188件中 31 - 40件表示
  • 神戸空港

    神戸空港から見た佐山展生

    神戸市は、運営権売却前から規制緩和の働きかけを国に行っていたが実現せず、運営権売却を機に関西政財界全体で規制緩和を働きかける動きが広まっている。スカイマークの佐山展生会長は「規制緩和されると関西の窓口は神戸になる」と述べ、運用時間が24時間に伸びた場合「大阪国際空港や新幹線と比べて夜間の遅い時間帯に東京-関西を移動でき便利になる」と、規制緩和に期待感を示した。また、吉村洋文大阪市長も2017年7月26日、「足を引っ張るのでなく、規制緩和でお互いを伸ばすべき」として神戸空港の国際化、24時間化に言及した。規制緩和に向けては、運用規制を定めた「関西3空港懇談会」で議論が必要であるが、2010年4月を最後に開催されておらず、井戸敏三兵庫県知事や松井一郎大阪府知事をはじめ関係者が早期開催を要望していた。2017年7月、懇談会の座長である関西経済連合会の松本正義会長は運用時間規制などの規制緩和に向けた検討を進める意向を明らかにした。当初規制緩和などには慎重な考えであった同氏だが、同年11月28日には「規制緩和は絶対にやる必要がある」と述べ、2018年中に懇談会を再開させる方針を表明するなど、規制緩和へ機運が高まっている。神戸空港 フレッシュアイペディアより)

  • 神戸空港

    神戸空港から見た田中康夫

    この間、神戸で震災ボランティアに携わった作家の田中康夫(後に長野県知事、参議院議員、衆議院議員、新党日本代表)が「勝手連的に」、「神戸市民投票を実現する会」を結成、自らがその代表を名乗り市民運動への取り組みを見せ、知名度の高さや神戸を頻繁に訪問するなど積極的に活動を重ね、市民運動の広がりを助けた。そうしてこの運動は、「神戸空港建設の是非を問う住民投票条例」を求める直接請求運動として展開され、その受け皿として市民団体「神戸空港・住民投票の会」が組織された。神戸空港 フレッシュアイペディアより)

  • 神戸空港

    神戸空港から見た山中諄

    関西3空港のひとつである神戸空港は関西政界に大きく影響を与えており、各方面で様々な議論が行われている。かつては大阪の政財界には神戸空港不要論があり、南海電気鉄道会長である山中諄関西経済同友会代表幹事は、2009年10月22日の記者会見で「関空の機能強化を目指すなら、神戸を廃止し、伊丹の(主要)機能を関空に移転するのがベターではないか」と述べた。また「神戸空港廃止後は、政府の危機管理向けやヘリポートなどの代替機能を担うべきだ」との見解を示した。また、井戸敏三兵庫県知事、矢田立郎神戸市長(当時)の二人が神戸空港、関西国際空港、大阪国際空港の共存を主張するのに対し、かつては橋下徹大阪府知事(当時)が大阪国際空港の廃港を持論としており、2010年1月27日には神戸空港について「結果から見れば失策」と述べ、伊丹を廃止すればその分、関西、神戸両空港に路線が集まると主張していた。神戸空港 フレッシュアイペディアより)

  • 神戸空港

    神戸空港から見た航空法

    神戸空港は神戸港の入口にある海上空港であるために、空港設置時に船舶との干渉が懸念された。ただし、航空法の制限表面の規制は建物や錨泊船など固定物に対する規制であって、移動中の船舶に対する規制はない。神戸空港 フレッシュアイペディアより)

  • 神戸空港

    神戸空港から見た環境アセスメント

    1998年10月 埋め立てに係わる環境アセスメント(公有水面埋立)の評価書提出・縦覧。神戸空港 フレッシュアイペディアより)

  • 神戸空港

    神戸空港から見た八尾空港

    安全面においては、半径25 kmの範囲で存在する大阪国際・関西国際・神戸・八尾の4空港は標準計器到着方式や標準計器出発方式、計器進入方式などの飛行経路が接近しているため、国土交通省関西空港事務所において進入・ターミナルレーダー管制を一元的に行うことで対応している。関西空港事務所のターミナル・レーダー管制室にサテライト空港席として神戸空港離着陸機を主に取り扱う管制卓がおかれて、関西国際空港便などと神戸空港便との間のスムーズな管制をはかっている。神戸空港 フレッシュアイペディアより)

