137件中 61 - 70件表示
  • 神戸空港

    神戸空港から見た神戸スカイブリッジ

    空港島の造成や連絡橋(神戸スカイブリッジ)等を含めた建設費3140億円のうち90%以上を神戸市が拠出して運営する。旭川空港・帯広空港に次いで国内3番目の市営空港となる。神戸空港 フレッシュアイペディアより)

  • 神戸空港

    神戸空港から見たリコール (地方公共団体)

    なお、田中康夫は市民サークルとしての「実現する会」とその代表の地位にとどまる一方、直接請求運動の“本体”である「神戸空港・住民投票の会」の「代表世話人」をも兼任する。署名運動はいくつかの団体の連合体として進んだので、このこと自体は問題ではない。しかし、条例案否決以降、運動の後半期には、たくさんの団体たちが統一的に動くことが難しくなり、田中康夫についても、後に市長リコールに対して「市民運動が政治運動化する」という理由から反対したことなどもあり、「運動の分断を招いている」「事実上の分派活動ではないか」との批判が発生することになる。「神戸空港・住民投票運動」において果たした役割が大きいことは言うまでもないが、運輸省・環境省に対する応援署名など、法的効力に乏しい署名運動に熱心だった一方、前述のように市長リコールに反対して運動から事実上降りるなど条例否決後の市民運動が伸び悩んだ。神戸空港 フレッシュアイペディアより)

  • 神戸空港

    神戸空港から見た人工島

    兵庫県神戸市中央区の沖にある人工島ポートアイランド沖南側の人工島に建設された。近隣には大阪国際空港と関西国際空港が存在し、これによって関西三空港時代を迎えた。愛称は「マリンエア」で、2500m滑走路1本を持つ海上空港である。空港3レターコードは元々神戸が持っていた都市コードと同じUKBである。運賃取扱上は大阪と同一とみなされるので、都市コードの大阪OSAには伊丹ITM・関西KIX・神戸UKBの3空港がある。神戸空港 フレッシュアイペディアより)

  • 神戸空港

    神戸空港から見た海上空港

    兵庫県神戸市中央区の沖にある人工島ポートアイランド沖南側の人工島に建設された。近隣には大阪国際空港と関西国際空港が存在し、これによって関西三空港時代を迎えた。愛称は「マリンエア」で、2500m滑走路1本を持つ海上空港である。空港3レターコードは元々神戸が持っていた都市コードと同じUKBである。運賃取扱上は大阪と同一とみなされるので、都市コードの大阪OSAには伊丹ITM・関西KIX・神戸UKBの3空港がある。神戸空港 フレッシュアイペディアより)

  • 神戸空港

    神戸空港から見た三宮駅

    空港開港に合わせて、ポートライナーが延伸されて三宮駅から最速16分半で結ばれており、神戸空港駅から空港ターミナルビルまでは約10mの連絡通路でつながっている。2006年7月より、関西国際空港との間を高速艇が約30分で結ぶ海上アクセスが新設されたが前身のK-jetから多額の負債を引き継いだため経営を圧迫し、2011年民事再生法を適用した。現在は運賃値上げなどを実施し、神戸市の補助金を減らしながら運航を続けている。神戸空港 フレッシュアイペディアより)

  • 神戸空港

    神戸空港から見た旭川空港

    空港島の造成や連絡橋(神戸スカイブリッジ)等を含めた建設費3140億円のうち90%以上を神戸市が拠出して運営する。旭川空港・帯広空港に次いで国内3番目の市営空港となる。神戸空港 フレッシュアイペディアより)

  • 神戸空港

    神戸空港から見た神戸新交通ポートアイランド線

    空港開港に合わせて、ポートライナーが延伸されて三宮駅から最速16分半で結ばれており、神戸空港駅から空港ターミナルビルまでは約10mの連絡通路でつながっている。2006年7月より、関西国際空港との間を高速艇が約30分で結ぶ海上アクセスが新設されたが前身のK-jetから多額の負債を引き継いだため経営を圧迫し、2011年民事再生法を適用した。現在は運賃値上げなどを実施し、神戸市の補助金を減らしながら運航を続けている。神戸空港 フレッシュアイペディアより)

  • 神戸空港

    神戸空港から見た管制塔

    管制塔(国土交通省大阪航空局神戸空港出張所)神戸空港 フレッシュアイペディアより)

  • 神戸空港

    神戸空港から見たボーイング777

    滑走路長は2500mであるが、燃料の搭載量が少なく離陸重量が軽い国内線に限れば、貨客が満載された大型機のボーイング747-400Dやボーイング777でも離着陸可能である。ボーイング777は定期便や代替地着陸などで離着陸の実績がある。なお、大型機で米国西海岸や欧州などの長距離国際線を運航するには、燃料搭載量が増えるなどの理由から3000m以上の滑走路長が必要となる。神戸空港 フレッシュアイペディアより)

  • 神戸空港

    神戸空港から見たC-1 (輸送機)

    神戸空港は、首都圏に大規模な災害が発生した場合の「被災地外広域搬送拠点」の1つである。2006年(平成18年)9月1日の政府主催総合防災訓練において、神戸空港から自衛隊機C-1にて11医療チーム約55名の医療団が搭乗し、訓練会場である埼玉県入間基地で医療活動を行った後、広域搬送対象患者を収容のうえ、再びC-1輸送機で神戸空港に戻り指定病院へ搬送する訓練を行った。神戸空港 フレッシュアイペディアより)

137件中 61 - 70件表示

「神戸空港」のニューストピックワード