前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
3856件中 1 - 10件表示
  • 市町村合併 (2000年代後半)

    市町村合併 (2000年代後半)から見た福井県福井県

    福井県南条郡南条町+今庄町+河野村=南条郡南越前町(新設)市町村合併 (2000年代後半) フレッシュアイペディアより)

  • 北陸地方

    北陸地方から見た福井県福井県

    北陸地方(ほくりくちほう)は、本州中央部に位置する中部地方のうち日本海に面する地域である。地理や歴史に関連する分野では主に新潟県、富山県、石川県、福井県の4県を指すが、経済や文化、日常の活動では富山県、石川県、福井県の3県を指すことが多い。このため、前者を「北陸4県」「新潟県を含む北陸地方」、後者を「北陸3県」と区別して表現することがある。北陸3県の繋がりについてはの節を参照。北陸地方 フレッシュアイペディアより)

  • コシヒカリ

    コシヒカリから見た福井県福井県

    1946年(昭和21年)、戦争終了後、育種事業が再開され、前述の雑種(雑種第一代)の栽培が行なわれた。この年の11月に高橋は転出したため、この交配組合せの育成は、仮谷桂と池隆肆に引き継がれた。1947年(昭和22年)には、雑代第二代の栽培と選抜が行なわれた。選ばれた雑種第三代の種子の一部(20粒とも伝えられる)は、福井農事改良実験所(現:福井県農業試験場)に送られ、福井県で育成が行なわれることとなった。福井県での担当者は、石墨慶一郎と岡田正憲である。コシヒカリ フレッシュアイペディアより)

  • 1950年-1953年の市町村合併

    1950年-1953年の市町村合併から見た福井県福井県

    福井県武生市+丹生郡吉野村=武生市(編入)1950年-1953年の市町村合併 フレッシュアイペディアより)

  • 1960年-1989年の市町村合併

    1960年-1989年の市町村合併から見た福井県福井県

    福井県福井市+吉田郡藤岡村=福井市(編入)1960年-1989年の市町村合併 フレッシュアイペディアより)

  • 岐阜県

    岐阜県から見た福井県福井県

    「東海・北陸地方」と区分される場合もある。(東海4県+富山県、石川県、福井県岐阜県 フレッシュアイペディアより)

  • 道州制

    道州制から見た福井県福井県

    名古屋州:静岡県、愛知県、岐阜県、三重県、富山県、石川県、福井県道州制 フレッシュアイペディアより)

  • 1954年上半期の市町村合併

    1954年上半期の市町村合併から見た福井県福井県

    福井県南条郡南日野村+北杣山村+南杣山村=南条郡南条村(新設)1954年上半期の市町村合併 フレッシュアイペディアより)

  • 1954年下半期の市町村合併

    1954年下半期の市町村合併から見た福井県福井県

    福井県大野郡大野町+下庄町+上庄村+乾側村+小山村+富田村+阪谷村+五箇村=大野市(新設/市制)1954年下半期の市町村合併 フレッシュアイペディアより)

  • 中日新聞

    中日新聞から見た福井県福井県

    東海3県を中心に、滋賀県、長野県(南信、中信)、静岡県(富士市以西)、福井県(一部地域)、和歌山県(新宮市、東牟婁郡の一部)を販売エリアとする。中京地方では「新聞は中日」のキャッチフレーズが浸透するほど購読率が高く、全国紙の進出を食い止めている。東京新聞が中日新聞社発行となったこともあり東京に大きな取材拠点があることや、ブロック紙3社連合の北海道新聞、西日本新聞と相互に海外に数多くの特派員を送り出しており、全国紙でないにもかかわらず通信社の記事だけに依存していないことも特徴である。また、社説などを執筆する論説委員は系列紙の東京新聞を合わせると30人近くであり、全国紙並みの人数を有している。中日新聞 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
3856件中 1 - 10件表示

「福井のできごと」のニューストピックワード

  • ザ・ニュースペーパー

  • 当時は、お客さんの中には誰を演じているのか分からない人もいましたね

  • ザ・ニュースペーパーLIVE2015