188件中 21 - 30件表示
  • 神戸空港

    神戸空港から見た川崎重工業

    空港島北東部に位置する予定。川崎重工業、岩谷産業、電源開発が行う水素サプライチェーン構築実証事業によるもの。神戸空港 フレッシュアイペディアより)

  • 神戸空港

    神戸空港から見た宮崎辰雄

    一方、1972年当時は、大阪国際空港の騒音が裁判にもなり、また公害反対を強く主張する革新勢力に力があった時代でもあったことから、神戸市会は神戸沖空港反対決議を賛成多数で可決。翌年の市長選挙では空港問題が争点となり、当時の宮崎辰雄市長も神戸沖空港の反対を表明、空港推進派が推す砂田重民を退けて再選された。このような経緯もあり、翌年に出された答申は泉州沖を最適とした。宮崎市長の反対の背景には、高度経済成長と共に社会問題となっていた公害、環境問題に対する世論の関心の高まり、成田・伊丹を契機とする、反騒音・反公害運動の活発化を無視できなかったことにある。事実、1970年からの泉州各市と2度にわたる大阪府の泉州案反対決議、淡路島の各自治体による淡路案反対決議、伊丹市の大阪空港撤去都市宣言(1973年10月)など、この時期は空港そのものに対する反対がかなり強いものであった。泉州沖の答申が出た後でも、例えば1976年の泉州沖の観測塔設置について、「空港の建設を前提としたものではない」と府知事が国と約束するなど、なお根強い反対に配慮する必要があったほどである。このように大阪湾岸の自治体がこぞって反対をしている中で、神戸市は神戸沖に積極的と見られていただけに、神戸の反対は立地を審議する審議会に対する影響が大きく、この経緯が立地選定に決定的だった、とする意見は現在でも多い。しかし同時に、泉州は人口が比較的少なく開発余地が多いことから、当時の視点ではむしろ神戸沖以上の高い評価点を得ていた。神戸空港 フレッシュアイペディアより)

  • 神戸空港

    神戸空港から見た砂田重民

    一方、1972年当時は、大阪国際空港の騒音が裁判にもなり、また公害反対を強く主張する革新勢力に力があった時代でもあったことから、神戸市会は神戸沖空港反対決議を賛成多数で可決。翌年の市長選挙では空港問題が争点となり、当時の宮崎辰雄市長も神戸沖空港の反対を表明、空港推進派が推す砂田重民を退けて再選された。このような経緯もあり、翌年に出された答申は泉州沖を最適とした。宮崎市長の反対の背景には、高度経済成長と共に社会問題となっていた公害、環境問題に対する世論の関心の高まり、成田・伊丹を契機とする、反騒音・反公害運動の活発化を無視できなかったことにある。事実、1970年からの泉州各市と2度にわたる大阪府の泉州案反対決議、淡路島の各自治体による淡路案反対決議、伊丹市の大阪空港撤去都市宣言(1973年10月)など、この時期は空港そのものに対する反対がかなり強いものであった。泉州沖の答申が出た後でも、例えば1976年の泉州沖の観測塔設置について、「空港の建設を前提としたものではない」と府知事が国と約束するなど、なお根強い反対に配慮する必要があったほどである。このように大阪湾岸の自治体がこぞって反対をしている中で、神戸市は神戸沖に積極的と見られていただけに、神戸の反対は立地を審議する審議会に対する影響が大きく、この経緯が立地選定に決定的だった、とする意見は現在でも多い。しかし同時に、泉州は人口が比較的少なく開発余地が多いことから、当時の視点ではむしろ神戸沖以上の高い評価点を得ていた。神戸空港 フレッシュアイペディアより)

  • 神戸空港

    神戸空港から見た大阪国際空港

    近隣の関西国際空港・大阪国際空港(伊丹空港)とともに関西三空港のひとつを担う海上空港である。海上都市ポートアイランド沖約1kmの人工島とともに建設され、2006年2月16日に開港。大阪の西26km、神戸市中心部三宮の南8kmに位置し、アクセスにも優れた利便性の高い空港として知られる。空港3レターコードは元々神戸が持っていた都市コードと同じUKBである。運賃取扱上は大阪と同一とみなされるので、都市コードの大阪OSAには大阪国際ITM・関西国際KIX・神戸UKBの3空港があり、案内上「大阪(神戸)」と表記される場合もある。スカイマークでは、神戸空港を東京国際空港と並ぶ拠点空港と位置づけ、積極的な路線展開が行われている。神戸空港 フレッシュアイペディアより)

