手連的に」、「神戸市民投票を実現する会」を結成、自らがその代表を名乗り市民運動への取り組みを見せ、知名度の高さや神戸を頻繁に訪問するなど積極的に活動を重ね、市民運動の広がりを助けた。そうしてこの運動は、「神戸空港建設の是非を問う住民投票条例」を求める直接請求運動として展開され、その受け皿として市民団体「神戸空港・住民投票の会」が組織された。神戸空港 フレッシュアイペディアより)

  • 神戸空港

    神戸空港から見た燃料

    滑走路長は2500mであるが、燃料の搭載量が少なく離陸重量が軽い国内線に限れば、貨客が満載された大型機のボーイング747-400Dやボーイング777でも離着陸可能である。ボーイング777は定期便や代替地着陸などで離着陸の実績がある。なお、大型機で米国西海岸や欧州などの長距離国際線を運航するには、燃料搭載量が増えるなどの理由から3000m以上の滑走路長が必要となる。神戸空港 フレッシュアイペディアより)

  • 神戸空港

    神戸空港から見た進入・ターミナルレーダー管制

    安全面においては、半径25 kmの範囲で存在する大阪国際・関西国際・神戸・八尾の4空港は標準計器到着方式や標準計器出発方式、計器進入方式などの飛行経路が接近しているため、国土交通省関西空港事務所において進入・ターミナルレーダー管制を一元的に行うことで対応している。関西空港事務所のターミナル・レーダー管制室にサテライト空港席として神戸空港離着陸機を主に取り扱う管制卓がおかれて、関西国際空港便などと神戸空港便との間のスムーズな管制をはかっている。神戸空港 フレッシュアイペディアより)

  • 神戸空港

    神戸空港から見た京都学園大学

    空港島設置の影響で潮流が変化し、溶存酸素量の低下、青潮の発生など大阪湾の水質汚濁が引き起こされているという指摘が京都学園大学の讃岐田訓などによってなされている。神戸空港 フレッシュアイペディアより)

  • 神戸空港

    神戸空港から見た副市町村長

    1998年、住民投票条例の直接請求を求める署名運動が展開されて有効署名は30万7797人に達した。この直接請求を受けて「神戸空港建設の是非を問う住民投票条例案」が議会に提案されるが、空港建設推進派が多数を占めていた議会では、大差で否決された。1999年に行われた市議会選挙では、空港反対派の議員が増加したものの、議会構成に影響があるほどの勢力にはなり得なかった(空港反対19 → 23, 推進51 → 49)。その後、市長リコールの直接請求署名運動も行われるが盛り上がらず失敗。また1999年には野党議員によって「神戸空港建設の是非を問う住民投票条例案」が市議会に提案されるがこれも賛成少数で否決された。2001年の神戸市長選挙では、神戸市助役で元空港整備本部長だった矢田立郎(無所属)が初当選、このとき空港反対派は候補者一本化に失敗した。さらに建設活動や手続きが進むにつれて市民運動としては沈静化に向かい、2003年の市議会選挙では、建設反対派議員は議席を減らす結果となり、ほぼ震災前の水準に逆戻りした。一部の市民グループによって、空港工事差し止めの一連の訴訟が行われたものの、そのうち一つが2004年に神戸地裁で棄却。2005年大阪高裁。2007年の最高裁と棄却されるなど成功していない。2005年には、小型機用地利用に関する差し止め訴訟も神戸地裁で棄却され、神戸空港を開港前に中止するような方法は困難となった。開港前の最後の選挙である2005年の神戸市長選挙ではまたも候補一本化に失敗し、対立候補の一人は空港反対を争点にしたものの盛り上がらず、現職の矢田候補が再選された。2006年2月16日、これらの経緯をふまえて神戸空港が開港した。神戸空港 フレッシュアイペディアより)

188件中 91 - 100件表示

「神戸空港」のニューストピックワード

[an error occurred while processing this directive]