  • 神戸空港

    神戸空港から見た検疫

    2006年9月28日より『国際ビジネスジェット』が就航したため、税関や入国管理・検疫などを扱う出入国審査室が旅客ターミナルビル1階に設けられた。当初はビジネスジェット到着時に関係職員が臨時的に対応しており、利用申請の締切が2週間前(入国時)までと早く、時間も平日の9時 - 17時のみの対応と限られるなど不便な要素が多かった。当初は植物検疫ができなかったため、機内の生ゴミが捨てられなかったが、2012年4月の植物防疫法施行規則の改正によって、徳島飛行場(徳島空港)とともに「携帯する植物については」輸入可能な海港・空港に指定されたことにより、その状況については問題が解消している。神戸空港 フレッシュアイペディアより)

  • 神戸空港

    神戸空港から見た関西経済同友会

    関西3空港のひとつである神戸空港は関西政界に大きく影響を与えており、各方面で様々な議論が行われている。かつては大阪の政財界には神戸空港不要論があり、南海電気鉄道会長である山中諄関西経済同友会代表幹事は、2009年10月22日の記者会見で「関空の機能強化を目指すなら、神戸を廃止し、伊丹の(主要)機能を関空に移転するのがベターではないか」と述べた。また「神戸空港廃止後は、政府の危機管理向けやヘリポートなどの代替機能を担うべきだ」との見解を示した。また、井戸敏三兵庫県知事、矢田立郎神戸市長(当時)の二人が神戸空港、関西国際空港、大阪国際空港の共存を主張するのに対し、かつては橋下徹大阪府知事(当時)が大阪国際空港の廃港を持論としており、2010年1月27日には神戸空港について「結果から見れば失策」と述べ、伊丹を廃止すればその分、関西、神戸両空港に路線が集まると主張していた。神戸空港 フレッシュアイペディアより)

  • 神戸空港

    神戸空港から見たアメリカ同時多発テロ事件

    旅客数は、2006年度約274万人、2007年度は約297万人と、当初の需要予測である319万人の約93%を達成したが、その後は予測と乖離が広がった。これは需要予測の前提条件に「各航空会社が機材を段階的に大型化する」と想定されていたことに対し、実際は全国的に国内線の機材が年々小型化し多頻度運航が主流となっていることが原因の1つとされている。2017年現在、1日30往復便の発着枠はすべて埋まっているが、前述の運用規制も影響し増便はできず、機材の大型化は見込めないため、旅客数は頭打ちになりつつある。2006年度の平均搭乗率は60.4%であり、初年度に利用者数の少ない便に関しては、各社撤退や減便を行った。一方で、観光客利用の多い北海道や沖縄への便、ビジネス利用の多い東京(羽田)便に関しては、増便の傾向にあった。また、期待されていたプライベートジェットに関しては、開港時はわずか4機に留まった。2001年に発生したアメリカ同時多発テロ事件や景気悪化を受け、全国的に航空需要が低迷し始めた時期に開港したことや、2008年度にスカイマークの乗務員不足による大幅欠航、2009年度に神戸市内新型インフルエンザ流行、2010年度に日本航空事実上の倒産(5月にをもって全面撤退)なども影響し、2007年度をピークに2010年度まで旅客数が減少傾向となった。2011年度には約250万人まで回復したものの、2012年3月には関西国際空港で格安航空会社が就航し、これまで神戸空港のスカイマーク便を利用していた乗客がピーチ便に流れ旅客数に大きく影響した。神戸空港 フレッシュアイペディアより)

  • 神戸空港

    神戸空港から見た格安航空会社

    定期便は国内線のみだが、定期乗り入れ航空会社以外のチャーター便やビジネスジェットの乗り入れも行われており、その際に国際線の運用が行われることもある。24時間運用可能な海上空港として建設されたが、国土交通省より運用時間7:00?22:00、定期国際線の就航不可、便数1日60便(30往復)までと規制されている。年々発着回数は増加傾向にあり、発着枠上限の30便体制の運航となっていることから、規制緩和の声が強まっている。開港当初の旅客数は、全国の国内旅客数が減少に転じた2006年に開港したことや、燃油価格の上昇、リーマンショック、日本航空事実上の経営破綻などが重なり、旅客数は予測と乖離した結果となった。また、LCCとの競争激化で2013年度まで旅客数は伸び悩んでいたが、神戸空港の認知度上昇やスカイマークが西の拠点空港としたことなどにより徐々に旅客数や座席利用率が上昇。2017年には、旅客数 3,044,655人、搭乗率 78.8% と過去最多を記録するなど好調な伸びを示している。神戸空港 フレッシュアイペディアより)

188件中 31 - 40件表示

「神戸空港」のニューストピックワード

[an error occurred while processing this directive]