188件中 111 - 120件表示
  • 神戸空港

    神戸空港から見たIATA空港コード

    近隣の関西国際空港・大阪国際空港(伊丹空港)とともに関西三空港のひとつを担う海上空港である。海上都市ポートアイランド沖約1kmの人工島とともに建設され、2006年2月16日に開港。大阪の西26km、神戸市中心部三宮の南8kmに位置し、アクセスにも優れた利便性の高い空港として知られる。空港3レターコードは元々神戸が持っていた都市コードと同じUKBである。運賃取扱上は大阪と同一とみなされるので、都市コードの大阪OSAには大阪国際ITM・関西国際KIX・神戸UKBの3空港があり、案内上「大阪(神戸)」と表記される場合もある。スカイマークでは、神戸空港を東京国際空港と並ぶ拠点空港と位置づけ、積極的な路線展開が行われている。神戸空港 フレッシュアイペディアより)

  • 神戸空港

    神戸空港から見たマリンジャンボ

    2006年2月16日 開港。午前5時50分に開港式。同7時21分に一番機の東京国際空港行き日本航空ボーイング777-300 (JA752J)が明石海峡方向27に離陸。同8時4分に定期便着陸一番機である羽田空港発の全日空ボーイング767-300 (JA8579)が明石海峡方向09より到着。開港後、数ヶ月の間に多数の見学者が訪れた。見学者数は開港1年で約214万人となった。神戸空港 フレッシュアイペディアより)

  • 神戸空港

    神戸空港から見たボーディング・ブリッジ

    駐機場は、1番から10番までの10スポットある。このうち、3番から6番は開港時より固定搭乗橋を備えていたが、7番にも増設され2013年6月1日より共用開始されている。PBB(パッセンジャー・ボーディング・ブリッジ)は6本(5番搭乗口にはPBBが2本あるため)である。3番搭乗口には開港当初はオープンスポット搭乗階段のみで、PBBは供用開始されていなかったが、開港前の2005年12月より急遽増設が決定し、開港後の2006年7月1日にPBBの供用が開始された。。神戸空港 フレッシュアイペディアより)

  • 神戸空港

    神戸空港から見た三田駅 (兵庫県)

    特急38系統(三田駅・フラワータウン→新神戸・三宮→神戸空港、空港方面行きのみ)神戸空港 フレッシュアイペディアより)

  • 神戸空港

    神戸空港から見た阿波エクスプレス神戸号

    阿波エクスプレス神戸号(徳島駅・鳴門方面?三宮・新神戸?神戸空港)神戸空港 フレッシュアイペディアより)

  • 神戸空港

    神戸空港から見た恵比須快速線

    恵比須快速線(三木・恵比須駅方面→三宮→神戸空港・海上AT、空港方面行きのみ)神戸空港 フレッシュアイペディアより)

  • 神戸空港

    神戸空港から見た和泉国

    この地区の空港建設計画は1946年の「市復興基本計画要綱」に初めて登場する。具体的な神戸沖空港建設の計画は、1969年5月に当時の運輸省の関西新空港構想に始まっている。この構想では、関西新空港予定地は神戸沖の他にも、播磨灘、淡路島、泉州沖が想定されていたが、大都市圏からのアクセスの利便性により神戸沖が有力とみられていた。神戸空港 フレッシュアイペディアより)

  • 神戸空港

    神戸空港から見た社会実験

    神戸市では新たな交通手段 (LRT・BRT) の導入を神戸空港への交通利便性向上などを図るため検討している。2017年7月には、社会実験の一環として三宮 - 神戸空港間で連節バス運行を実施し、BRT 導入の検討を行う。所要時間はポートライナーと同程度を想定し、料金は大人100円。神戸空港 フレッシュアイペディアより)

  • 神戸空港

    神戸空港から見た制限表面

    神戸空港は神戸港の入口にある海上空港であるために、空港設置時に船舶との干渉が懸念された。ただし、航空法の制限表面の規制は建物や錨泊船など固定物に対する規制であって、移動中の船舶に対する規制はない。神戸空港 フレッシュアイペディアより)

  • 神戸空港

    神戸空港から見た市税

    神戸空港問題が大きな市民活動になったのは、やはり阪神・淡路大震災後である。笹山市長は引き続き空港建設を明言し、震災復興計画に神戸空港計画を盛り込んで「防災の拠点」と位置づけた。しかし震災で日々の生活にダメージをうけた市民の感情とは大きく隔離し、むしろ逆なでしたものとして大きな反発を招いた。しかしこの時、笹山市長は「市民に財政負担は一切かけない」と明言した。笹山市長の案では、空港埋立地の売却益によって、市税を使うことなく、債務を完済出来るという考えであった。しかし、埋め立てを中心とした土地開発行政、いわゆる「神戸方式」は実質的にはバブル崩壊以前から行き詰ってきていたが、『一度覚えた成功方式』の転換、修正は困難であった。震災前から増加しつつあった市債が急増し、起債残高が一般会計、特別会計等をあわせ3兆円にもなり、財政的に厳しい状況での大規模プロジェクトを危惧する考えなどもあわせ、また、他の地方空港が経営的に成功している例がないこともあって、空港反対は次第に大きな市民運動と発展した。神戸空港 フレッシュアイペディアより)

188件中 111 - 120件表示

「神戸空港」のニューストピックワード

[an error occurred while processing this directive]