188件中 11 - 20件表示
  • 神戸空港

    神戸空港から見た橋下徹

    関西3空港のひとつである神戸空港は関西政界に大きく影響を与えており、各方面で様々な議論が行われている。かつては大阪の政財界には神戸空港不要論があり、南海電気鉄道会長である山中諄関西経済同友会代表幹事は、2009年10月22日の記者会見で「関空の機能強化を目指すなら、神戸を廃止し、伊丹の(主要)機能を関空に移転するのがベターではないか」と述べた。また「神戸空港廃止後は、政府の危機管理向けやヘリポートなどの代替機能を担うべきだ」との見解を示した。また、井戸敏三兵庫県知事、矢田立郎神戸市長(当時)の二人が神戸空港、関西国際空港、大阪国際空港の共存を主張するのに対し、かつては橋下徹大阪府知事(当時)が大阪国際空港の廃港を持論としており、2010年1月27日には神戸空港について「結果から見れば失策」と述べ、伊丹を廃止すればその分、関西、神戸両空港に路線が集まると主張していた。神戸空港 フレッシュアイペディアより)

  • 神戸空港

    神戸空港から見た国土交通省

    定期便は国内線のみだが、定期乗り入れ航空会社以外のチャーター便やビジネスジェットの乗り入れも行われており、その際に国際線の運用が行われることもある。24時間運用可能な海上空港として建設されたが、国土交通省より運用時間7:00?22:00、定期国際線の就航不可、便数1日60便(30往復)までと規制されている。年々発着回数は増加傾向にあり、発着枠上限の30便体制の運航となっていることから、規制緩和の声が強まっている。開港当初の旅客数は、全国の国内旅客数が減少に転じた2006年に開港したことや、燃油価格の上昇、リーマンショック、日本航空事実上の経営破綻などが重なり、旅客数は予測と乖離した結果となった。また、LCCとの競争激化で2013年度まで旅客数は伸び悩んでいたが、神戸空港の認知度上昇やスカイマークが西の拠点空港としたことなどにより徐々に旅客数や座席利用率が上昇。2017年には、旅客数 3,044,655人、搭乗率 78.8% と過去最多を記録するなど好調な伸びを示している。神戸空港 フレッシュアイペディアより)

  • 神戸空港

    神戸空港から見た2009年

    一方で、2009年1月にスカイマークが神戸空港を「関西の拠点」と位置付け、神戸空港発着の路線を大幅に増やす中期経営計画を発表。神戸空港の知名度上昇とともに、経営再建が順調に進む同社が後押しし旅客数が再び上昇傾向となった。開港12年目(2017年2月?2018年1月)の旅客数は304万8千人、平均搭乗率は78.8%と過去最高を記録。路線別でみると最も高い搭乗率が羽田便で83.3%、最も低い新千歳便で74.8%といずれも高い水準となった。神戸空港 フレッシュアイペディアより)

  • 神戸空港

    神戸空港から見た三愛石油

    開港時、容量約500klのタンクが2基。JAL・ANA・三愛石油の共同出資による「神戸空港給油施設(株)」が運営する。2006年度にさらに1基増設し、3基となった(2006年8月に着工、2007年2月1日供用開始)。神戸空港 フレッシュアイペディアより)

  • 神戸空港

    神戸空港から見た南海電気鉄道

    関西3空港のひとつである神戸空港は関西政界に大きく影響を与えており、各方面で様々な議論が行われている。かつては大阪の政財界には神戸空港不要論があり、南海電気鉄道会長である山中諄関西経済同友会代表幹事は、2009年10月22日の記者会見で「関空の機能強化を目指すなら、神戸を廃止し、伊丹の(主要)機能を関空に移転するのがベターではないか」と述べた。また「神戸空港廃止後は、政府の危機管理向けやヘリポートなどの代替機能を担うべきだ」との見解を示した。また、井戸敏三兵庫県知事、矢田立郎神戸市長(当時)の二人が神戸空港、関西国際空港、大阪国際空港の共存を主張するのに対し、かつては橋下徹大阪府知事(当時)が大阪国際空港の廃港を持論としており、2010年1月27日には神戸空港について「結果から見れば失策」と述べ、伊丹を廃止すればその分、関西、神戸両空港に路線が集まると主張していた。神戸空港 フレッシュアイペディアより)

  • 神戸空港

    神戸空港から見た上組

    港湾運送業の上組(神戸市)が神戸空港島に倉庫や事務所を建設し、多目的倉庫機能を備えている。約2haを分譲で取得する予定である。2009年12月16日に竣工。神戸空港 フレッシュアイペディアより)

  • 神戸空港

    神戸空港から見た双日

    2016年12月20日 入札参加審査で、オリックス、ヴァンシ・エアポート、関西エアポート3社陣営と双日が審査通過(双日は翌年2月13日に辞退)。神戸空港 フレッシュアイペディアより)

  • 神戸空港

    神戸空港から見た全日本空輸

    開港時の便数は、日本航空 (JAL)と全日本空輸 (ANA)がそれぞれ1日10便、スカイマーク (SKY)が1日7便。いずれの航空会社も東京/羽田便が中心になり、SKYの全7便と、JALとANAがそれぞれ2往復で、東京/羽田線は3社計11往復。その他の就航先は札幌/新千歳(3便)、仙台(2便)、新潟(2便)、熊本(1便)、鹿児島(4便)、沖縄/那覇(4便)であり、合計27便で開港した(カッコ内は開港時の設定便数)。しかし、開港前の2005年11月14日に開催された「関西3空港懇談会」で、当時集客・利用促進が課題となっていた関西国際空港に配慮した運用規制が設けられ、発着回数は1日あたり60便(30往復)まで、国際定期便・チャーター便(オウンユースを除く)の運航禁止、運用時間15時間(7時から22時まで)と規制され、海上空港としての機能を活かしきれない状態での出発となった。神戸空港 フレッシュアイペディアより)

  • 神戸空港

    神戸空港から見た電源開発

    空港島北東部に位置する予定。川崎重工業、岩谷産業、電源開発が行う水素サプライチェーン構築実証事業によるもの。神戸空港 フレッシュアイペディアより)

  • 神戸空港

    神戸空港から見た岩谷産業

    空港島北東部に位置する予定。川崎重工業、岩谷産業、電源開発が行う水素サプライチェーン構築実証事業によるもの。神戸空港 フレッシュアイペディアより)

188件中 11 - 20件表示

「神戸空港」のニューストピックワード

[an error occurred while processing this directive]