  • 神戸空港

    神戸空港から見た神戸市

    神戸空港(こうべくうこう、)は、兵庫県神戸市中央区に位置する地方管理空港である。愛称は「マリンエア」。神戸空港 フレッシュアイペディアより)

  • 神戸空港

    神戸空港から見た関西エアポート

    旭川空港・帯広空港に次いで国内3番目の市営空港で、第三種空港としては初めて建設から運営までを市が手がける。2018年4月1日からは、関西三空港の一体運営を目的として、オリックス、ヴァンシ・エアポート、関西エアポートの3社によるコンソーシアムが設立した「関西エアポート神戸株式会社」により運営が開始された。空港ターミナルビルの改修や搭乗手続きの効率化を進めるほか、三空港一体を活かした路線誘致などに取り組む。今後、発着規制緩和や国際線就航が期待されている。神戸空港 フレッシュアイペディアより)

  • 神戸空港

    神戸空港から見たヴァンシ・エアポート

    旭川空港・帯広空港に次いで国内3番目の市営空港で、第三種空港としては初めて建設から運営までを市が手がける。2018年4月1日からは、関西三空港の一体運営を目的として、オリックス、ヴァンシ・エアポート、関西エアポートの3社によるコンソーシアムが設立した「関西エアポート神戸株式会社」により運営が開始された。空港ターミナルビルの改修や搭乗手続きの効率化を進めるほか、三空港一体を活かした路線誘致などに取り組む。今後、発着規制緩和や国際線就航が期待されている。神戸空港 フレッシュアイペディアより)

  • 神戸空港

    神戸空港から見たビジネスジェット

    定期便は国内線のみだが、定期乗り入れ航空会社以外のチャーター便やビジネスジェットの乗り入れも行われており、その際に国際線の運用が行われることもある。24時間運用可能な海上空港として建設されたが、国土交通省より運用時間7:00?22:00、定期国際線の就航不可、便数1日60便(30往復)までと規制されている。年々発着回数は増加傾向にあり、発着枠上限の30便体制の運航となっていることから、規制緩和の声が強まっている。開港当初の旅客数は、全国の国内旅客数が減少に転じた2006年に開港したことや、燃油価格の上昇、リーマンショック、日本航空事実上の経営破綻などが重なり、旅客数は予測と乖離した結果となった。また、LCCとの競争激化で2013年度まで旅客数は伸び悩んでいたが、神戸空港の認知度上昇やスカイマークが西の拠点空港としたことなどにより徐々に旅客数や座席利用率が上昇。2017年には、旅客数 3,044,655人、搭乗率 78.8% と過去最多を記録するなど好調な伸びを示している。神戸空港 フレッシュアイペディアより)

  • 神戸空港

    神戸空港から見たエアバス・ヘリコプターズ

    エアバス・ヘリコプターズ・ジャパン 神戸空港事業所(後述)神戸空港 フレッシュアイペディアより)

  • 神戸空港

    神戸空港から見た松本正義

    神戸市は、運営権売却前から規制緩和の働きかけを国に行っていたが実現せず、運営権売却を機に関西政財界全体で規制緩和を働きかける動きが広まっている。スカイマークの佐山展生会長は「規制緩和されると関西の窓口は神戸になる」と述べ、運用時間が24時間に伸びた場合「大阪国際空港や新幹線と比べて夜間の遅い時間帯に東京-関西を移動でき便利になる」と、規制緩和に期待感を示した。また、吉村洋文大阪市長も2017年7月26日、「足を引っ張るのでなく、規制緩和でお互いを伸ばすべき」として神戸空港の国際化、24時間化に言及した。規制緩和に向けては、運用規制を定めた「関西3空港懇談会」で議論が必要であるが、2010年4月を最後に開催されておらず、井戸敏三兵庫県知事や松井一郎大阪府知事をはじめ関係者が早期開催を要望していた。2017年7月、懇談会の座長である関西経済連合会の松本正義会長は運用時間規制などの規制緩和に向けた検討を進める意向を明らかにした。当初規制緩和などには慎重な考えであった同氏だが、同年11月28日には「規制緩和は絶対にやる必要がある」と述べ、2018年中に懇談会を再開させる方針を表明するなど、規制緩和へ機運が高まっている。神戸空港 フレッシュアイペディアより)

188件中 21 - 30件表示

「神戸空港」のニューストピックワード

[an error occurred while processing this directive]